人材の育成と活用

基本的な考え方

「一の人たれ」 ―― つばきグループでは、目標とする分野でトップを目指し、①変革意欲を持ってチャレンジを続ける人材、②常に高いスキルとその向上を求め続ける人材、③自己責任の下に行動できる人材 を求めています。
職種を問わず、様々な育成機会を提供することにより、若手・グローバル人材の育成強化、女性の活躍推進、技能の向上などを図っています。

研修・教育体系の充実

当社グループの成長の原動力は、1917年の創業以来、モノづくり企業として磨き続けてきた技術力と熟練技能です。次世代への技術伝承・強化をねらいに、1998年4月に若手技術者向けの「つばきテクノスクール」を開校。その後、技能系、営業系とカリキュラムの充実を図ってきました。2017年度にはそのカリキュラムを整理し、技術者向けの「テクノスクール」、技能者向けの「技能スクール」、事務・営業職向けの「ビジネススクール」に分割し、それぞれの内容充実を図っています。
これら機能別研修と、職種横断の階層別研修を組み合わせることにより、従業員の意識向上と技術・技能レベルの向上という好循環を生み出しています。

若手技術者の育成

「つばきテクノスクール」は、基礎技術や加工技術等の「初級技術コース」、材料工学や制御・情報工学等も含めた「中級技術コース」など、当社オリジナルのカリキュラムによる実践的な研修です。中級コースでは職場の課題の中からテーマを設定して解決策を実行するなど、知識・スキルの向上に加え、問題解決能力向上にもつなげています。また、新たな技術領域もカリキュラムに取り込み、IoT/AI人材の育成も行っています。
これら研修とは別に、各部門の最新技術を発表する「技術フォーラム」を通じて、部門を超えたアイデアの共有、交流・協創の場を広げています。

テクノスクール
テクノスクール
技術フォーラム
技術フォーラム

モノづくり技能の向上

当社グループでは、①「技能士」養成、②基礎技術・技能の実技指導により当社固有の技能・技術の伝承を図る「加工道場」、③技能者の最上位資格「マイスター」、技能指導職「トレーナー」設置による後継者育成 他により、モノづくり技能の継承と強化を図っています。
これら技能の相互研鑽、発表の場となるのが、2012年にスタートした「つばき技能オリンピック」です。当社グループの優れた技能者が一堂に会し、全事業に共通する「普通旋盤」「溶接」「計測」「手書き製図」など8種目でその技を競い (技能検定1~2級レベル)、成績優秀者には金・銀・銅メダルが授与されます。2016年からは海外グループ会社からの参加もあり、技能の向上に加えて、事業部門、国内外を問わない技術交流により、組織の活性化にも寄与しています。

つばき技能オリンピック

計測
計測
溶接
溶接
普通旋盤
普通旋盤

グローバル人材の育成

当社グループの海外売上高比率は、2009年度34.5%に対し2019年度には57.4%に伸長し、事業のグローバル化が急速に進展。海外従業員比率も53.7%となっています。
このような状況下、グローバル人材の育成・強化は当社グループの重要課題のひとつです。2010年度より、語学と国際的ビジネスマナーの習得および異文化への理解を促進する目的で、海外子会社に若手従業員を研修生として派遣する「海外トレーニー制度」を導入。2019年3月末までに合計108名の若手従業員を派遣しました。2019年度からは、新入社員を対象にした1カ月間の海外語学研修もスタートしています。
また、海外グループ会社の従業員を日本に受け入れる研修も実施しており、グループ全体でグローバル人材の育成・強化に取り組んでいます。

海外トレーニー(椿本チエイン単体)

年度 2015 2016 2017 2018 2019
派遣数 13名 11名 14名 9名 13名
海外トレーニー(アメリカ)
海外トレーニー(アメリカ)
海外語学研修(フィリピン)
海外語学研修(フィリピン)
新規生産設備の技術指導を受ける海外従業員
新規生産設備の技術指導を受ける海外従業員

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します