資源の有効活用と汚染防止

当社グループは、より少ない水・資源を用いて、より高い経済価値を創出するとともに、 リデュース、リユース、リサイクルの「3R(スリーアール)」を進めることによって、環境への負荷が少ない「循環型社会」の形成に向けた取り組みを進めています。

※3R(スリーアール)=Reduce(リデュース):廃棄物削減、Reuse(リユース):再使用、Recycle(リサイクル):再資源化の3つの取り組みの頭文字を取ったもの

総排出物重量の削減

当社グループでは、「持続可能性(サステナビリティ)の4原則8項目」に準拠した管理指標として、単に廃棄物(産業廃棄物+一般廃棄物)の削減、再資源化率(リサイクル率)の向上のみならず、それらの実績に売却有価取引物を含めた「総排出物重量」を管理指標と定めています。 (当社グループの『エコ・ファクトリー認定制度』の管理指標一つ)「自然界の地殻からの物質の取り出し量を根本的に削減する」ことに取り組んでいます。

各事業所別 総排出物重量 一覧

単位:ton/年

2019年度 2020年度
全廃棄物 売却有価物 総排出物 全廃棄物 売却有価物 総排出物
椿




京田辺工場 582 8,390 8,971 456 7,412 7,867
埼 玉 工 場 2,295 9,250 11,545 1,519 7,650 9,168
兵 庫 工 場 109 19 128 127 6 132
長岡京工場 318 883 1,201 286 674 960
岡 山 工 場 481 383 864 427 303 730



椿本カスタムチエン 181 850 1,031 150 719 869
椿本スプロケット 123 426 549 102 303 405
椿本バルクシステム 27 185 213 23 215 237
椿本メイフラン 61 762 823 53 476 529
椿本鋳工 1,788 36 1,825 1,446 28 1,474
ツバキ山久チエイン 52 70 123 57 85 142
国内合計 6,018 21,254 27,272 4,645 17,869 22,514

注)全廃棄物=産業廃棄物+一般廃棄物

原単位 一覧

『総排出物/原単位』
2019年度 2020年度
椿




京田辺工場 0.480 0.472
埼 玉 工 場 0.359 0.340
兵 庫 工 場 0.293 0.250
長岡京工場 0.102 0.108
岡 山 工 場 0.293 0.127



椿本カスタムチエン 0.214 0.195
椿本スプロケット 0.181 0.176
椿本バルクシステム 0.065 0.064
椿本メイフラン 0.267 0.247
椿本鋳工 1.325 1.283
ツバキ山久チエイン 0.043 0.058
国内合計 0.309 0.300

※注)総排出物÷生産高

再資源化率の向上

当社グループでは廃棄物の低減、再資源化を積極的に進めています。2020年度の産業廃棄物と一般廃棄物を合わせた廃棄物等排出量は4,645 tonで、前年度比で、22.8%減となりました。
また、再資源化率は年度平均で96.7%と、引き続き高い数値を維持しています。

  • 廃棄物等排出量/再資源化率(年度平均)

    単位:ton、%

    2016 2017 2018 2019 2020
    産業廃棄物 6,090 6,462 6,452 5,573 4,300
    一般廃棄物 517 470 440 445 345
    再資源化率
    (年度平均)
    98.7 98.7 97.9 97.6 96.7
  • 廃棄物等排出量/再資源化率

    廃棄物等排出量/再資源化率

     対象範囲は国内主要生産拠点11事業所、海外は廃棄物定義が国ごとで異なるため未記載。

水資源の保全

当社グループは、水資源保護のため、グローバルに水使用量や水使用量原単位の削減に取り組んでいます。国内事業所において、「エコ・ファクトリー制度」の管理指標として掲げて、事業所ごとに管理値の設定を行い、水使用量の削減を進めています。また、海外事業所においては、2017年度より水使用量の計測を開始し、使用量削減に向けた施策を講じています。

  • 水使用量(国内)
    水使用量(国内)
  • 水使用量(グローバル)
    水使用量(グローバル)

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します