環境マネジメント

基本的な考え方

つばきグループは、「持続可能な社会の発展」に貢献すべく、「環境理念」「環境方針」を定め、中長期の視点から環境負荷の低減に取り組むと共に、エコ(SDGs)市場向けの新商品の開発・提供を積極的に進めています。

環境基本方針

環境理念

つばきグループは、地球環境の保全が人類共通の最重要課題のひとつであることを認識し、グローバルな事業活動において環境配慮に努め、モノづくりを通して環境価値と経済価値を創出し「持続可能な社会の発展」に貢献します。

基本方針

環境負荷の低減

エネルギー・資源の効率的利用、CO2排出量の削減、廃棄物・有害化学物質の適切な管理およびリサイクルなどに取り組み、製品・サービスのライフサイクルを通じた環境負荷の低減を推進します。

環境配慮型商品の開発・拡大

エコロジー(環境性)とエコノミー(経済性)を追求した環境配慮型商品の開発とその普及を積極的に行い、環境保全と経済利益の両立を目指します。

法令、その他の要求事項の順守

適用される法令、協定および会社が同意したその他の要求事項を順守します。

環境意識の向上

環境教育および社内広報活動などを通して環境意識を育み、自らの仕事や生活の場において環境に配慮した取り組みを進めます。

環境コミュニケーションの推進

ステークホルダーへの適切な環境情報開示に努め、社会的信頼性の向上を推進します。
私たちは、環境経営の長期ビジョンに基づく計画の確実な達成に向けて環境マネジメントシステムの継続的改善を行い、良き企業市民として地球環境の保全に真摯に取り組みます。

環境中長期目標と活動方針

環境中長期目標

環境中長期目標

目標達成のための活動方針

事業活動を通じたCO2排出削減と資源循環推進

工場運営における省エネ、省資源、生産性向上、高効率設備導入、再生可能エネルギー導入と活用

エコファクトリー認定制度の推進(CO2削減、有害物質削減、廃棄物リサイクル、水の有効利用、緑化率向上)

サプライチェーンを通じたライフサイクルCO2削減と循環型社会の実現

グリーン調達の促進(軽量化、コンパクト化、新素材活用、3Rの促進)

エコ(SDGs)市場への自社製品、新商品の訴求、拡販

物流におけるCO2排出削減、資源の効率的利用

地域における環境活動の推進 

地域環境活動への積極的参画

緑化区域などの開放による地域との共生

推進体制

グループ環境委員会
グループ環境委員会

当社グループの環境マネジメントは、椿本チエイン環境担当役員の統括のもと、「つばきグループ環境委員会」が中心になって推進しています。同委員会は、椿本チエイン環境担当役員を委員長とし、工場長、事業部長、グループ各社の代表者で構成されており、中長期的視点からグループの環境課題に対応しています。また海外事業所においては、「環境担当者」を選任し、椿本チエイン環境推進担当(グループ環境事務局)とのコミュニケーションを図っています。

つばきグループ環境推進体制

つばきグループ環境推進体制

環境マネジメントシステム

国内外の製造事業所においては、事業所ごとのEMS(ISO14001)に従って環境保全のPDCAを回すとともに、当社グループ独自の環境改善活動を推進しています。
各事業所における環境マネジメントシステムには、「環境方針・目標の設定」「環境法令順守評価」「環境影響評価によるリスクと機会の抽出と取り組み」「内部監査とマネージメントレビューの実施」「緊急事態への対応」「利害関係者とのコミュニケーション管理」を含んでいます。

ISO14001 認証取得事業所

当社グループでは、2001年に埼玉工場・兵庫工場が「ISO14001」認証を取得したのを皮切りに、国内全事業所(グループ会社含む)が同認証を取得。海外でも主要子会社・工場計14事業所が認証取得しています。

つばきグループISO14001認証取得事業所一覧 (20 Bytes)

環境関連マテリアリティの抽出

環境マテリアリティの抽出においては、「当社事業への影響度(横軸)」と「ステークホルダーにとっての重要度(縦軸)」の両面で評価しています。
また、「ステークホルダーにとっての重要度(縦軸)」はマイナスの側面(低減すべきリスク)とプラスの側面(財務指標を向上する機会)の大きさで評価しています。

環境関連マテリアリティの抽出

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します