基本方針と推進体制

つばきグループは、創業以来、企業としての社会的責任を果たすと同時に、事業活動を通じての社会貢献に取り組むことで、自らの持続的成長を図ってきました。これは企業理念に掲げる「動かすことに進化をもたらし、社会の期待を超えていきます(社会的使命)」の実践そのものであり、世界が直面する課題「SDGs*達成」への貢献につながるものと考えます。
そして、これら活動を体系的に推進することをねらいに、2020年4月に「サステナビリティ基本方針」を制定。この方針の下、グループ一体となって技術革新と社会課題の解決に取り組むとともに、ステークホルダーの皆さまとの相互コミュニケーションを図り、モノづくり企業として持続可能な社会の実現に貢献していきます。

*SDGs:国連が掲げる2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標のこと(Sustainable Development GOALSの略)

サステナビリティ基本方針

サステナビリティ基本方針

つばきグループは、企業理念「TSUBAKI SPIRIT」に基づいた事業活動を通して、持続可能な社会の実現に貢献するとともに、技術革新により企業価値向上を図り、社会から必要とされ続ける企業を目指します。また、経営の透明性を高め、ステークホルダーとのコミュニケーションにより信頼関係を深めます。

推進体制

つばきグループは、「サステナビリティ基本方針」の実現に向けた活動をさらに強化・加速させるため、COOを委員長とする「サステナビリティ委員会」を設置しました。サステナビリティ委員会は、環境、品質、安全などの各委員会やサステナビリティ推進実務者会議からの情報をもとに、グループ全体の活動方針や重要テーマについて議論・決定し、統括的に管理します。取締役会は、このサステナビリティ委員会から活動状況やKPIなどについて定期的な報告を受け、サステナビリティ活動全体の監督とマネジメントレビューを行います。
このような推進体制の下、グローバル・サプライチェーン視点で重要課題(マテリアリティ)の抽出と指標(KPI)を設定して活動を強化するとともに、社内外のステークホルダーとの良好なコミュニケーションを図ります。

サステナビリティ推進体制図

  委員長 メンバー
サステナビリティ委員会 COO 各事業統括(執行役員)
事務局:サステナビリティ担当役員
    人事担当役員
サステナビリティ推進実務者会議 サステナビリティ
担当役員
サステナビリティ関連部門の部門長
事務局:サステナビリティ推進部

イニシアチブへの参加

サステナビリティ推進にあたり、以下のイニシアチブに参加しています。

国連グローバル・コンパクト

UN GLOBAL COMPACT

2022年4月に国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名し、そのローカルネットワークである「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)」に加入しました。
UNGCは、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって「社会の良き一員」として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的なイニシアチブです。当社はUNGCが提唱する4分野(人権、労働、環境、腐敗防止)10原則を支持し、ESG経営の向上に努めています。

UN Global Compact

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

TCFD

TCFD

2022年3月に「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」による提言に賛同し、その提言に基づき、気候変動が事業に与えるリスク・機会の両面に関して、戦略、リスク管理、ガバナンスなどの観点から情報開示に努めています。また、日本のTCFDコンソーシアムに加盟して、様々な業種との意見交換に努めています。

TCFDコンソーシアム

CDP

CDP

CDPは、環境分野において世界的に権威のある国際的な非営利団体で、気候変動に対する取り組みや情報開示に優れた企業を選定するものです。当社は2020年から回答を開始し、2021年は「気候変動スコア:B-」の評価を受けました。

CDP

CDPジャパン

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します