品質マネジメント(お客様)

基本的な考え方

つばきグループは、企業理念「TSUBAKI SPIRIT」のもと、モノづくり企業として「高品質」の追求と品質管理を徹底し、つばきブランドの維持・向上に努めています。

品質基本方針

後工程はお客様。一人ひとりが決めたことを守り、よいものを作ります。

「つばきグループ品質基本方針」に込めた思いは以下のとおりです。

  • お客様重視の姿勢を改めて確認する。
  • 社内の後工程もお客様と見ることで、良品のみを次工程に流すという『自工程完結』の思想を取り入れる。
  • 「一人ひとり」という言葉により、各自が当事者意識をもって良い仕事をする宣言とする。
  • 創業時の決意である「よいものを作る」に立ち返り、新たな歴史の1ページを刻む。

ものづくりの原点「よいものを作る」

1917年、チェーンの製造を始めた創業者・椿本説三。新しい事業への高揚感とともに一抹の不安を感じる中で思い出したのが、それまで勤めていた紡績会社の社長が退職時に贈ってくれた「よいものを作れ」という言葉でした。何をおいても「よいものを作る」。創業者はこの教訓を固く心に刻み、従業員にも徹底。100年前のこの決意が、当社のモノづくりの原点であり、当社のDNAとして今日に引き継がれています。

品質マネジメント推進体制

当社グループでは、「つばきグループ品質委員会」をトップとする品質マネジメント推進体制を構築しています。
2018年4月には、その実効性をさらに担保するため、グループ全体を統括する本社部門統括に品質・環境推進部を、また組織横断の実行組織として「品質担当者会議」を新設しました。
従来からの各部門での品質保証活動に加え、①第三者視点での内部監査、②グループ品質ガイドラインの策定、③組織横断の品質向上活動、などを実施。これにより品質不良ゼロを目指すことはもちろん、お客様との約束を遵守する体制をさらに強化し、品質管理のガバナンス強化とつばきブランドの維持・強化を図っています。

  • グループ品質マネジメント推進体制

    (2020年4月現在)

    グループ品質マネジメント推進体制 (2020年4月現在)
  • 品質管理体制強化のフレームワーク

    品質管理体制強化のフレームワーク

品質マネジメントシステム

当社グループでは、国内すべての製造拠点(グループ会社含む)、海外主要製造拠点において、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001認証を取得。ISOに基づいた品質管理の仕組みを構築しています。

品質教育と人材交流

海外子会社での品質監査(中国・上海)
海外子会社での品質監査(中国・上海)

当社グループでは、全社の教育体系に「品質」や「改善」に関する階層別教育を整備して、品質管理のスキル向上を目指しています。 さらに今後は、品質管理のスペシャリスト育成に向け、品質・環境推進部を中心に統計的手法などの品質専門教育や講師の育成、QC(品質管理)検定の取得推進、グループ会社からの品質研修生受け入れ実習(1年間)などを実施。併せて、全従業員の品質意識向上を目的とした「個人品質目標」や、「品質モデル工場」制度の導入も進めています。

TOPICS

「品質基本行動ポイント集(事務間接部門編)」発行

「品質基本行動ポイント集(事務間接部門編)」発行

品質・環境推進部では、働き方改革チームと協力し、「品質基本行動ポイント集(事務間接部門編)」を発行しました。合理的かつ効率的な「仕事の受け方、依頼の仕方」など、間接部門での「業務品質の向上」をねらいとしています。
すべての仕事の基本となる「コミュニケーション」と「ビジネススキル」の観点から、日常業務で守るべきポイントを掲載。上司や部下、それぞれが業務品質について考えることができます。実践しているつもりでも、別の視点で見ると課題も見えてきます。各職場のミーティングなど意見交換の場において、本ポイント集を「繰り返し、何度でも、わかるまで」活用し、お客様(後工程)のために業務品質向上に活用しています。

トヨタ自動車より2019年品質管理活動優良賞受賞

トヨタ自動車より2019年品質管理活動優良賞受賞

自動車部品事業部では、各製造現場で取り組んでいる、日々の品質管理活動が結果として実り、トヨタ自動車(株)から「2019 年品質管理活動 優良賞」を受賞しました。この賞は同社のサプライヤの中から25社が選定されたもので、当社は2007年以来12年ぶりの受賞となります。大きな品質トラブルもなく、納入不具合件数が低い状態を長年維持できたことを評価いただきました。

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します