サステナビリティ重要課題と指標

つばきグループでは、サステナビリティ基本方針の下、まずCSR側面から重要課題(マテリアリティ)と指標(KPI)の設定を行いました。(下記特定プロセス参照)
本業(商品)を通じて解決する社会課題、すなわちCSV課題については、「長期ビジョン2030」「中期経営計画2025」の重要課題に掲げ、中長期視点で取り組んでいます。
またこれら取り組みはSDGsへの貢献に直結しており、その関係性を明確にすることで従業員の意識向上につなげていきます。

CSR側面での重要課題(マテリアリティ)の特定プロセス

6カ国語に対応したつばき企業倫理ハンドブック
 
  • サステナビリティに関するリスクと機会の両面からマテリアリティを特定すべく、SDGsの17の目標を活用して、それぞれの担当部門が自部門の課題と評価を実施。

  • マトリクス図を使って、ステークホルダーにとっての重要性、当社にとっての重要性(現状とあるべき姿のギャップを含む)に基づき、リスクと機会を整理・評価。

  • 上記を基に、「グループ全体の重要度」についてサステナビリティ関連部門で検討し、サステナビリティ委員会にてマテリアリティを最終決定。

マテリアリティ(重要課題)とKPI(指標)

マテリアリティ
(重要課題)
KPI(指標) SDGsへの
貢献
E

環境
1. 気候変動 CO2総排出量削減(2013年度基準)
3 すべての人に健康と福祉を
7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
11 住み続けられるまちづくりを
12 つくる責任つかう責任
13 気候変動に具体的な対策を
CO2総排出量削減(2018年度基準)
再生可能エネルギー使用率
CDP気候変動スコア
2. 循環型社会 廃棄物リサイクル率
PRTR物質排出量
環境法令抵触件数
S

社会
3. 人権の尊重
/ダイバーシティの推進
倫理教育実施社数
3 すべての人に健康と福祉を
4 質の高い教育をみんなに
5 ジェンダー平等を実現しよう
8 働きがいも経済成長も
9 産業と技術革新の基盤をつくろう
12 つくる責任つかう責任
人権デューデリジェンスの実施社数
障がい者雇用率
障がい者法定雇用率達成社数率
外国人社員数
役付従業員女性比率
4. 人材育成/働き方改革 教育計画の実施率
有給休暇取得率
産休・育休後の復帰率
高ストレス者比率
5. 安全衛生 休業災害発生件数
6. 品質保証 重要品質問題発生件数 (*1)
7. 地域社会への貢献 -
8. 持続可能な調達 CO2排出削減関連
オンラインセミナー配信社数
CO2排出削減現状調査社数率
サステナビリティガイドライン発行件数 (*2)
G

ガバナンス
9. コンプライアンス 重大会社規定違反件数
13 気候変動に具体的な対策を
16 平和と公正をすべての人に
17 パートナーシップで目標を達成しよう
「企業倫理強化月間」参加社数
10. 防災/BCP/危機管理 防災・避難訓練実施社数率
BCP再構築完了事業所数
11. 情報セキュリティ 重大システムインシデント発生件数
情報セキュリティ事故発生件数
12. 情報開示 -
13. 知的財産管理 他社権利侵害による有効な警告受領件数

対象範囲:国内は椿本チエインおよび国内連結子会社、グローバルは国内+海外主要子会社を対象としています

*1:社内設定定義による

*2:2020年度より取り組みを開始したテーマ

詳細データはこちら

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します