Tsubaki Technical Review Vol.30 No.1 2020 目次

抄録

1. 長寿命化と高強度化を実現したステンレスチェーン
Stainless steel chain with longer wear life and high strength

二階堂 祥雄
Sachio NIKAIDO

ステンレスチェーンは標準チェーンに比べて最大許容張力が大幅に低く、高強度化の市場ニーズがある。また、近年では中国製など安価なステンレスチェーンが市場に出回り、機能的に優位性のある商品を開発する必要性が出てきた。今回、課題解決のために高強度で耐摩耗性、耐食性に優れた材質の使用および社内加工によるシームレスブシュを用い、長寿命化と高強度化を実現したステンレス チェーンを開発した。

Stainless steel chains have significantly lower maximum allowable load than carbon steel chains, and there is a market need for higher strength stainless steel chains. In recent years, cheap stainless steel chains such as those made in China have been on the market, and it has become necessary to develop functionally superior products. In order to solve this situation, we have developed stainless steel chain that have longer wear life and high strength by using material with high-strength, wear-resistant and corrosion-resistant, and using seamless bush by in-house processing.

2. つばき「ジップチェーンリフタ®」機種拡大
Expand the ZIP CHAIN LIFTER ® lineup

庄司 龍太
Ryuta SHOJI

ジップチェーンリフタはその商品価値を評価される一方で価格面がネックとなることも多く、低価格化を実現する標準機の機種拡大は拡販の足掛かりになると考えた。過去の見積依頼データを分析した結果、ストロークや速度に関する要望が多いことがわかったので、ストローク1600mm仕様とサーボモータ仕様を開発した。加えてリフタオプションを拡充することでさらに商品力を強化した。本報告ではジップチェーンリフタ標準機の特長を紹介する。

The high price is often the bottleneck while the product value of ZIP CHAIN LIFTER has been highly evaluated. Therefore, we thought that the price reductions through expansion of standard models will provide a foot hold for sales growth. After analyzing the needs based on the data from previous requests, we found that there were many requests regarding stroke and speed. So we have developed a stroke of 1600mm type and servo motor type. In addition, we have strengthened our product line by expanding lifter option. In this report, we present the product features of standard models of ZIP CHAIN LIFTER.

3. 低騒音スプロケットの開発
Development of Low noise sprockets

髙木 雄大・日高 達也・清水 章一郎
Yudai TAKAGI・Tatsuya HIDAKA・Shoichiro SHIMIZU

近年、自動車に対する騒音規制が厳しくなっている。エンジン音はもちろん走行音に至るまで、クルマ全体の騒音低減技術の開発が求められている。
タイミングチェーンドライブシステムにおいても、騒音低減は最重要テーマとして取り組んでいる。本開発では、低騒音化アイテムとしてスプロケットの歯形に着目し、新しいコンセプトの低騒音スプロケットを開発したので報告する。

Recently, noise regulations for automobiles have become strict. It is required to develop noise reduction technology for the entire car, not only for engine noise but also for the harshness. The noise reduction development is very important theme for the timing chain drive system.
We report a new concept of low noise sprocket, focusing on the tooth profile of the sprocket as a noise reduction item in this development.

4. 全自動検体処理装置
Bio-Resource Full Automated Processing Management System

小谷野 渉・相田 兼都・横田 健次
Wataru KOYANO・Kento AIDA・Kenji YOKOTA

ヒトの血液は医薬研究開発に重要な生体試料であり、その品質は研究成果に大きく影響する。品質を握る鍵は、短時間での成分分離・抽出と低温保管である。また、生体試料提供時には診断情報と連動した品質記録(処理時間履歴など)の提供によって研究品質向上にも寄与するとの考えから、血液サンプルの前処理プロセスから凍結保存までを完全自動化した商品を開発した。本報告では商品の特長と技術について紹介する。

We have developed a fully automated product from the pretreatment process of blood samples to cryopreservation. Human blood is an important sample for pharmaceutical research and development, and its quality greatly affects research results. The keys to quality are the separation and extraction of ingredients in a short time and low temperature storage. Moreover, providing samples together with quality records (processing time history, etc.) linked to diagnostic information also contributes to the improvement of the research quality. In this report, the features and technology of this product are introduced.

5. ろ過装置付きヒンジスチールコンベヤCLEANSWEEP™-G2
Hinge steel belt conveyor with separator CLEANSWEEP-G2

Mark MANDZUKIC・遠藤 堅一
Mark MANDZUKIC・Kenichi ENDO

工作機切りくず搬送用標準ヒンジスチールコンベヤMT10と切削液ろ過装置付きハイエンド機種であるCONSEP®シリーズの中間機種で、ろ過機能は必要であるが、コストは抑えたいというニーズに対応し、他社一般ろ過装置付きヒンジコンベヤで問題となるコンベヤ従動部での切りくず詰まりを解消する新方式(特許出願中)を採用した。
本報告書では、この市場要求に応えたCLEANSWEEP-G2の開発について紹介する。

This is a mid-range chip conveyor model of a hinge steel conveyor MT10, and a coolant filter equipped High end CONSEP series for Machine Tools. It is a product that meets the need to reduce cost but requires filtration function. We have adopted a new method that eliminates chip clogging at conveyor tail section. This is the problem with our competitor’s general hinge conveyors with filtration function.
This report introduces the development of CLEANSWEEP-G2 that meets this market demand.

6. マイクロスラリージェットエロージョン法を用いた表面特性評価技術
Technology for evaluating surface properties using micro-slurry jet erosion

川田 尚史
Takashi KAWATA

耐摩耗用の硬質薄膜コーティングを開発する中で我々が直面している課題に、μmオーダーの多層膜の深さ方向に対する強さ推移の評価、および薄膜の破壊に対する強さの評価がある。これら課題を解決できないかと考え導入したマイクロスラリージェットエロージョン(以下、MSEと記す)法により摺動部材の表面にコーティングした硬質薄膜の機械的特性を評価した。その結果、上記課題の解決に有効であることが分かった。

Challenges we are facing in developing hard thin film coatings for wear- resistance is the evaluation of the change in strength in the depth direction of μm order multilayer films and the evaluation of the strength against thin film destruction. The mechanical properties of the hard thin film coated on the surface of the sliding member were evaluated by the micro-slurry jet erosion (hereinafter referred to as MSE) method, which was introduced to solve these problems. As a result, it was found to be effective in solving the above problems.

7. 画像処理による耐久試験向けチェーン摩耗伸び計測手法
Chain wear elongation measuring method for durability test by image processing

桃野 秀行
Hideyuki MOMONO

当社では各種センサーを活用して評価技術の強化に取り組んでいる。取り組みの一例として、画像センサー・画像処理を活用して、耐久試験機用チェーン摩耗伸び計測手法を開発した。この手法により、チェーン摩耗伸び測定業務の効率化を実現できた。さらに、従来評価できなかったリンクごとの摩耗伸びも評価できるようになった。

We are working on improving the evaluation technology by utilizing various sensors. Example of our initiative, we have developed a chain wear elongation measuring method for chain durability testers by utilizing image sensors and image processing. This method has made it possible to improve the efficiency of chain wear elongation measurement work. Furthermore, this method has made it possible to evaluate the link-by-link wear elongation which could not be evaluated in the conventional manner.

8. 日用雑貨品のランダムピックにおける把持点検出方法
Gripping point detection method in random picking of daily commodities

千田 暁慧・松村 翔太・梅村 良佑
Akisato CHIDA・Shota MATSUMURA・Ryosuke UMEMURA

本報告では、様々な形状を有する日用雑貨品に対して、ロボットでピッキングを行うために必要な把持位置の検出方法について述べる。複数の形状が対象となるため、物体情報の登録を行わず、3次元カメラにより取得された3次元情報より算出する手法を提案した。本手法を実装し実験を行ったところ、実用的な時間で把持位置の検出が可能であった。また、ロボットを用いたピッキング動作で物体の把持を確認した。

In this report, we state the method for detecting the grasping position of daily miscellaneous goods with various shapes by a robot picking. We proposed the method for calculating 3D image obtained by a 3D camera without registering the object shapes. As the result, we were able to detect the grasping position in practical time. In addition, it was possible to grip objects by robot operation.

技術情報誌トップに戻る

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します