多様化するパワートレインへの挑戦

エンジン自動車の時代はまだまだ続くものの、電気自動車(EV)の需要拡大など新しい車づくりが求められています。

グローバル市場での急速な市場拡大が見込まれるハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、EVには、モータの動力を車軸に伝達するための機構が必要です。

TSUBAKIは、タイミングチェーンシステムに続き、次世代チェーンやクラッチなど、車両電動化に対応した製品開発に挑戦しています。

車両電動化に対応した新商品&ユニットを開発

車両電動化に対応した製品を機能別にご提案します。

電動化ユニットの増減速・動力伝達を担う Enedrive Chain

Enedrive製品イメージ写真

Enedrive Chainシリーズは、従来のギヤでの動力伝達に比べて、高速回転・高トルク伝達・大減速比を実現。高効率で設計自由度の高いシステム構築を実現します。

TSUBAKIの技術力を活かしたEnedrive Chainシリーズは、電動化の鍵となるモータの動力伝達において、優れたパフォーマンス、時代が求める環境性能実現に向けたソリューションをご提供します。

実績に裏付けられたTSUBAKIブランドのクラッチ… カムクラッチ

オートバイ スターター用カムクラッチ
二輪用クラッチ製品イメージ写真

内・外輪の間に多数のカムを配列した「つばきカムクラッチ」は、一方向には内・外輪間でトルクを伝達し、逆方向に自由に回転するワンウェイクラッチです。

一般産業用のみならず、オートバイのスターターや、自動車のトルクコンバータなどの車載用途でも「高精度、確実なクラッチ」として幅広く採用されています。

多くの実績、経験により、用途に応じたカムクラッチをご提案します。

カムクラッチBBシリーズ
カムクラッチBBシリーズ製品イメージ写真

カムクラッチBBシリーズはボールベアリングの中にカムクラッチを組込んだシリーズです。小さな空間にワンウェイクラッチと軸受の機能を併せ持ち、スペースを有効活用できます。

また、内外輪の間に多数のカムを配列することで、シェル形ローラクラッチに比べ大きなトルクを伝達できます。

動力伝達のON/OFF機能をサポート... 厚さ3mmの薄形カムクラッチ

薄型カムクラッチ製品イメージ写真

部品の小形軽量化は、適用先機器の設計自由度を高め、かつ省エネルギー化に貢献します。

TSUBAKIは、従来品の常識にとらわれず構成部品の役割を徹底的に見直し、
厚さ3mmの超薄形カムクラッチを開発しました。

重量も従来比70%に削減し、驚くほどの小形軽量化を実現しています。

従来仕様との厚さ比較

新仕様
新仕様のクラッチ写真
従来仕様
従来仕様のクラッチ写真

「ガータースプリング」「保持器」を廃止し、薄形化を実現

「ガータースプリング」はカムに与圧をかけることでカムが内輪・外輪と係合し、動力伝達の応答性を高める役割を担います。

クラッチは回転軸に取り付けて使用されるため、その際に発生する遠心力で係合しやすくなるように、カム形状を最適化しました。
「保持器」はカムが内輪・外輪と均等に噛合うようにカムを配置する役割があります。カム形状の最適化により、カム同士が均等に相互保持し合えることで薄形化を実現しました。

量産仕様と開発品クラッチの内部構造比較図
カム形状の最適化イメージ図

回転数に応じて動力伝達をON/OFF… 新機構遠心クラッチ

遠心クラッチ製品イメージ写真

自動車では駆動源の動力をタイヤに伝達するまで、様々な機器が回転運動をしています。

遠心クラッチは必要な時だけ動力を伝達し、エネルギーロスを削減することができます。

ピボットタイプ
ピボットタイプのクラッチ写真
スプラインタイプ
スプラインタイプのクラッチ写真

低速係合/瞬時トルク伝達/回転係合・離脱

カムクラッチ同様のくさび作用により、狙いの回転速度で瞬時に入出力軸の同期・非同期することが可能です。

ピボットタイプは2本のシュー間に自重キャンセル機構を有しており、従来の遠心クラッチでは原理的に不可能だった超低速からのトルク伝達が可能です。
TSUBAKIは、狙いの回転速度以上で同期を解除する「遠心離脱タイプ」、逆に狙いの回転速度以上で同期を始める「遠心係合タイプ」のいずれもご提案できます。

従来品クラッチ
従来品クラッチの性能グラフ
開発品クラッチ
開発品クラッチの性能グラフ

出力軸からの逆入力を遮断する… 逆入力遮断形クラッチ

ツーウェイクラッチ製品イメージ写真

本クラッチは、入力軸からの動力を伝達し、出力軸からの逆入力を遮断します。

従来、同様の機能を有するクラッチはローラとくさびを利用しており、くさび形状に高い精度が要求されていました。また、ローラとくさび面は線接触するため、高い面圧が発生していました。

TSUBAKIの開発品は、カムクラッチのくさび作用を応用したシンプルな構造で伝達機能を実現しています。

モータ軸 停止 回転
出力軸 ロック 駆動

カムクラッチの原理を応用したシンプルな伝達機能

入力軸からトルクを入力すると、自身のつっかえを解除して入力軸が回転(空転)。出力軸からトルクを入力すると、自身のつっかえを解除できないため、出力軸は回転しません。
正逆両方向の駆動・空転をコンパクトに実現したい用途に最適です。 (用途例: 電動シートなど)

入力軸を回すと…
出力軸に出力
出力軸を回すと…
ドラムに出力

TSUBAKIの技術を新たな価値へ… ユニット化のご提案

Enedrive Chainによる設計自由度の高い減速機能と、独自構造の薄形ON/OFFクラッチを搭載したスプロケットを組合せて最適化し、「減速エネルギー回生」「モータ単独での走行」「スターターモータの廃止」を実現できます。

ユニット化イメージイラスト
  • 減速エネルギーの回生
  • モータ単独での走行
  • スターターモータ廃止

TSUBAKIの従来技術を応用し、新たな付加価値をお客様にご提供します。

チェーン・スプロケット、2つのクラッチの機能を組合せ、新たな価値を実現

チェーン&スプロケット
ユニット組合せ例イラスト

並行軸間を任意の減速比で効率よく同期する

クラッチ
ユニット組合せ例イラスト

同軸の2軸間の同期をON/OFFする

TSUBAKIは、2018年4月にパワートレインの多様化に対応する新体制を構築。次世代チェーンやワンウェイクラッチなど、エンジン以外の動力伝達部に使用される車両電動化に対応した製品を開発し、新たな電動化ビジネスに挑戦します。

新体制イメージ図

まずは当社までお問合せください

ページトップへ