会社沿革

  • 1917年(大正6年)
    椿本工業所創業
    自転車用チェーン製造開始
  • 1923年(大正12年)
    機械用ローラチェーンを初めて製造
  • 1924年(大正13年)
    コンベヤ用チェーンを製造
  • 1928年(昭和3年)
    機械用チェーンの製造に転換
  • 1930年(昭和5年)
    最初のチェーンコンベヤ装置一式納入
  • 1936年(昭和11年)
    初めてコンベヤプラント一式受注
  • 1944年(昭和19年)
    新型誘導排出型バケットエレベータ開発
  • 1947年(昭和22年)
    肥料工場にバケットエレベータを納入
  • 1950年(昭和25年)
    セメントタンカーに初のチェーンコンベヤ納入
  • 1954年(昭和29年)
    サイロプラント用コンベヤ納入
  • 1954年(昭和29年)
    製糖工場にバケットエレベータを20台近く納入
  • 1955年(昭和30年)
    セメント工場にメジヤフロー1号機(フィーダー)を納入
  • 1956年(昭和31年)
    セメントプラント用コンベヤ初輸出
  • 1968年(昭和43年)
    穀物サイロコンベヤシステム納入
  • 1978年(昭和53年)
    サイロプラントを建築工事込みで初受注
  • 1980年(昭和55年)
    ばらもの部独立採算制に移行
  • 1981年(昭和56年)
    椿本バルクシステム(TBS)設立
    松本社長就任
    営業と設計のエンジニアリング会社として発足
  • 1982年(昭和57年)
    本社を大阪市鶴見区より豊中市に移転
  • 1985年(昭和60年)
    岩鼻社長就任
  • 1988年(昭和63年)
    名古屋出張所開設
  • 1989年(平成元年)
    インド国マヒンドラ社へ技術援助契約締結
  • 1991年(平成3年)
    イタリア国マガルディ社と販売提携契約締結
    台湾に台北営業所開設
    アメリカ(T.C.A)に駐在員派遣
  • 1992年(平成4年)
    製造部門を新設
  • 1993年(平成5年)
    東京・大阪営業所を支店に、名古屋出張所を営業所にそれぞれ昇格
    アメリカ(T.C.A)と技術援助契約締結
    韓国コンベヤ社(KC)と技術援助契約締結
  • 1994年(平成6年)
    シンガポール(T.S.L)に駐在員派遣
  • 1995年(平成7年)
    中国(天津)に合弁会社「天津椿本輸送机械有限公司(TJTB)設立」
    製造部門の新設を完結
  • 1996年(平成8年)
    ヨーロッパ(オランダ)に駐在員事務所開設
  • 1997年(平成9年)
    末𠮷社長就任
    ドイツ国ネラック社と販売技術契約締結(ラバースター)
  • 1998年(平成10年)
    ヨーロッパ事務所閉鎖
  • 1999年(平成11年)
    台北営業所閉鎖
  • 2000年(平成12年)
    東京支店 千代田区内神田に移転
  • 2002年(平成14年)
    ISO9001認証取得(品質マネージメントシステム)
  • 2003年(平成15年)
    PSCパワースクリュー販売開始
  • 2004年(平成16年)
    ISO14001認証取得(環境マネージメントシステム)
  • 2005年(平成17年)
    片岡社長就任
  • 2007年(平成19年)
    品質・環境マネージメントシステムを統合
  • 2008年(平成20年)
    シンガポールに駐在員事務所開設
  • 2009年(平成21年)
    松宮社長就任
  • 2010年(平成22年)
    MCS(マヒンドラコンベヤシステム)に出資
  • 2013年(平成25年)
    東京支店 千代田区岩本町に移転
    中国現地法人「椿本散装系統設備有限公司(TBSS)」設立
  • 2014年(平成26年)
    西部営業所(九州)開設
  • 2016年(平成28年)
    大﨑社長就任
  • 2017年(平成29年)
    インドネシア(TINM)に営業社員、中国(上海)に技術員派遣
  • 2019年(平成31年)
    インド(MTC)にトレーニー派遣

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します