株主還元・配当

利益配分に関する基本方針

当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の最重要課題の一つと位置付けております。利益の配分に当たっては、株主重視の経営を目指す観点から、連結業績を反映した配当を基本方針とし、資金の状況、財務の状況等を総合的に勘案しながら連結配当性向30%を基準とした利益配分を目指してまいります。

また、内部留保資金につきましては、財務体質の強化、将来の事業展開等に充当させていただく予定です。

2020年度の年間配当金につきましては、連結業績予想ならびに上記方針に則り、1株当たり60円を予定しております。
(中間配当金:1株当たり30円、期末配当金:1株当たり30円)

配当金、配当性向(連結)の推移

配当金、配当性向(連結)の推移

※1:普通配当 22円、100周年記念配当 2円

※2:2018年10月1日付けで普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。
中間配当は、1株当たり12円を実施いたしましたが、これは株式併合前の株式に対するものであり、株式併合後の株式に対して60円に相当するものと換算した場合、2018年度の年間配当額は1株当たり120円となります。

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します