Tsubaki Technical Review Vol.29 No.1 2019 目次

抄録

1. 高速/粉塵環境下で摩耗性能に優位性を持つチェーン
Chain with Better Wear Performance under High Speed Operation and with Abrasive Particulates

矢追 聖岳
Kiyotake YAOI

森林業界や木材加工の設備等において高速で木屑などの粉塵介在環境下で使用されるチェーンがある。市場からの要求はそういった環境下であってもチェーンの伸びを抑え、設備の生産性を向上させることが可能な商品が求められている。そこで、本商品はピンに耐摩耗性能とコストのバランスに優れた表面処理を採用することにより、ISO の寸法規格を満足しかつ性能と価格の両面で市場要求に応えられるチェーンを実現した。

There are chains used at high speeds around particulates such as wood chips in the forestry industry and in wood processing facilities. Despite such severe conditions, the market demands chains that will suffer less chain elongation and improve facility productivity. Hence, we have applied a special surface treatment to the pins that carefully balances wear performance and price, and developed a chain that meets ISO dimensional standards and market demands both in performance and price.

2. シャワーテスタ&最終検査ライン用無給油コンベヤチェーンの開発
Development of a Lube-free Conveyor Chain for Shower Testers & Final Inspection Lines

白松 佑一
Yuichi SHIRAMATSU

各自動車メーカーでは、完成車に対して各社で定めた安全基準を満たしているか種々検査を実施している。検査工程には、シャワーテスタラインや最終検査ラインがあるが、これらのラインで使用されるコンベヤチェーンには異なる性能が求められる。さらに昨今、生産の効率化のため、ライン統合が実施されており、メンテナンス工数削減等の要望がある。これらのニーズに応えられるコンベヤチェーンを開発した。

Each automaker conducts various inspections on finished vehicles to see if they meet their individual safety standards. The inspection process includes a shower tester line and a final inspection line, with each line requiring different performance from the conveyor chains. Furthermore, nowadays, lines are integrated for greater production efficiency, and there are demands for fewer maintenance manhours. In order to meet these needs, we have developed a conveyor chain for the shower tester & final inspection line.

3. IoT対応自己遮断仕様小形ギヤモータ
IoT-Compatible Self-Shutdown Small Gear Motor

横井 良彰・手良向 晴貴
Yoshiaki YOKOI・Haruki TERAMUKAI

産業機械分野において、近年、IoT やAI などの技術を活用したモノづくりが急速に進んでいる。特に稼働率の低下を防ぎ、生産性向上につながる「予兆保全」は工場のスマート化には不可欠である。その要望に応えるべく機械装置の負荷変動を内蔵センサ(電力、温度、振動)にて検知し、予兆保全を実現するIoT 対応自己遮断仕様小形ギヤモータを開発した。そこで、その機能と性能について紹介する。

In the industrial machinery field, manufacturing using technologies such as IoT and AI has rapidly progressed. “Predictive maintenance” that prevents a decline in operation rates and leads to improved productivity is essential for making factories smarter. Therefore, we have developed a product that detects load fluctuations in mechanical devices with built-in sensors (power, temperature, and vibration) and realizes predictive maintenance. We will introduce its functions and performance.

4. オートラン バンガード® マークⅡ
AUTRAN VANGUARD® MarkⅡ

寺本 正・町田 敏宏・米野 浩史
Tadashi TERAMOTO・Toshihiro MACHIDA・Hiroshi KOMENO

オートランバンガードは、食品工場や物流センターなど業種・業態を超えて豊富な納入実績のある商品である。今回、短期施工、簡単操作、組立、メンテナンスの容易性をコンセプトに、設計・製作・現地工事などの全体システムをリニューアルしたオートランバンガード マークⅡを開発した。本報告では、従来品からの変更点と特徴について解説する。

AUTRAN VANGUARD has an extensive track record beyond industries and business conditions such as food plants and distribution centers. We developed AUTRAN VANGUARD Mark II by renewing the entire system – including design, production and on-site construction – with the idea to reduce construction time, simplify operation, and make assembly and maintenance easier. This report explains its characteristics and how it differs from conventional products.

5. リニソート® S-C∞(エイト)の開発
Development of LINISORT® S-C∞

関 宏隆・林田 伸一・稲毛 康浩
Hirotaka SEKI・Shinichi HAYASHIDA・Yasuhiro INAGE

物流業界向けに小型仕分け機として開発した「リニソートS-C」は業界の枠を超え、数多くのお客様に利用されている。しかし、引き合いや導入実績を増やしていくなか、多様な顧客ニーズに対応するために解決すべき課題が見えてきた。本書では、その課題解決のために開発した新商品「リニソートS-C ∞」について紹介する。

Linisort S-C was developed as a small sorter for the logistics industry and has been used by many customers elsewhere as well. However, as inquiries and sales increase, problems that need to be solved in order to meet various customer demands have become apparent. This report introduces our new Linisort S-C∞, which was developed to solve these problems.

6. 高圧室容積可変テンショナ
Development of a HPCV (High Pressure Chamber Volume Variable) Tensioner

石川 祐一郎・吉田 修・榑松 勇二
Yuichiro ISHIKAWA・Osamu YOSHIDA・Yuji KUREMATSU

昨今の環境保護ニ-ズの高まりとともに、自動車業界でも環境負荷低減を目的としたCO2 削減、燃費向上などのニーズが強くなっている。エンジンのタイミングドライブシステムにおいても、それらの環境性能向上を最重要テーマとして開発に取り組んでおり、その中で、低消費油量・低燃費に対応した新構造のテンショナを紹介する。

With recent growing demand for environmental conservation, there are increasing demands in the automotive industry to reduce CO2 and improve fuel efficiency to reduce environment load. We concentrate on development of an engine timing system with improved environmental performance as our most critical subject. We describe a tensioner with new functions to enable low oil consumption and high fuel efficiency.

7. チェーンの摺動における潤滑状態の予測とフリクション発生メカニズムのモデル化
Lubrication Prediction and Modeling of Friction Generation Mechanism on Timing Chains

船木 峻介
Shunsuke FUNAKI

弾性流体潤滑(EHL)理論に基づいてタイミングチェーンとレバー・ガイド間の摩擦力を予測する理論式を同志社大学と共同で作成した。この理論式によって摩擦力の発生メカニズムを明らかにし、境界潤滑・混合潤滑・流体潤滑の各潤滑形態と摩擦力の総量が予測評価可能となった。また、検証実験により上記理論式の妥当性を確認した。

Based on Elasto-Hydrodynamic Lubrication theory, we made a theoretical formula to predict the friction between timing chains and guide levers in collaboration with Doshisha University. This formula has elucidated the generation mechanism of friction. We can now predict and evaluate boundary lubrication, mixed lubrication, and hydrodynamic lubrication, as well as the total friction amount. In addition, we have confirmed the validity of the formula through verification experiments.

技術情報誌トップに戻る

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します