プレスリリース

搬送・仕分け現場の課題を解決
高速自動仕分けシステム「クイックソート®」、
仕分け・分岐ユニット単体の「ユニット販売」を開始

2021/2/8

株式会社椿本チエイン(社長:大原 靖、本社:大阪市北区)は、2月10日より高速自動仕分け装置「クイックソート」の「仕分け・分岐ユニット」単体のユニット販売を開始いたします。

クイックソート1
クイックソート2
クイックソート運用例

「クイックソート」は、ターンローラタイプの高速自動仕分けシステムです。
高速かつ搬送物に優しい仕分け装置という特長を生かし、宅配便配送センターなどの社会インフラをはじめ、物流センターや生産物流の現場などで採用いただいています。
1つのモータですべてのローラを回転させるシンプル構造、かつメンテナンス性に優れた「仕分け・分岐ユニット」をベースに周辺コンベヤを配置。入荷から出荷まで自動化を図る仕分けシステムとしてお客様に提案・納入してまいりました。既設のコンベヤラインと連結してユニット単体で使用したい、自社の装置に組み込み自由に設計したいというお客様のご要望に応え、分岐装置単位のユニット販売を開始いたします。
国内・海外合わせて2,000台の販売実績(累計)を持つ、コンパクトで信頼性の高い仕分け・分岐ユニットとして、人手不足、ヒューマンエラーの排除など、お客様の課題解決に貢献いたします。

クイックソートの製品情報はこちらから

1.特長

コンベヤライン上に仕分け・分岐ユニットとして配置することで、手軽に仕分け、交差、分岐等の方向転換を実現します。

(1) お客様の現場に最適な活用方法で設計・設置が可能

・コンベヤと繋ぎ合わせるだけで、容易に仕分け・分岐が可能です。
・多彩なレイアウト構築が可能。稼働後のライン拡張にも柔軟に対応できます。
・コンパクト設計により狭いエリアでも設置でき、スペースの有効活用を図れます。

(2) 組立不要、簡単設置の置きポン仕様

制御・電源は端子台渡し、エアはワンタッチ継手に対応しています。

(3) ユニットとして1台から設置(購入)可能

(4) 2つの型式(サイズ)をラインアップ

お客様のコンベヤラインに合わせて、2サイズから選択可能です。

(5) さまざまな形状、重量の搬送物に対応可能

段ボール箱、折りたたみ式コンテナボックス、新聞束、封筒類 等

2.概略仕様

型式 0810B 0606B
ユニット外形寸法 (mm) 1,030L×845W×500H 630L×675W×500H
搬送物サイズ (mm) 最大 : 900L×600W×600H
最小 : 200L×200W× 10H
搬送物重量 (kg) 最大30
仕分け能力 

7,500個/時間 ※搬送物やサイズや搬送速度により変化します
エア源 無給油 ドライエア 使用圧力0.4MPa

3.用途

物流センターおよび生産ライン等を中心とした仕分け、分岐、交差装置として

4.納期

1カ月 ※数量により変動

5.販売価格

80万円(税別)~

6.販売計画

2021年度 500台、 2022年度 1,000台

7.発売日

2021年2月10日 ※国内販売を対象

参考資料

【システム構成イメージ】

【クイックソート「仕分け・分岐ユニット」の構造】

■本件についてのお問い合せ先
経営企画室 広報課
TEL 06-6441-0054 FAX 06-6441-0203 E-mail : pr-sec@gr.tsubakimoto.co.jp

■お客様からのお問い合せ先
マテハン事業部 第1営業部 笠松、真野
TEL 03-6703-8402

プレスリリースに記載されている情報は発表当時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します