プレスリリース

「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に
発起人として参画

2020/5/7

株式会社椿本チエイン(社長:大原靖、本社:大阪市北区)は、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とする「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」の趣旨に賛同し、発起人として本宣言に参画しています。

この感染症の蔓延をくい止めるためには、業界の垣根を越えた、治療薬、ワクチン、医療機器、感染防止製品等の開発および製造を、産官学が連携し、従来の常識や固定観念にとらわれないスピードで進める必要があります。

そのため、当社は本宣言に則り、新型コロナウイルス感染症の診断、予防、封じ込めおよび治療をはじめとする、新型コロナウイルス感染症のまん延終結を目的とした行為に対して、当社ライフサイエンス事業が保有する特許権・実用新案権・意匠権・著作権の権利を一定期間行使しないことを宣言しています。

▼本宣言の詳細については下記をご参照ください。
https://www.gckyoto.com/covid19

■報道機関からのお問い合わせ先
経営企画室 広報課
TEL 06-6441-0054 
FAX 06-6441-0203
E-mail : pr-sec@gr.tsubakimoto.co.jp

※プレスリリースに記載されている情報は発表当時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します