プレスリリース

クーラントタンク内に堆積する金属スラッジを効率よく自動除去
スラッジ吸着自動回収装置「オートスラッジバリヤ」新発売

2020/3/24

1.はじめに

椿本メイフラン株式会社(社長:境 直茂、本社:滋賀県甲賀市、椿本チエインの100%子会社)は、工作機械のクーラントタンク・スラッジ吸着回収装置として、自動回収式の「オートスラッジバリヤ」を開発、4月1日より新発売いたします。

スラッジ吸着回収装置とは、クーラントタンクの周辺機器の1つで、工作機等の加工機や洗浄機から排出されるクーラントや洗浄液から磁力を利用して金属スラッジを回収する装置です。従来からマグネットで金属スラッジを吸着させる方法はありましたが、吸着した金属スラッジの除去に手間がかかるなど、いわゆる3K作業となっていました。
当社では、この課題解決として、可動式のレバーでマグネットをスライドさせることにより、手を汚すことなく簡単にクーラントタンク内の金属スラッジを除去できる「スラッジバリヤ(手動式)」を2003年に販売開始。簡単にタンク内のメンテナンスができるようになったと好評をいただいています。
今回、この工程のさらなる省力化・効率化をねらいに、自動回収式の「オートスラッジバリヤ」を開発、新シリーズとしてラインアップしました。モータ駆動により自動で金属スラッジや切粉を回収できることに加え、クーラントの表面に発生する浮上油の自動回収も実現。クーラント液や洗浄液の長寿命化、メンテナンスコスト・時間の削減により生産効率を高める環境対応型商品です。

2.特長

(1) クーラント、洗浄液タンクの金属スラッジ回収を自動化

モータ駆動により、自動で付着したスラッジを自動回収。メンテナンス工数を削減します。

(2) 浮上油(トランプオイル)の自動回収機能付き

内蔵タイマーにより、浮上油の回収を自動化。浮上油の発生量に応じた自動回収機能により、クーラント液の長寿命化にも貢献します。

(3) 後付けでも簡単設置

工作機新設時のクーラントタンクへの取付けはもちろん、後付けにも対応可能です。

(4) グローバルな販売・メンテナンス体制

日本、オランダ、アメリカから同一品質の共通モデルをグローバルに提供。販売・メンテナンス体制も万全です。

【金属スラッジ 吸着・回収のイメージ図】

3.仕様

外形寸法800×389×478mm、重量35kg

4.用途

工作機械、各種加工機、洗浄機のタンク内のスラッジ・浮上油の回収用

5.納期

2ヵ月

6.販売価格

431,000円(税抜き)

7.販売計画

2020年度 2,000万円、 3年後 8,000万円

8.発売日

2020年4月1日

■本件についてのお問い合わせ先
経営企画室 広報課
TEL 06-6441-0054 FAX 06-6441-0203 E-mail : pr-sec@gr.tsubakimoto.co.jp

■お客様からのお問い合わせ先
椿本メイフラン株式会社 営業部
TEL 0748-67-1335

※プレスリリースに記載されている情報は発表当時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します