- 積雪時の立ち往生 -
登坂テストを行いました トラック・バス用タイヤチェーン

2018年12月に施行されたチェーン規制のきっかけは、大雪時の登坂路での立ち往生です。
スタッドレスタイヤの場合、5%勾配で走行不能、タイヤチェーン装着車でも、立ち往生する結果が出ています。
規制には、タイヤチェーンに関する制限が少なく、ほぼすべてのタイヤチェーンが走行可能です。
そこでタイヤチェーンに最も肝心な「登坂に関する性能」を検証するため走行テストを行いました。

テスト条件

場所

北海道士別市 交通科学総合研究所

使用車両

2トントラック(2WDマニュアル)

テスト方法

スタッドレスタイヤにタイヤチェーンを装着して
2トンのウエイトあり、ウエイトなし
圧雪12%勾配、アイスバーン8%勾配
平坦からゴールまで50メートル坂道を一気に駆け上る(ノンストップ)
坂道の途中でいったん停止、再スタートする(途中ストップ)

※テスト条件について
・タイヤチェーンが必要となる路面状況の最も滑りやすい状況=アイスバーンと、滑りにくい状態=圧雪を想定している。
・テスト車両は、一般的な2トントラックを採用するとともに、積載状態の最大と最小(空荷)とした。

チェーン未装着の場合イメージ写真
チェーン未装着の場合イメージ写真
チェーン未装着の場合イメージ写真

テスト結果

ライトマックスシングル

ライトマックス
シングル
ウエイトあり ウエイトなし
ノンストップ 途中ストップ ノンストップ 途中ストップ
圧雪
12%勾配
×
アイスバーン
8%勾配
×

ライトマックストリプル

ライトマックス
トリプル
ウエイトあり ウエイトなし
ノンストップ 途中ストップ ノンストップ 途中ストップ
圧雪
12%勾配
アイスバーン
8%勾配

Sラグシングル

Sラグ
シングル
ウエイトあり ウエイトなし
ノンストップ 途中ストップ ノンストップ 途中ストップ
圧雪
12%勾配
×
アイスバーン
8%勾配
×

Sラグトリプル

Sラグ
トリプル
ウエイトあり ウエイトなし
ノンストップ 途中ストップ ノンストップ 途中ストップ
圧雪
12%勾配
アイスバーン
8%勾配

結論

  • ウエイトの有無でタイヤチェーンにかかる駆動力が大きく影響を受ける。
  • シングルチェーンでは、途中ストップの条件をクリアできなかった。
  • すべての条件をクリアできたのはダブルタイヤ専用チェーン(トリプル)であった。

気温、雪の状態などの気象条件およびドライバーの操作など条件の変動があります。
また本登坂結果はテストコース内での実験結果であり、実際の路面状況や運転方法により結果は変動します。

試験場

試験場

合金鋼タイヤチェーンに関するお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ

Webお問い合わせフォームへ

お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL: 0774-64-5012
  • FAX: 0774-64-5106
ページトップへ