看太郎 機能とモジュールの紹介 SCADA/HMI開発用発パッケージ

看太郎は、モニタリングシステム構築のために用意された複数のプログラム(モジュール)を、システムの要求仕様に応じて組合わせることでご利用いただけます。

看太郎 モジュール構成

看太郎はWindows上で動作する複数のプログラムから構成されます。

PLCなどの外部機器と通信を行うために、各機器に対応した専用プロトコルを持つインターフェイスアダプタ(IFA)、IFAと外部機器の通信によって取得したデータを管理するコミニュケーションマネージャ(CM)、CMとの間でデータリンクを行い、画面表示やデータロギングなど各種処理を行うアプリケーションモジュール(AM)という3つの要素から構成されています。

AMの組合せは自由で、複数実行が可能です。コミュニケーションマネージャを除く全てのプログラムは、個別に動作する実行形式になっています。(コミュニケーションマネージャはDLL形式のプログラムです。)

<システムブロック図>

看太郎モジュール構成イメージ

機能別モジュールソフト選定方法 (基本機能と選択機能の組合せとなります)

必須

<基本モジュール>

コミュニケーションマネージャインターフェイスアダプタが必須となります

mitaro-plus

選択

<アプリケーションモジュール><オプション他><ユーティリティ>

必要な機能別モジュールソフトをお選びいただけます。(後から追加購入し、機能拡張いただくことも可能です)

一般的な構成例

①コミュニケーションマネージャ 必須部分
②インターフェイスアダプタ PLCとの通信用
③グラフィックモジュール グラフィック画面表示、操作用
④データロギングモジュール 計測データの収集用(トレンドグラフ表示、CSV出力機能あり)
⑤イベントロガーモジュール 異常履歴の表示、収集用(CSV出力機能あり)

開発用とランタイムの関係

開発用とランタイムの関係図
  機能 対応モジュール
1 グラフィック監視、操作出力機能 グラフィックモジュール
2 アラーム監視・アラーム出力機能 イベントロガーモジュール
3 トレンドグラフ機能 データロギングモジュール、グラフィックモジュール
4 データ保存、帳票出力機能   データロギングモジュール、帳票モジュール
5 ネットワーク ネットワークマネージャ
6 演算・制御・アプリケーションコントロール機能 スクリプトモジュール
7 データベースアクセス機能 データベースアクセスモジュール
8 イントラネット/インターネット対応 Webサーバモジュール、メッセージモジュール
9 OPC接続機能 (OPC DA対応) OPC IFA、OPCマネージャ
10 デマンド監視機能 デマンドモジュール
11 スケジュール制御機能 スケジューラモジュール
12 機器通信(RS-232C、Ethernet PLCネットワークなど) インターフェイスアダプタ
13 ユーザープログラム連携 カスタムコントロールOCX、ユーザープログラム開発ガイド

CM コミュニケーションマネージャ

CMは、看太郎システムで用いるタグデータの管理やプログラム(AM、IFA)間のデータ受け渡しを行うプログラム(dll)です。
全てのタグ通信はCMを介して行われるので、看太郎システムの中核になります。CMには次の2種類のモジュールが付属しています。

タグ設定プログラム

看太郎モジュール構成イメージアイコン

看太郎で取扱うタグを登録するためのプログラムです。タグの設定はCMのAPIを通して行われ、CMが管理するファイルに保存されます。

プロジェクト管理モジュール

看太郎モジュール構成イメージアイコン

開発/実行環境のモジュールやデータを『プロジェクト』と呼ぶ単位で一括管理します。本モジュールにより、案件ごとの環境の切り替えが簡単に行えます。

IFA インターフェイスアダプタ

看太郎モジュール構成イメージアイコン

IFAはPLCなどの外部機器と通信するプログラムです。

IFAはCMからのデータ要求指示を受け、該当するタグに関連付けられた外部機器と通信し、取得したデータをCMの管理する共有メモリにセットします。外部機器の機種や通信手段に対応して、複数のIFAを用意しています。

AM アプリケーションモジュール

AMは、CMとのデータ通信により、グラフィック画面へのデータ表示やHDDへのデータ保存をはじめとする、各種のデータ処理を行うプログラムです。構築するシステムの仕様に応じて、必要なモジュールだけを選択してご利用いただけます。

基本モジュール

グラフィックモジュール
看太郎モジュール構成イメージアイコン

監視対象設備のグラフィック画面を作成し、タグや条件と関連付けをしてシンボルの点滅やメータ指示により稼動状態を監視します。

データロギングモジュール
看太郎モジュール構成イメージアイコン

運転状況を示すデータを保存し、レポートや統計値データとして利用します。平均、最大/最少、差分、積算差分値として保存可能です。

イベントロガーモジュール
看太郎モジュール構成イメージアイコン

警報や操作等のイベントが発生/復帰したタイミングで、その時刻とともにメッセージを保存したり、画面表示を行います。

拡張機能モジュール

スクリプトモジュール

看太郎モジュール構成イメージアイコン

C言語ベースの独自スクリプトを記述することで、タグデータのREAD/WRITE、演算処理やAMの制御が行えます。

データベースアクセス

看太郎モジュール構成イメージアイコン

ODBCドライバーを通じて、Access、SQL Server、Oracle等のデータベースに任意の条件で読み書き処理を行います。

OPCモジュール

看太郎モジュール構成イメージアイコン

OPC通信をサポートするモジュールで、OPC.IFA (クライアント) とOPCマネージャ (サーバ) の2種類をご提供しています (OPC DA対応) 。

ネットワークマネージャ

看太郎モジュール構成イメージアイコン

公開タグを作成し、Ethernet接続された複数のPC間でタグデータを共有することによりネットワークシステムを構築します。

用途特化モジュール

電力デマンドモジュール
看太郎モジュール構成イメージアイコン

収集した使用電力のデータを利用してデマンド監視を行います。最大8系統のデマンド監視と系統毎3段階の警報を設定できます。

スケジューラモジュール
看太郎モジュール構成イメージアイコン

年間カレンダーで運転パターン (平日/休日/特定日など) を設定し、パターン毎に設定された時刻にタグデータを切替えます。

SNMPエージェントモジュール
看太郎モジュール構成イメージアイコン

看太郎が持つPLC状態のTRAP発信やGetRequest、SetRequestなど、SNMPエージェント機能を備えたモジュールです。

> さらに詳しく

オプションモジュール

オプションモジュールには、開発用/ランタイム用の区別はありません。オプションで提供される機能が必要な場合、 開発用/ランタイム用の各パッケージにこれらを組込んでご利用いただくことになります。 (別途ご購入が必要になります。)

Webサーバモジュール

看太郎モジュール構成イメージアイコン

クライアントPCのInternet Explorer上に、現場PC (サーバ) で稼動中のグラフィックモジュールと同様の画面を表示することができます。

メッセージモジュール

看太郎モジュール構成イメージアイコン

警報発生時に、E-mailによりスマートフォンやパソコンに警報メッセージを送信します。着信応答メールによる返信確認機能や、添付ファイル機能を搭載しています。※SSL非対応。

帳票モジュール

看太郎モジュール構成イメージアイコン

データロギングモジュールで収集したデータを基に、Excel形式の帳票(日報/月報/年報)を自動作成し、プリントアウトします。

ユーザープログラム組込み製品

看太郎は、ユーザーサイドで作成されたプログラムを自由に組込んでご利用いただけます。組込みは、CMが管理するタグデータにユーザプログラムがアクセスすることにより可能となり、次の2つの方法を用意しています。

ユーザープログラム開発ガイド

看太郎モジュール構成イメージアイコン

CM→AM/IFA間の通信に使用しているAPIを公開しますので、VisualStudio(Visual C++)にてユーザープログラムを作成いただき、看太郎内に組み込むことができます。

カスタムコントロール (OCX)

看太郎モジュール構成イメージアイコン

タグ値の加工や表示処理など、Visual Basicを使用して容易にユーザープログラムを開発いただけます。

ユーティリティ

ユーティリティは一度お求めいただくと、ライセンスフリーでご利用いただけるソフトウエアです。システム構築時に看太郎の各モジュールと組合わせてご利用いただいたり、設定構築の手助けとなるようにプログラムを開発しました。

キーパッドユーティリティ

看太郎モジュール構成イメージアイコン

キーボードを使えない環境でデータ入力を行う場合に画面に表示させて使用します。縦長/横長/10キータイプに切替えができます。

設定ファイルコンバータ

看太郎モジュール構成イメージアイコン

タグ/PLCデバイス設定やデータロギングモジュール、イベントロガーモジュールの設定内容をCSV形式でインポート/エクスポートします。

ユーティリティパック

看太郎モジュール構成イメージアイコン

看太郎と組合わせて利用できるユーティリティソフトウエア集です。システム構築に”便利で役立つ”機能が1パックになっています。

付箋紙ユーティリティ

看太郎モジュール構成イメージアイコン

グラフィック監視画面内に付箋紙のようなメモを貼り付けて情報共有ができるユーティリティです。

看太郎 モジュール組合せについて

看太郎は機能別にプログラムをモジュール化しているので、必要なものを組合わせてご使用いただけるのが大きな特徴です。
しかし、「どのモジュールを組合わせれば良いのか」というご質問をいただくケースがあります。以下の例を参考に想定してみてください。

要求機能 モジュール名称

(1) 必須モジュール

タグデータ管理

コミュニケーションマネージャ

(2) 通信ドライバ

通信ドライバ
各種PLCメーカー別にラインアップしています。
<対応PLC一覧>

インターフェイスアダプタ

(3) 基本機能
(機能を選択)

グラフィック監視
現在値(瞬時値)表示
ON/OFF表示
設定値出力
ポップアップウィンドウ表示

グラフィックモジュール

データ収集(ロギング)
トレンドグラフ表示
CSVファイル出力

データロギングモジュール

警報収集・操作履歴収集と表示
CSVファイル出力

イベントロガーモジュール

帳票作成(xls形式)
日報・月報・年報

帳票モジュール

(4) 追加機能
(機能を選択)

Web監視機能

Webサーバモジュール

警報メール発信機能

メッセージモジュール

電力デマンド計算機能

デマンドモジュール

スケジュール発停機能

スケジューラモジュール

※看太郎の詳細な価格については当社までお問い合わせください。

SCADA/HMIパッケージ 看太郎に関するお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ

Webお問い合わせフォームへ

カタログ請求はこちらから

資料請求フォームへ

ページトップへ