看太郎32 導入事例 SCADA/HMI開発用発パッケージ

工場全体の電力を警備室と監視室で監視、制御する中央エネルギー監視、サーバ室の状態監視など、看太郎32の導入事例を紹介しています。

導入事例1.中央エネルギー監視

工場全体の電力を警備室と監視室で監視、制御しています。異常発生時には担当者に警報メールを配信します。

場内警報一覧

看太郎導入事例画面イメージ

系統図表示 (スケルトン)

看太郎導入事例画面イメージ

デマンドグラフ

看太郎導入事例画面イメージ

スケジュール発・停 (空調・照明)

看太郎導入事例画面イメージ

システム構成

中央エネルギー監視システムとしての用途例です。この事例では、空調や照明の発停操作、防災監視も同時に行っています。

看太郎導入事例システム構成イメージ

看太郎32の導入効果

  1. 監視画面の追加・変更、入力信号追加などが簡単です。
  2. 設備の警報やトラブル発生時の迅速対応を実現できます。
  3. メールやWebなどITを活用した機能拡張が可能です。
  4. 市販品でシステム構成しているため、ハード故障時も交換品の入手が容易です。
  5. SCADAパッケージソフトの採用で将来のWindowsOS変更時も安心です。

※看太郎32の詳細な価格については当社までお問合せください。

SCADA/HMIパッケージ 看太郎32に関するお問合せはこちらから

メールでのお問合せ

Webお問合せフォームへ

カタログ請求はこちらから

資料請求フォームへ

ページトップへ