看太郎 稼働監視ソリューション 機能と特長 稼働監視ソリューション

3つのSTEPで生産性向上を支援します!

STEP-1 現状把握 --> 「見える化」

「見える化」による現状把握

設備稼働実績の記録により現状の稼働状況を把握、課題を抽出します。

STEP-2 現場改善 --> 要因分析

抽出課題の改善と検証

「STEP-1」で抽出された「問題点」「課題」について対策を実施、検証します。

STEP-3 維持活動 --> 状態監視

改善された生産環境の維持活動

「STEP-1」と同様に設備の各状態を記録、集計、生産性維持の監視を支援します。

一覧状態表示

各設備の稼働状態を一覧形式で表示します。

特に各設備の「段取り替え」部分に着目することで、段取り重複の時間帯が明確になります。

個別状態表示

単体設備の状態、チャート、生産計画、稼働実績、異常の来歴などを一括して表示します。

至近の設備状況を一目で確認できます。

進捗状況表示

生産目標と生産計画に対する実績の進捗表示を行います。

タクトタイムから判断し生産の進み/遅れと、その時間をリアルタイムに表示します。

稼働実績収集

各設備の稼働データの集計と稼働実績のグラフ表示を行います。

帳票化することで改善会議などの資料として活用いただけます。

このような構成でご使用いただけます

※上記構成は一例です。お客様のご要望に応じて、さまざまなシステム構成をご提案します。

看太郎カタログ ダウンロード (5.35MB)

※看太郎の詳細な価格については当社までお問い合わせください。

稼働監視についてのご質問、IoTのご相談など、お気軽に当社までお問い合わせください。

看太郎 稼働監視ソリューションに関するお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ

Webお問い合わせフォームへ

カタログ請求はこちらから

資料請求フォームへ

ページトップへ