プレスリリース

シニア層の活躍推進に向けて、「65歳定年制」を導入(2020年4月1日より)

2020/3/26

株式会社椿本チエイン(社長:大原靖、本社:大阪市北区)は、2020年4月1日から現行の60歳定年を65歳に延長する「65歳定年制」を導入します。

当社では、戦後間もない1946年に60歳定年制を導入以来、1991年に65歳を上限とする再雇用制度、2003年に一般職の希望者全員が65歳まで働ける制度を導入するなど、世間に先駆けシニア層の活躍を進めてきました。また、2016年には70歳を上限として雇用機会の拡大を図り、多くのシニア層が能力を発揮できる環境を整備してきました。

今回の定年延長は、少子高齢化による生産年齢人口の減少の中、単なる労働力不足対応ではなく、多様な人材が活躍できる、働きがいのある環境づくりの一環として制度導入するものです。
シニア層が長年培った知識、スキル、ノウハウや豊かな経験を生かして活躍する「中核人材」としての意識を高め、より一層いきいきと働ける環境を整備することで、従業員全体の連帯感を強め、当社の総合力発揮につなげていくことをねらいとしています。

新制度の概要

(1)定年年齢 : 65歳

(2)制度導入開始日 : 2020年4月1日

(3)新制度の概要 :
  ・60歳到達時点で、新たな資格・賃金・退職金制度を適用する。
  ・2020年3月末時点の再雇用社員は、現行社員区分のまま、新制度と同一条件で雇用する。
   (退職金制度は除く)

■報道機関からのお問い合わせ先
経営企画室 広報課
TEL 06-6441-0054 FAX 06-6441-0203 E-mail : pr-sec@gr.tsubakimoto.co.jp

プレスリリースに記載されている情報は発表当時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します