プレスリリース

IoT対応遠隔監視プラットフォーム
「MitaMon®スターターキット 稼働監視パッケージ」 新発売
IoTシステム導入が容易に実現!

2018/03/29

1.はじめに

 株式会社椿本チエイン(社長:大原 靖、本社:大阪市北区)は、設備を改造することなく、手軽にIoTシステムを導入できる商品として「MitaMon®スターターキット 稼働監視パッケージ」を2018年4月1日より新発売します。

(※)Wi-Fiルーターやケーブル、スマートフォン、PC、などは本品に含まれません。
    (※)Wi-Fiルーター⇔サーバーユニット間は有線でのLAN接続も可能です。

 製造現場における、IoTを活用した稼働データの可視化や記録・管理により、生産性向上を目指す企業が増えています。当社では、2016年10月にIoT対応遠隔監視ソフト「MitaMon®」を発売。しかし、IoTシステム導入には、センサーの選定・取り付け、データ発信機器の設置やネットワーク整備、監視ソフト開発など幅広い知識が必要であり、これらが大きな障壁となっています。

 これらの煩雑な作業を解決できるのが「MitaMon®スターターキット 稼働監視パッケージ」です。稼働状態の見える化に必要な構成要素をパッケージにまとめました。「箱を開けて30分でIoT開始!」という簡便さが強みで、お客様は容易にIoTシステム導入を実現できます。

 当社では、多くの機械や装置に設置されている「積層信号灯」に着目。その点灯(点滅)状態を「照度センサーユニット」で検出し、「端末ユニット」からWi-Fiを介して「サーバーユニット」に送信します。稼働状態は(スマートフォンやPC内の)ウェブブラウザーからサーバーユニットにアクセスすることにより、場所を選ばず確認することができます。今後、より広範囲な用途にもご利用いただけるよう、シリーズ化も検討しています。

2.特長

(1) 取り付けが容易

積層信号灯に付属の結束バンドで「照度センサーユニット」を取り付けるだけで設置完了。後付けも可能で、煩雑な作業は必要ありません。

(2) Wi-Fi利用のため配線が不要

「照度センサーユニット」の情報は「端末ユニット」に取り込まれ、点灯(点滅)を判定して「サーバーユニット」に送信します。
また送信経路にはWi-Fiを利用するため製造現場へのネットワーク配線は必要ありません。
※お客様側でのWi-Fi環境の整備が必要です。

(3) 監視ソフト(WEBサーバー機能)を標準実装

「サーバーユニット」では、各積層信号灯の点灯(点滅)状態を収集し、スマートフォンやPCなど監視端末のブラウザに稼働状態を表示します。
また稼働データのCSVファイル出力機能により稼働情報の集計にも活用が可能です。

(4) 電子メールによる通報機能

設備の停止発生時など、重要な事象は電子メールで関係者に通報を行うことが可能です。
どこにいても、問題発生を遅延なく情報共有できます。

(5) 増設も容易

1台のサーバーユニットで最大10台まで増設が可能。
※「増設センサーキット(①照度センサーユニット ②端末ユニット)」が必要です。

3.用途

積層信号灯を備えた設備、機械、装置の稼働状態監視とデータ集計

4.納期

受注後2週間

5.販売計画

2018年度 1.2億円   
2020年度 3億円

6.発売日

2018年4月1日

7.希望小売価格

スターターキット 298,000円(税別)
増設センサーキット 98,000円(税別)

■本件についてのお問い合わせ先
経営企画センター 広報・IR課
TEL 06-6441-0054 
FAX 06-6441-0203
E-mail : pr-sec@gr.tsubakimoto.co.jp

■お客様からのお問い合わせ先(モニタリングビジネス部)
お客様問い合わせ窓口
TEL 06-7638-1338 FAX 06-6387-0823

プレスリリースに記載されている情報は発表当時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

持続可能な社会の実現に向けて

つばきグループは、「動かす」分野において社会の期待を超える価値を提供し、
社会から必要とされ続ける企業となることを目指します