SCADA/HMI開発用ソフトウェア 看太郎32

SDACA/HMIソフト看太郎32の製品情報

看太郎32とは

Microsoft Windows 10、Windows 7 上で動作する SCADA / HMI 開発用パッケージソフトウェアです。
看太郎32の活用により、パソコンレベルの分散型監視、制御システムが各種制御機器との組み合わせにより実現できます。
小規模システムから大規模システムに至るまで様々な用途にご利用いただけます。

看太郎32のシステム構成

看太郎32の特長

ユーザープログラムとの親和性

ユーザープログラム開発ガイド/カスタムコントロールOCX/OLEオートメーションの機能によりVisual C++やVisual Basicで
開発したユーザープログラムが組込めます。ユーザー独自のシステム構築や付加価値をつけた再販が可能になります。

機能別にプログラムをモジュール化

最小限のモジュール構成からスタートして段階的な機能アップや機能拡張が可能です。
用途に合わせて必要な機能だけを組み合わせ、後でモジュールを追加することができます。

優れたエンジニアリング能力

プロジェクト管理機能、シンボル部品の登録、各種マクロやスイッチ作成機能、豊富なオブジェクト機能。
さらにテキストデータからのタグやオブジェクトへのコンバート機能、各種設定内容のドキュメント出力機能など、
システム構築の効率を追及した様々な機能を提供します。

ランタイム環境でのエンジニアリングが可能

現場レベルで、エンジニアリング環境と実行環境を同時に動作させることができます。設備の改造、変更の対応が容易に行えます。

多彩なグラフィック機能

HMIに必要な様々なオブジェクトの標準装備に加え、ユーザーのオブジェクトを組み込むこともできます。

豊富なI/Oドライバー

各種PLC(プログラマブルコントローラ)、フィールドバス、省配線システム、グラフィック表示器、遠隔通報装置等に対応したI/Oドライバー(インターフェイスアダプタ)を用意していますので、各種システムへフレキシブルに対応できます。

データベースとの親和性

ODBC経由で各種データベースとデータの受け渡しが可能です。情報系と設備系をシームレスに接続できます。

グリーン調達

看太郎32では、インストールディスク(CD-R)、ハードウェアキー(プロテクタ)、パッケージ、マニュアル、梱包材まで出荷品のすべてにおいてグリーン調達を実施しております。

  • 電子機器 : Rhos対応
  • 印刷物 : 印刷インクにおいて有害物質調査
  • 梱包材 : 有害物質調査