会社情報

Tsubaki Technical Review Vol.25 No.1 2015 目次

抄録

1.つばきコーティングチェーン「ネプチューン®」の開発
Development of NEPTUNE® Surface Treated Chain

有馬愛子
Aiko ARIMA

創業100 周年モデルであるコーティングチェーン「ネプチューン」を開発した。ネプチューンは、従来のコーティングチェーンNEP 仕様の高い防錆性に加え、アルカリに対して優れた耐薬品性を示すことが特長である。本報では、ネプチューン用水系耐食塗料「プログレート230a」の開発およびその性能について紹介する。

We developed our new NEPTUNE surface treated chain for our 100th anniversary in 2017. Its new specifications feature superior chemical resistance against alkalis. This report outlines the development of the PROGREAT230a water-based anticorrosive coating for NEPTUNE and its performance.

ページトップへ

2.化合物溶解判別検査装置の開発
Development of Inspection Equipment to Judge the Dissolution of a Compound

田池広幸・松本展明・西井久雄
Hiroyuki TAIKE・Nobuaki MATSUMOTO・Hisao NISHII

新薬研究で粉体化合物を溶媒に溶かす工程がある。この時、溶け残りがあると、溶液濃度に影響し、後工程の研究品質に影響を与える。現状、研究者が溶解目視検査を行っている。しかしながら官能判定のため個人差があり、特に濃く濁った溶液の検査は目視できない。そこで、研究品質向上と研究者の研究時間確保のため溶解判別検査装置「LIQUID CHECKER™」を開発したので紹介する。

In new drug research and development, there is a process where a powder compound is dissolved in a solvent. However, insufficient dissolution influences the research process and its quality. Currently, the level of dissolution in a sample is judged visually, which leaves its accuracy up to an individual person's judgment. In particular, it is too difficult to visually judge a dark liquid dissolving. Therefore we developed the LIQUID CHECKER to improve research quality and save time.

ページトップへ

3.つばきeLINK®の公共施設における活用方法の提案
Proposal of a Method to Utilize Tsubaki eLINK® in Public Facilities

岡田直樹・小山晋吾・植平 眞
Naoki OKADA・Shingo KOYAMA・Makoto UEHIRA

つばきeLINK は、V2H 対応のEV、PHEV から施設に交流給電ができるEV 電力システムである。2013 年9 月より発売開始し、これまでマンション、福祉施設、工場等に納入した。2014 年~ 2015年はじめには公共施設において2 件の実証実験に参画し、停電時の非常用電源としての利用、ピークカット利用、デマンドレスポンスの運用に関する知見を得た。これを基に、公共施設での導入を拡大するための活用方法の提案を行う。

Tsubaki eLINK is an EV power system which can supply AC power from V2H-compatible EV and PHEV to a building. After this system was launched in September 2013, we have installed it in condominiums, public welfare facilities, factories, and so on. We took part in two demonstration experiments at public facilities between 2014 and the beginning of 2015, which gave us knowledge in supplying power during a power failure, supplying a grid, and responding to demand. Based on this knowledge, we propose a method to utilize this system in these public facilities.

ページトップへ

4.優良苗診断・移植の自動化技術の開発
Development of Automatic Technology to Detect and Select or Transplant Seedlings which Show Successful Growth

伊藤 豪・平井達也
Go ITO・Tatsuya HIRAI

植物工場における生産では、工業製品と同様に生産物(野菜)の歩留まり向上が求められる。大阪府立大学の研究成果である時計遺伝子を活用した優良苗診断技術をベースに、優良苗の診断工程、および診断結果に基づき、優良苗だけを次工程の育苗パネルに植替える移植を自動化する有効な技術を開発したので報告する。

In plant factories, vegetable production yield needs to be improved like with industrial products. The following details our invention: automatic technology based on research at Osaka Prefecture University that utilizes clock genes to detect and select seedlings which show successful growth and transplant them to a panel.

ページトップへ

5.つばき 大形コンベヤチェーン FB仕様
FB Series Large Size Conveyor Chain

山本賢太郎・野洲拓也・金谷優真
Kentaro YAMAMOTO・Takuya YASU・Yuma KANATANI

セメント業界をはじめ幅広い業界で大形コンベヤチェーンの摩耗伸び対策仕様が使用されているが、近年、さらなる耐摩耗性向上の要望が増えてきている。その要望に応えるべくFB 仕様を開発し、2011 年10 月より発売し、好評を博している。そこで、その機能と性能について紹介する。

Companies in the cement and many other industries are using large size conveyor chains that are resistant to wear elongation, but there has been increasing demand in recent years for even better wear resistance. We developed the FB Series to respond to this demand, and launched it in October 2011 to favorable response. This article introduces the features and performance of the FB Series.

ページトップへ

6.オイルリザ-ブ式テンショナ
Oil Reserve Type Chain Tensioner

吉田 修・前田宗裕・榑松勇二
Osamu YOSHIDA・Munehiro MAEDA・Yuji KUREMATSU

昨今の環境保護ニーズの高まりとともに、自動車でも環境負荷低減を目的としたCO2 削減、燃費向上、軽量化などのニーズが強くなっている。エンジンのタイミングドライブシステムにおいても、それらの環境性能向上を最重要テーマとして開発に取り組んでおり、その中で、低フリクション・低消費油量・軽量化・低騒音に対応した新構造のテンショナを紹介する。

Accompanying a recent trend in environmental protection, there is an ever-growing need for automobiles to reduce their environmental load by reducing their CO2 emissions, improving their fuel efficiency, and reducing their weight. A major focus of the timing drive systems for engines that we are developing is to improve their environmental performance. We will report on our newly developed tensioner with new structure that provides low friction, low oil consumption, lighter weight, and low noise.

ページトップへ

7.つばきパワーシリンダ® ウォームシリーズ(LPWB)
Power Cylinder Worm Series (LPWB)

井原佳宏
Yoshihiro IHARA

直線作動機の分野において、近年、クリーン、省エネ、火災防止等への配慮より、油圧シリンダから電動シリンダへの置換えニーズが高まっている。そこで、従来のパワーシリンダよりもコンパクトかつ構造をシンプルにすることで低コストを実現した油圧シリンダ置換に最適な、つばきパワーシリンダウォームシリーズを開発したのでここに紹介する。

In the field of linear actuators, the need to replace everything from hydraulic cylinders to power cylinders has been increasing in recent years due to concerns for cleanliness, energy savings, and fire prevention. Therefore, we have developed a Worm Series Power Cylinder that is ideal for the replacing hydraulic cylinders because they are more compact and have a simpler design with lower costs than former models.

ページトップへ

8.つばきラボストッカ® 150L
TSUBAKI LABOSTOCKER® 150L

西井久雄・吉田雅彦・飛鳥井雅弘・町田敏宏・高橋知克・伊達洋貴
Hisao NISHII・Masahiko YOSHIDA・Masahiro ASUKAI・Toshihiro MACHIDA・Tomokatsu TAKAHASHI・Hiroki DATE

生体試料の長期保存における品質確保は、新薬開発効率に直結する。品質確保には超低温での試料保管の他、ピッキングも超低温で行う必要がある。また投資採算性から多数の試料を高収納で保管する必要がある。その課題を解決するためバイオバンク用全自動生体試料保管システム、ラボストッカ150L を開発した。

Ensuring quality during long periods of biospecimen storage is needed for efficient medicine development. It is necessary to keep biospecimens in an extraordinarily low- temperature environment so as to make the biospecimens high-quality. It is also necessary to pick samples in an extraordinarily low-temperature environment. Numerous samples need to be kept in high density storage for a profitable investment. To settle the problem, we developed the LaboStocker150. It is a fully-automatic biospecimen safekeeping system for biotechnology banks.

ページトップへ

9.つばき クイックソート® Eシリーズ
TSUBAKI E-H SERIES QUICKSORT®

福田幸治
Koji FUKUDA

「つばきクイックソート」は新聞業界や一般流通業界向けに使用される仕分け装置である。近年個人向け通販需要の増加に伴い、24 時間稼働の運輸ターミナル向けに開発した「つばきクイックソートE-H」と、仕分け能力をさらに向上した「つばきクイックソートE-A」を紹介する。

“TSUBAKI QUICKSORT” is a sorting machine that is used in the newspaper and logistics industries. With a recent increase in retail mail order demands, we are introducing the “TSUBAKI QUICKSORT E-H” and “TSUBAKI QUICKSORT E-A,” which were developed for the transportation industry and provide high sorting capacity.