PLCなどの制御機器と連携する監視端末から、LAN経由で接続された監視灯へSNMPトラップを発信します。監視灯はLAN接続タイプのため、配線の手間を大幅に低減できます。配線が困難な場所には無線LANを活用することも可能です。
看太郎32SNMPエージェントモジュールは、PLCとの通信データより、?指定した条件成立時にパトライト社製監視灯の点灯制御をします。?LAN上のブラウザより、動作状況や設定内容の確認・変更をします。以上の機能を備えたアプリケーションモジュールです。これにより、PLCと通信する(看太郎を使用した)監視・制御システムと、パトライト社製監視灯(NHLシリーズ)がLAN環境で接続され、パソコンから直接に監視灯の点灯制御を行うことができます。

  • 簡易な設定だけで PLCから取得したデータを元にSNMPトラップを発信します。(AND・ORなど条件式設定可能)
    【条件の例】
    ・[接点01] & [接点02] or [接点03] ・・・> で赤点灯
    ・[温度01] > [上限設定値] ・・・> で黄点灯
    ・[接点10] T30(=30秒間ONの時) ・・・> で緑点滅
  • ネットワーク上のブラウザからの状態表示や設定変更が可能です。
  • 国内各社PLC・制御機器との通信ドライバをご用意しています。 【対象ドライバ一覧】
  • Eメール発信や警報履歴収集など拡張機能をご用意しています。【看太郎32モジュール機能一覧】
モジュール名称

工場・製造現場
ビル・大型施設などで

  • 電力デマンド監視に。(電力使用量監視)
  • 温・湿度上下限監視、異常の通知に.。
  • 電流・電圧の上下限監視、異常の通知に。
  • 空調機や発電機の状態監視、異常の通知に。
  • 火災・漏水・地震など 異常の通知に。
  • その他PLCが持つ設備状態異常の通知に。

◎看太郎32の価格はこちらから SNMP詳細資料請求ボタン
SNMPエージェントモジュールリーフレットダウンロードボタン

仕様

品名

看太郎32 SNMPエージェントモジュール (※1 )(※2)

型式

SP32-01

SNMP対応バージョン

SNMP v1

動作環境

看太郎32 Version6.0以降がインストールされ、以下の性能を満たすパーソナルコンピュータ上で動作します。
  • OS:Windows7/ Vista/XP
  • メモリ:2GB以上
  • HDD:1GB以上
  • LANポート×1以上
  • USBポート×1以e上

通信可能なPLC・制御機器

国内各社PLC等、41種類と通信可能 【対象ドライバ一覧】

TRAP登録可能点数

最大1,000点

Get/Set Request登録可能点数

最大10,000点

標準価格

150,000円 + 税

※1 看太郎32 SNMPエージェントモジュールをご使用いただく際には、看太郎32 コミュニケーションマネージャとインターフェイスアダプタが 必要になります。詳細やご不明点につきましてはお気軽にお問合せください。
※2 看太郎32 SNMPエージェントモジュールと接続可能な監視灯は 「パトライト社製 ネットワーク監視灯 NHLシリーズ」になります。

お問合せ先

株式会社椿本チエイン モニタリングビジネス部
E-mail:  〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-101 大同生命江坂ビル
TEL:06-7638-1338 FAX:06-6387-0823
看太郎サイト:http://www.tsubakimoto.jp/ecob/dp/dp01.html



 


Copyright © 1996-2013 TSUBAKIMOTO CHAIN CO. All rights reserved.