環境・社会活動

つばきグループは事業活動を通しての社会貢献はもちろんのこと、地域社会の一員として、地域の実情に応じた社会・環境貢献活動など、地道な取り組みを進めています。

つばきの考え方

当社はグループ社員共通の行動指針として、事業活動において各国の法令やルールを順守すること、一人ひとりの行動がつばきブランドの維持向上つながることを、「倫理綱領」に明記しています。
そのような考えの下、地域社会との良好なパートナーシップを維持発展させるべく、国内では工場見学会や子供たちへの就業体験提供、地域活動への参加、海外グループ会社では各種チャリティ、ボランティア活動など、幅広い試みを実施しています。

国内での取り組み

地域社会

あああああああ 飯能新緑ツーデーマーチ

◆ウォーキングイベントへの協賛(埼玉工場)◆
毎年5月に飯能市が市を挙げて実施しているウォーキング大会「飯能新緑ツーデーマーチ」において、当社埼玉工場では、2017年に続き2回目の接待所協力を行いました。新設のテニスコートやリニューアルした厚生施設の接待所で、工場従業員と飯能市内の中学生ボランティアが飲料やオリジナルキャンディなどを提供しました。暑い中、通過したウォーカーたちは、次の接待所を目指して元気よく出かけられました。
当社は、今後も継続して地域社会との連携を図り、さらなる地域貢献に努めていきます。

あああああああ 夏休み親子工場見学会

◆モノづくりの楽しさを伝える「夏休み親子工場見学会」(京田辺工場)◆
京田辺工場では、地域に開かれた工場として、地域の皆様に当社への関心をより深めていただけるようさまざまな取り組みを行っています。
そのひとつとして、毎年開催している地元の小学生親子を対象とした「夏休み親子工場見学会」は、2017年度で10回目を迎えました。2日間で100名の小学生親子にご参加いただき、恒例となったチェーンの組立競争、当社のモノづくりの歴史紹介やリニューアルしたエントランス見学、工場見学など、モノづくりの楽しさ、奥深さを体感していただきました。

青少年育成

あああああああ ガールズサイエンスキャンプ

◆女子中高生向け「ガールズサイエンスキャンプ」をサポート(京田辺工場)◆
「ガールズサイエンスキャンプ」とは、同志社大学主催の女子中高生を対象とした理系選択支援プログラムの一環で、「物理の楽しさ」をキーワードにした体験型実験教室です。2017年8月に開催された同イベントにおいて、京田辺工場見学をはじめ、同工場の女性技術者たちが主体となって構成したプログラムを提供しました。「動く機械を見る」「モノに触れる」「音を聞く」をコンセプトにした、参加者全員が実体験できる当社独自の内容となりました。
女子中高生54名と女性技術者たちとの交流の場も設け、理系を選択した背景、現在の業務内容、やりがいなどの体験談を発表するなど、モノづくりの楽しさ、魅力を伝えるよい機会となりました。

環境活動

地域の環境イベントへの参加をはじめ、事業所独自で周辺地域の清掃活動を実施。従業員が積極的に参加し、地域との共生を図っています。

京田辺環境フェスタ参加 京田辺環境フェスタ参加(京田辺工場)
 
長岡京環境フェア参加 長岡京環境フェア参加(長岡京工場)
 
大東クリーンウフォーク参加 大東クリーンウフォーク参加
(椿本カスタムチエン)

海外での取り組み

海外グループ会社では、チャリティ活動を中心に、それぞれの地域に根付いた独自の活動を展開しています。

チャリティ活動

フードバンク食品・日用品などを提要する慈善活動
「フードバンク」への寄付活動(ドイツ)
リレー・フォー・ライフあ ガン患者を支援するチャリティ活動
「リレー・フォー・ライフ」への参画
(アメリカ)
クリスマス寄付活動 国際事前団体を通じての「クリスマス
寄付活動」(カナダ)

地域社会

オランダでのマラソンを通じた社会貢献活動 マラソンを通じた社会貢献活動(オランダ)