環境・社会活動

無題ドキュメント

京田辺工場では、産業界のさまざまな分野で使われる数万種類の高品質な産業用チェーンを製造しています。「地球環境の保全のため、自主的に環境活動に取り組む」との環境方針を継続し、環境目標展開と各種改善活動により環境負荷低減に努めています。また、地域社会とのコミュニケーション活動として「敷地内桜鑑賞会」、「夏休み親子工場見学会」を継続しています。
2016年度は前年比約1%の生産減に対して、目標通りCO2排出量原単位を1%削減しました。今後もお客様の環境改善に貢献できる環境配慮製品の拡大と当工場の生産効率向上に努めます。

京田辺工場環境方針

私たちは、つばきグループの環境理念に基づき、地球環境の保全を経営の最重要課題の一つと位置づけ、パワートランスミッション機器とマテリアルハンドリングシステムの開発、設計、製造、販売及び、サービスの事業活動において、以下の方針により自主的に環境管理括動に取組みます。

1
汚染の予防と環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
2
関連する法規制・協定及び顧客要求等を順守します。
3
京田辺ユニットのために働く全ての人が環境方針の理解を深めると共に、環境保全の重要性を自覚して、その維持・向上に努めます。
4
下記項目を重点テーマにあげ、目的・目標を定めて、環境負荷の低減に継続的に取り組みます。
  1. 1) CO2排出量の削減
  2. 2) エコ商品の拡大
  3. 3) 省資源・再資源化活動

※この環境方針は、外部に開示します。

2016年4月1日 株式会社椿本チエイン
京田辺工場工場長

※京田辺ユニットとは、株式会社椿本チエイン京田辺工場、大阪支社、名古屋支社、
株式会社椿本カスタムチエンの総称

京田辺ユニット環境目標

項目 環境目標(長期) 環境目標(2016年度)
1 CO2の削減
CO2排出量を2020年までに2005年度比15%削減
前年度比1%の原単位CO2削減
2 省資源
ゼロエミッションの維持管理
再資源化率98%以上達成の方策案検討
3 エコ商品の拡大
エコ商品の開発/登録増加
3件の登録
4 環境保全
1) 排水、排気等、環境基準の順守
2) PRTR対象化学物質使用料量の削減
1) 監視・測定による順守継続
2) 代替方策の検討
5 EMSの維持
EMSの維持
EMSの教育継続

京田辺工場の活動実績

05年度 12年度 13年度 14年度 15年度 16年度
CO2排出量(トン/年) 20,884 16,936 17,292 18,258 17,808 17,501
指数 100 81 83 87 85 84
内訳
(トン/年)
電力 11,813 12,408 12,499 13,079 12,688 12,071
ブタンガス 89 62 48 54 62 65
都市ガス 8,982 4,465 4,744 5,125 5,058 5,365
CO2排出量原単位 1.058 1.055 1.072 1.062 1.022 1.013
指数 100 100 101 100 97 96
廃棄物量(トン/年) 788 592 636 596 667 667
指数 100 75 81 76 85 85
再資源化率(%) 65 96 96 96 96 99

京田辺工場の著しい環境側面

著しい環境側面とは、ISO14001(環境マネジメントシステムの国際規格)により定義されるもので、著しい環境影響を与えるか又は与える可能性があるものです。

著しい環境側面特定のプロセス

著しい環境側面特定のプロセス

京田辺工場の著しい環境側面情報

有害な影響を与える側面 有益な影響を与える側面
  • ・電力の使用
  • ・一般/産業廃棄物の排出
  • ・排気/排水
  • ・順法活動
  • ・省エネ設備の導入
  • ・生産ラインの見直し等による生産性向上活動
  • ・エコ商品の開発/拡販