会社情報

2018/9/10

スパイラル状の多段構造により省スペース化、高効率仕分けを実現

 

1.はじめに

 株式会社椿本チエイン(社長:大原 靖、本社:大阪市北区)は、チルトトレイ式仕分け装置「リニソート®」の新機種として、トレイをスパイラル状に配置することにより、省スペース化と高効率仕分けを実現した「リニソートS-C ∞」を開発しました。

 
スパイラル状に2段に配置されたトレイ

 「リニソート」は、当社独自開発の高効率リニアモータによる非接触駆動により、高性能仕分けと静かでクリーンな作業環境を実現した高速自動仕分け装置です。大量仕分けタイプから小型省スペースタイプまで、お客様の使用環境、搬送物に応じた自動仕分けをご提案してきました。
 新開発の「リニソートS-C ∞」は、「限られたスペースで人手で行っていた小物品の自動仕分け装置を」というニーズに基づき開発。「リニソートS-C(コンパクトタイプ)」(2016年発売)の1段式と2段式それぞれの長所を生かし、トレイをスパイラル状に配置して2段構造にしたことが特長です。これにより、仕分け間口(シュート)を2段に配置できるため、同じ仕分け方面数であれば、コンパクトタイプ1段式に比べ、約30%の省スペース化を実現できます。
 また、「リニソートS-C(コンパクトタイプ)」を2段式とした場合、作業者は上段下段を判断しながら商品投入する必要がありますが、「リニソートS-C ∞」は1ループで仕分け間口を2段構造とできるため、順番にトレイに商品を投入するだけで作業完了。シンプルで高効率な仕分け作業を実現します。

 当社は、この「リニソートS-C ∞」とロボット(㈱MUJIN製)の組み合わせによる、物流センターの庫内作業の無人化システム(商品投入から仕分け、出荷エリアへの搬送無人化)を提案。2018年9月11日から東京ビッグサイトで開催される「国際物流総合展」に出展いたします。
 ぜひ会場にて実機デモンストレーションをご覧ください。

 

2.「リニソートS-C ∞」の特長

  1. (1) 多段構造によるスペースの有効活用(3段、4段にも対応可能)

ソータのスパイラル状配置と、仕分け間口(シュート)の多段化対応により、省スペース化、高効率化を実現。3段、4段の増設も可能で、さらなるスペースの有効活用が図れます。
*同じ仕分け方面数であれば、コンパクトタイプ1段式に比べ、約30%の省スペース化を実現

  1. (2) 高い仕分け能力

仕分け能力は4000個/時。「リニソートS-C(コンパクトタイプ)」2段式で必要だった上段下段の投入判断が不要となるため、ミスのない高精度仕分けを実現します。

  1. (3) 静かな作業環境

リニアモータ採用により、静かでクリーンな作業環境を提供します。

  1. (4) 用途に合わせた機能拡張

ソータ用RFIDタグ自動読み取り装置「T-TRAYREADER」やトレイ上バーコードリーダの設置により、ワーク投入作業の効率化、設備費用のコストダウンが図れます。

  1. (5) 完全自動化(無人化)運転に対応

「リニソートS-C ∞」とロボットの組み合わせにより、商品投入から出荷エリア(梱包・出荷)までの完全自動化(無人化)にも対応できます。

 

3.用途

日用雑貨、化粧品、衣料品などの仕分け

 

4.基本機器構成(当社標準レイアウト・構成)

  リニソートS-C ∞ リニソートS-C
コンパクトタイプ 500mm
ピッチ1段式
リニソートS-C
コンパクトタイプ 500mm
ピッチ2段式
仕分け能力 4000個/時 2400個/時 4800個/時
トレイピッチ 600 mm 500 mm 500 mm
搬送物サイズ 最大L450mm×W350mm×H150mm 最小L100mm×W100mm×H10mm
搬送物重量 0.1~2.0 kg/個
シュート数 100シュート 50シュート 100シュート

 

 

参考 : 物流センター庫内業務 無人化システム(イメージ図)

 

 

■本件についてのお問い合わせ先
コーポレートコミュニケーション部 広報課
TEL 06-6441-0054 FAX 06-6441-0203
E-mail : pr-sec@gr.tsubakimoto.co.jp

■お客様からのお問い合わせ先
マテハン企画管理部(担当:工藤・安藤)
TEL 042-973-1142