会社情報

2018/7/10

 株式会社椿本チエイン(社長:大原 靖、本社:大阪市北区)は、埼玉工場(埼玉県飯能市新光20)にマテハン新工場を建設、2018年6月より生産開始しました。

 

 当社では、旧マテハン工場(1962年竣工)の老朽化と商品構成の変化に対応するため、埼玉工場内に新工場建設を計画。マテハン新工場は、「魅せる開発工場」をコンセプトに、マテハン事業のマザー工場としての機能充実、新商品・新技術開発機能の拡充を図るとともに、お客様に商品を直接見て評価いただける展示場併設工場として4月18日に竣工、設備移転を経て6月より稼働開始しました。
 なお、旧マテハン工場は解体の後、自動車部品の新工場棟建設が決まっております。

 

(1)マテハン新工場の特徴

 加工、組立、開発、試運転エリア、クリーンルームに加えて展示場「M.LABO」を併設。商品と製造現場を「魅せる工場」として各エリアを整備しました。

  1. ① 新商品・新技術開発に特化

新商品開発のスピードアップと品質向上、コスト低減をねらいに、開発設計から製造まで自社工場での一貫体制を構築しました。

  1. ② モノづくり工房、メンテ工房を併設

組立・メンテナンス作業の技能伝承・向上をねらいに、モノづくり工房、メンテ工房を設置。多能工化による品質向上、お客様満足度向上を目指しています。

  1. ③ 安全で快適な環境対応型工場

製造設備に加え、屋上緑化、太陽光発電、照明LED、省エネ空調など、環境対応型のインフラ設備を採用。CO2 排出量半減を目指しています。

  

 

(2)マテハン展示場「M.LABO」について

 お客様に実際の商品とその機能を確認いただける場として、マテハン新工場内に常設展示場「M.LABO」を新設しました。
 随時商品を入れ替え、最新のマテハン商品をご紹介します。

展示場全景
  1. 【物流業界向け】

運輸業界、卸・小売業の配送センター向けの高能力ソーター「リニソート」、RFID認識装置「T-TRAYREADER」など。

  1. 【自動車業界向け】

自動車生産工場の塗装ライン、組立ライン、車体工場向け設備

  1. 【ライフサイエンス分野向け】

-150℃対応の自動保管庫「ラボストッカ」など。

  1. 【新聞業界向け】

1トン以上ある巻取紙の搬送・保管を自動化するマテハン設備など。

  1. 【生産工程、金融業界、エンターテイメント業界向け】

IT業界から食品工場までさまざまな用途に対応できる天井走行台車「オートランバンガード」、債権書類保管用RFID読取装置、高揚程の「ジップチェーンリフタ」など。

  
物流業界向け高能力ソーター   自動車業界向け搬送システム

 

■マテハン新工場概要

  1. 1.所在地

埼玉県飯能市新光20 (株)椿本チエイン 埼玉工場内

  1. 2.建築面積

7,672㎡

  1. 3.延床面積

8,974㎡(3階建)

  1. 4.工事期間

2017年6月13日着工、2018年4月18日竣工

  1. 5.生産開始

2018年6月

 

■本件についてのお問い合わせ先
コーポレートコミュニケーション部 広報課
TEL 06-6441-0054 FAX 06-6441-0203
E-mail : pr-sec@gr.tsubakimoto.co.jp

■商品についてのお問合わせ先
マテハン企画課(担当:工藤・安藤)
TEL 042-973-1142
E-mail : expo-ml.matehan@gr.tsubakimoto.co.jp