会社情報

2018/5/10

1.はじめに

 株式会社椿本チエイン(社長:大原 靖、本社:大阪市北区)は、ソータ用RFID読取装置「T-TRAYREADER」を開発し、株式会社アサヒ・リンク 岐阜LCセンター様に納入しました。

 物流の現場では、人手不足を背景に、入荷・出荷、在庫など複数の情報を一挙に取得できるRFIDタグを活用した省人化、合理化ニーズが高まっています。一方、当社のトレー式仕分け機「リニソート」は高速仕分けを特長としており、最高速度96m/分で通過するトレー上のRFIDタグの情報を正確に読み取るには電波の反射、拡散など多くの技術的課題をクリアする必要がありました。今回、ソータ用のRFID読み取り装置として開発したのが「T-TRAYREADER」です。
 従来、「リニソート」では、ワーク投入口で商品情報を入力し、空いたトレーに商品を載せることで仕分けを行っていました。ワークの投入作業は、作業者が個々のワーク(搬送物)に付属するバーコードをスキャナで1点ずつ読み取ることで商品情報を入力していました。
 新商品「T-TRAYREADER」では、RFIDタグのついたワークをトレーに載せるだけで作業は完了。ソータ上の読み取り装置を通過する際にRFIDタグのデータを自動で読み取り(写真①)、商品情報入力と仕分けを行なうことを可能にしました (写真②)。
 「T-TRAYREADER」導入により、作業を簡素化するとともに、ワークの投入効率・仕分け精度の飛躍的向上を実現いたします。

  
写真① 「T-TRAYREADER」が商品のRFIDタグ情報を自動読み取り   写真② 読み取り情報に基づき、 指定シュートに商品を仕分ける

 

 

2.「T-TRAYREADER」の特長

  1. (1) 投入効率向上

従来のバーコード読取方式では、1つ1つのワーク(搬送物)に対し、「バーコードを探す」「バーコードの向きを合わせる」などの作業が必要でした。一方、RFIDタグの場合、ワークをトレー上に投入するだけで作業が完了。バーコード読取方式に比較して、2倍以上の投入効率向上を実現します。

  1. (2) 仕分け精度向上

ソータに投入された搬送物の情報は、リニソート本体上に設置した「T-TRAYREADER」が自動読み取りしていきます。誤ってトレーに複数のワークを載せた場合は、複数個のデータを読み取ったものとしてエラー認識し、あらかじめ指定されたエラー用仕分口に排出するため、誤認識も防止することができます。

  1. (3) 確実な読み取り

RFIDタグを読み取る「T-TRAYREADER」内には、左右および上面に計4枚のアンテナを埋め込んでおり、高速で通過するワークのRFIDタグ情報を確実に読み取ります。また、装置の近くに静止状態のRFIDタグがあった場合は電波の強度変化で判断し、読み取っても無視する仕組みになっています。
このドーム空間の中で万遍なく電波が照射できる環境を作ることで、RFIDタグの間隔が300mmあれば、その位置を把握し正確に読み取れるようになりました。

  1. (4) 既設のソータにも設置可能

現在、バーコードリーダで読み取りを行っている当社既設のソータにも「T-TRAYREADER」を追加設置が可能です。いつでもRFID自動読取対応を実現できます。

 

 

3.仕様

  1. (1) 装置サイズ

L:1400 mm、W:900 mm、H:650 mm(トレー面から最頂部)

  1. (2) RFIDタグ最小タグ間隔

300 mm

  1. (3) トレー設置ピッチ

500 mm ~ 800 mm

  1. (4) 読取対象商品最大サイズ

L:600 mm、W:500 mm、H:300 mm (トレーピッチ720 の場合)

  1. (5) 最大ソータ速度

96 m/分

 

■本件についてのお問い合わせ先
コーポレートコミュニケーション部 広報課
TEL 06-6441-0054 FAX 06-6441-0203
E-mail : pr-sec@gr.tsubakimoto.co.jp

■お客様からのお問い合わせ先(マテハン事業部 流通ビジネス部 流通SE課)
お客様お問い合せ窓口
TEL 03-6703-8402