会社情報

グローバルトップ企業を目指して

 2017年4月1日、椿本チエインは、おかげさまで創業100周年を迎えることができました。これまで当社グループを支えていただいたお客様をはじめ、すべてのステークホルダーの皆様に心よりお礼申し上げます。

 1917年に自転車用チェーンの製造で創業した当社は、機械工業の発展を見越して産業用チェーンの製造へとシフト。以来、チェーンの技術を進化させ、機械部品から自動化システムへと事業領域を拡大し、グローバルにビジネスを展開してまいりました。

 そして、創業100周年を機に私たちつばきグループは、新しい企業理念「TSUBAKI SPIRIT」を制定いたしました。これは、次の100年に向けて、私たちのあるべき姿、目指すべきものは何かを一から見直し、明文化したものです。

 中でも特に大切にしている想いが、「モノづくりにこだわり、モノづくりの先を行く」こと。今後、どれだけ時代が移り変わろうと社会の中では様々なモノが動き続けます。私たちは、「動かす」ことに進化をもたらす企業を目指し、技術を磨き、革新的なアイデアでお客様の期待に応えていきたい。さらに、その期待を超えた一歩先の提案ができる、アクティブで社会から必要とされる企業であり続けたいと考えています。

 つばきグループは、「安全、品質、コンプライアンス」を最優先に、社員一人ひとりがイキイキと働ける会社、やりがいや働きがいを感じられる会社を目指すとともに、創業当時から受け継がれてきた「チャレンジ精神」を発揮して、地球環境保全、社会の発展に貢献し続けてまいります。

2017年4月

 会長・社長_Photo  
 代表取締役社長兼COO 大原 靖   代表取締役会長兼CEO 長 勇  

*「長期ビジョン2020」「中期経営計画2020」はこちらから