サポート・お問い合わせ

Q駆動用チェーン
13.チェーンの騒音の対策は?

A チェーンがスプロケットに噛合う際、かならず騒音を発生します。
その発生箇所は、以下の通りです。

<発生箇所>
1. (チェーンの)ローラがスプロケット歯底に衝突する際に発生する衝突音。
2. ローラとブシュ間には隙間があり、ローラが弾性振動し発する騒音。
3. 外リンクと内リンクの衝突音。
4. スプロケットの振動による騒音。
5. 各部隙間にはさまれた流体(一般には空気や潤滑油)の排出音。
<対 策>
A. 衝突エネルギーを減少させる。
 
チェーン速度を落とす。
スプロケット歯数を大きくする。
小サイズのチェーンを用い、質量を減少させる。
B. 衝突部に緩衝効果を持たせる。
 
スプロケット歯底、チェーンの各部の隙間(プレート間、ピン-ブシュ間、ブシュ-ローラ間)に給油する
エンプラ製ローラを使用する。 (伝動能力は低下します)
スプリングローラを使用した、低騒音ドライブチェーンを使用する。
RSローラチェーン(プレ給油品)に比べ、6~8dB低騒音化が図れます。(当社実験値比)

お問い合わせ