サポート・お問い合わせ

Q駆動用チェーン
10.チェーンの摩耗寿命限界とは?

A
(1) 図RSローラチェーンの場合
チェーンがスプロケット上で屈曲する際、ピンとブシュが摺動し、少しずつピン外周とブシュ内周の摩耗が進行します。 これがチェーンの摩耗伸びとなります。
チェーンの摩耗伸びが進行すると、チェーンがスプロケット歯の山に登っていくようになり、ついには歯飛びを起こし、噛合い不能になります。

【歯飛びを起こす限界チェーン伸び率】
歯飛びを起こす限界チェーン伸び率は、スプロケット歯数に応じて異なります。 歯数が小さくなると、計算上、限界伸び率は大きくなりますが、実用上振動が大きくなったり強度低下するなど弊害が多いため、歯数60枚以下では限界を1.5%としています。
 
大スプロケット歯数 チェーンの使用限界(伸び率)
60枚以下 1.5%
61~80 1.2%
81~100 1.0%
101~110 0.8%

(2)

ラムダチェーンの場合
ラムダチェーン及び長寿命ラムダチェーンは、0.5%位が寿命の目安となります。
RSローラチェーンとは異なり、無給油で使用されるため、含油焼結ブシュの油切れが発生した時点が取替え時期となります。この油切れが発生する時期が 伸び量でいうと0.5%位となります。 油切れになると、プレート間に赤い摩耗粉が付き、屈曲不良も発生しだしますので、これを目安に取替えてください。

【摩耗伸び率の算出方法】
チェーン伸び率=(判定寸法 - 基準長さ)/基準長さ × 100(%)
基準長さ=チェーンピッチ × リンク数
 
 図  図

チェーンの摩耗伸び限界が一目で確認できる「つばきチェーン摩耗測定スケール」もございます。

お問い合わせ