• HOME>
  • 製品情報>
  • ショックモニタ® TSM4000 ケース形状変更のお知らせ

製品情報

ショックモニタ® TSM4000 ケース形状変更のお知らせ

TSM4000シリーズ ケース形状変更

ショックモニタTSM4000シリーズのケースにつきまして、本体部とソケット部の勘合力強化のため、形状を変更いたします。

仕様変更機種
ショックモニタ TSM4000シリーズ 全機種 (特形品を含む)
仕様変更時期
2014年7月下旬出荷分より、順次切り替えとなります。
仕様変更内容
ケース側面にガイド用スリットを追加。これにより、垂直下方向に対する強度が大幅にアップし、本体部がソケット部から脱落しにくくなります。 (※下図参照)

現行品

TSM4000現行品ケース

新仕様

TSM4000新仕様ケース

従来品との互換性について

ケースの外形寸法は変更ありませんので、従来品との互換性はありますが、本体部とソケット部の組合せによっては取付けできない場合があります。

組合せ 従来品ソケット 新仕様ソケット
従来品ケース 取付可能 不可 *1
新仕様ケース 取付可能 *2 取付可能
  • 1. 新仕様の端子台にスリットのガイドがあるため、取付できません。
  • 2. ただし、勘合力は従来品同士の組合せと同等になります。