製品情報

低騒音チェーン 特長

チェーン用ローラに、つばきの独自構造のスプリングローラを採用しました。
チェーンがスプロケットに噛み込んだ時、スプリングローラが変形し、スプロケットとの衝突エネルギーを吸収します。これにより、 チェーンとスプロケットの衝突音を緩和し低騒音化を実現します。

低騒音化の提案

低騒音化の提案
  • 工場内の低騒音化を実現し、作業環境の改善を手助けします。
  • 製作される機械・装置に低騒音機能を付加し、グレードアップとイメージアップに貢献します。
  • 低騒音を目的にベルトを検討したが、強度・使用方法・コスト面などで制限を受け使用できない場合の対策となります。
  • 舞台など音響を重視される場所での雑音の発生を抑制します。

標準RS ® ローラチェーンと低騒音チェーンの騒音レベルテスト

標準RSローラチェーン(プレ給油品)に比べ、6~8dB低騒音化が図れます。(当社実験値比)

テスト条件
チェーン張力: 3.92kN
給油: プレ給油のみ(出荷時の状態)
測定位置: 駆動スプロケットから300mmの位置
テストチェーン
RS50-SNS-1(低騒音チェーン)
RS50-1(標準RSローラチェーン)
標準RSローラチェーンと低騒音チェーンの騒音レベルテスト

互換性

寸法的に標準RSローラチェーンと互換性があります。
※伝動能力には制限がありますので、伝動能力表でチェックしてください。