製品情報 一般産業用部品

  • プラスチックモジュラーチェーン

WT1515-W/WT1516-W形

チェーンピッチ15mmタイプ。

飲料業界での容器搬送、機械部品などの搬送に最適です。

オープンタイプWT1516-W新発売 (2018年1月)

  • WT1515-W: クローズタイプ
    蛇行防止アタッチメント無し
  • WT1515G-W: クローズタイプ
    蛇行防止アタッチメント付
  • WT1516-W: オープンタイプ
    蛇行防止アタッチメント無し
WT1515シリーズ
スプロケットへ アイドラスプロケットへ アクセサリへ 2DCAD

1. 特長

オープンタイプを新たにラインアップ
クローズタイプに加え、オープンタイプWT1516-Wを新ラインアップしました。チェーンに配置された多数の穴から、上面に残る余分な潤滑剤や水・油の除去が可能です。プラスチックモジュラーチェーンオープンタイプは強度の低下がありません。
チェーン幅 50mm, 100mm
50mm幅単位 (標準編成) でチェーン幅を選択できます。
ベルトコンベヤと同様の50mm幅、100mm幅にも対応できるので、ベルトコンベヤからの置換に対応しやすくなりました。
デットプレートレス (直行レイアウト)
直行レイアウトでは、デットプレートレスを実現。曲線ベルト使用した場合と比べスペース、モータ数の削減、曲線コンベヤの前後の乗移り調整 (高低差) が不要になります。

プラスチックモジュラーチェーン

モータ2個/乗移り調整: 1ヵ所

ベルトコンベヤ 例1

モータ3個/乗移り調整: 2ヵ所

ベルトコンベヤ 例2

モータ2個/乗移り調整: 高低差あり

: 乗移り調整箇所

2. ラインアップ

オープンタイプ
蛇行防止アタッチメント無し
クローズタイプ
蛇行防止アタッチメント無し
クローズタイプ
蛇行防止アタッチメント付
WT1516-W写真 WT1515-W写真 WT1515G-W写真
寸法・スペックを見る 寸法・スペックを見る 寸法・スペックを見る

3. WT1515-W 形番表示例

WT 15 15 G - W100 - ALF + 80 L
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
  1. (1) 形式
  2. (2) チェーンピッチ: 15 = 15mm
  3. (3) リンク形状: 5 = クローズタイプ
  4. (4) 蛇行防止アタッチメント: 無記号 = 蛇行防止アタッチメント無し, G = 蛇行防止アタッチメント
  5. (5) チェーン幅: 50 = 50mm, 100 = 100mm
  6. (6) 仕様記号: LFG = 低摩擦・耐摩耗仕様, ALF = 超低摩擦・耐摩耗仕様
  7. (7) リンク数: 最小数 = 2, 最大数 = 99999
  8. (8) 単位 : L = リンク

チェーン幅は50mm単位が標準編成です。チェーン幅1000mm以上のチェーンも製作いたします。当社までお問い合わせ下さい。

仕様の対応可否については「寸法・スペック」もしくは「トップチェーンカタログ」の商品頁にてご確認ください。

*各仕様についての詳細はこちらから

4. WT1516-W 形番表示例

WT 15 16 - W100 - ALF + 80 L
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
  1. (1) 形式
  2. (2) チェーンピッチ: 15 = 15mm
  3. (3) リンク形状: 6 = オープンタイプ
  4. (4) チェーン幅: 150 = 150mm
  5. (5) 仕様記号: LFG = 低摩擦・耐摩耗仕様, ALF = 超低摩擦・耐摩耗仕様
  6. (6) リンク数: 最小数 = 2, 最大数 = 99999
  7. (7) 単位 : L = リンク

チェーン幅は50mm単位が標準編成です。チェーン幅1000mm以上のチェーンも製作いたします。当社までお問い合わせ下さい。

仕様の対応可否については「寸法・スペック」もしくは「トップチェーンカタログ」の商品頁にてご確認ください。

*各仕様についての詳細はこちらから

5. メーカー希望小売価格

メーカー希望小売価格は当社までお問い合わせください。

ULF仕様からALF仕様へ統合のお知らせ

  • 2017年4月受注分より、プラトップチェーンのULF仕様をALF仕様に統合します。
  • 2017年6月受注分より、プラスチックモジュラーチェーン及びプラブロックチェーンのULF仕様をALF仕様に統合します。
  • 統合後、ULF仕様については当社までお問い合わせください。
  • ALF仕様 (超低摩擦・耐摩耗仕様) は従来のULF仕様と同等の超低摩擦係数を保持しながら、無潤滑条件下での走行レール (超高分子量ポリエチレン) との摺動摩耗粉の発生量を大幅に低減できます。