ジップマスタ® アプリケーション (使用事例集) ジップマスタについてさらに詳しく

ジップマスタは2台、4台の複数連動運転が可能なため、自動車製造でのフレーム昇降や車体昇降など、さまざまな使い方が可能です。

パーツボックスの昇降 - 位置決め -

製品を載せたローラコンベヤを昇降する装置での使用例

ジップマスタなら多段の位置決めを、高速・高頻度・高精度で実現可能です。

  • 積載質量: 300kg
  • 移動ストローク: 2000mm
  • 昇降速度: 500mm/s
ここがポイント!
  • 置きポン形のジップマスタなら、工事期間の短縮が可能です。
  • 駆動部分がフロアの近くにありながら、省スペースでの設置が可能です。

パーツボックスの昇降

フレーム昇降 - ジップマスタ複数運転 -

塗装ブースにフレームを供給する装置での使用例

ジップマスタを2台使うことで、大きなオーバハングロードによるアーム先端の沈みを防ぎ、スムーズな乗り移りが可能です。

  • 積載質量: 200kg
  • 移動ストローク: 2300mm
  • 昇降速度: 500mm/s
ここがポイント!
  • ワークが大きく、オーバハングロードが大きい場合はジップマスタ2台での同期運転が可能です。
  • ジップマスタを機械連動仕様とすることで、1台のモータで2台の同期運転が可能です。

フレーム昇降

車体昇降 - ジップマスタ複数運転 -

自動車の車体高さ調整用に4台のジップマスタを同期運転

ジップマスタ4台それぞれを個別に動作させることで、自在な高さの調整が可能になります。

  • 積載質量: 1200kg (4台使用時)
  • 移動ストローク: 3000mm
  • 昇降速度: 500mm/s
ここがポイント!
  • ジップマスタの4台連動運転で、大きなサイズのワークを精度良く昇降させることができます。

車体昇降

塗料容器の昇降 - 長ストローク -

塗料を2階へ搬送させる高揚程のリフタ

大きなオーバハングロードがかかる場合でも、2台のジップマスタで連動運転が可能です。

  • 積載質量: 1000kg
  • 移動ストローク: 4500mm *特形対応
  • 昇降速度: 200mm/s
ここがポイント!
  • ジップマスタを横に並べることで、モータも同じ向きに並び、点検がしやすくなります。
  • 特形対応の最大ストロークは4mですが、ご相談によりそれ以上でも対応します。

塗料容器の昇降

ケース段積昇降 - 高頻度 -

コンベヤで搬送されたケースを積み上げる装置での使用例

高頻度の動きが要求される場合でも、ジップマスタなら対応可能です。

  • 積載質量: 200kg
  • 移動ストローク: 2000mm
  • 昇降速度: 600mm/s
ここがポイント!
  • ジップチェーンは連続運転が可能なため、駆動部を起動頻度に応じたものにカスタマイズすることで、さらなる高頻度運転が可能です。
  • 許容OHLはワーク取付面円周範囲内で有効。あらゆる重心位置で対応可能です。

ケース段積昇降

自動車ボデー昇降 - 高負荷 -

ポスト式ドロップリフタでの使用例

自動車の塗装や組立工程でボデーを搬送する、ポスト式ドロップリフタリフタでの使用例です。

  • 積載質量: 1500kg
  • 移動ストローク: 4000mm
  • 昇降速度: 300mm/s
ここがポイント!
  • ジップマスタ標準仕様の定格荷重を超える高負荷条件でも、ご使用条件に合わせて対応します。当社までお問い合わせください。

自動車ボデー昇降

ジップマスタに関するお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ

Webお問い合わせフォームへ

お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL: 0120-251-602
  • FAX: 0120-251-603
ページトップへ