株主・投資家情報

1) 情報開示基本方針

当社は、法令、企業倫理を順守するとともに、株主や投資家をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様に、適時、正確かつ公平で積極的な情報開示を継続的に行うことを基本方針とします。

2) 情報開示基準

当社は、法令および東京証券取引所の定める適時開示規則(以下、「適時開示規則」)に該当する情報を速やかに開示するほか、法令および適時開示規則に該当しない場合であっても、株主や投資家をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様に有用であると当社が判断した情報については、積極的な情報開示に努めます。

3) 情報開示方法

法令および適時開示規則に該当する情報は、それらが定める情報開示システムにて公開した後速やかに当社Webサイト上に掲載します。また、上記に該当しない場合であっても、株主や投資家をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様に有用であると当社が判断した情報については、当社Webサイトなどを通じて正確かつ公平に開示します。

4) 情報開示の公平性

当社は、投資判断に重要な影響を及ぼす未公表の重要情報の適切な管理ならびに公平な情報開示に努めておりますが、特定の取引関係者のみに未公表の重要情報が伝わった場合は、フェア・ディスクロージャー・ルールに準拠した対応を実施します。

5) 将来の見通しに関する考え方

当社が、業績予想および将来の見通しに関する情報を開示する際は、それらを開示する時点で当社が入手している情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいています。したがって、実際の業績はさまざまな要因により、これらの見通しと異なる結果になる可能性がある旨、注意喚起をしたうえで開示します。また、当社が開示した業績予想および将来の見通しに関する情報に変化が生じる場合には、適時開示規則に則り、必要な情報を開示します。

6) 沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するために、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とします。この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとします。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い迅速な開示を行います。