環境・社会活動

地球温暖化による気候変動が進む中、CO2など温室効果ガスの削減が地球規模の課題となっています。つばきグループでは、事業活動による環境影響を低減するため、長期目標「国内において、2030年度までに、CO2総排出量を30%削減する(基準年度2013年度)」の下、環境自主行動計画に基づく具体的取り組みを推進しています。
当社のモノづくりで使用されるエネルギーの多くは、チェーン部品製造時の鋼材の熱処理プロセスに集中しています。そこで当社では、省エネ型熱処理炉の導入、エネルギー効率の向上を図るとともに、重油から都市ガスへの燃料転換、主要工場の断熱塗装、太陽光発電などの再生可能エネルギーの利用、LED照明の採用など、様々なCO2削減対策を実施しています。

CO2排出量の削減

2018年度におけるつばきグループのCO2総排出量は以下のとおりとなりました。
国内においては、生産拡大が続く中で、グループ各社で作成したCO2削減のための長期計画「CO2削減ロードマップ2030」を展開し、前年度比3.7%のCO2排出量が削減できました。
海外は北米、欧州、アジアの主要生産拠点14事業所について2017年度からのデータを掲載しました。

CO2総排出量
CO2総排出量

事業拠点におけるCO2削減の取り組み

新テンショナー工場における省エネ(埼玉工場)

新テンショナー工場新テンショナー工場の太陽光発電システム

埼玉工場で自動車部品製造を行なう新たな工場棟「新テンショナー工場棟」が2019年7月竣工。屋上には太陽光発電システム1メガワットを設置し、年間約95万kWhを 見込んでいます。またこのメガソーラー以外にもLED照明、省エネ空調、屋上緑化や更にこの工場の地下に自然災害に対する備えとして約700トンの雨水貯蔵槽も設置しています。

工場空調・生産冷水システム改修による省エネ(京田辺工場)

新空調用チラー工場屋上の新空調用チラー

京田辺工場では、工場空調・生産冷水システムの改修を2017年度より実施し、2018年12月に完了しました。工場空調や生産冷水は更新した高効率チラー、ガス吸収式冷凍機にて供給し、最適・適正運用によりエネルギー効率を高め、年間900トンのCO2排出量削減を実現しました。さらに、従来の空調蓄熱制御システムも改修し、空調のピーク負荷熱量に対して緻密な放熱制御を行い、ピーク電力を抑制しています。なお、旧システムのコジェネシステムは非常用発電機として運用し、有事の際に活用します。

11年間で27,253本のマングローブを植樹(タイ)

マングローブ植樹従業員ボランティアによるマングローブの植樹

2008年にスタートした、TATのマングローブの植樹活動。毎年従業員がボランティア参加し、11年間で計27,253本の植樹を行いました。これは、二酸化炭素340.56トン分の削減効果に当たり、地道な継続活動が地球温暖化対策に貢献しています。なお、2019年は2,700本の植樹を行う予定です。

ガス発電による省エネ(岡山工場)

ガス発電による熱供給システムガス発電による熱供給システム

岡山工場では、液化天然ガス(LNG)を使用したガスエンジンコジェネ(815kW)の導入によるガス発電を実施しています。さらに、廃熱回収型吸収冷凍機(ジェネリンク)の導入により、発電時に発生する廃熱蒸気を工場の冷房に、また廃熱温水を暖房・給湯に使用する新しい熱供給システムを構築し、2019年1月より本格的な稼働を開始しました。これにより、大きな省エネ・省CO2(概算CO2排出削減量:677t-CO2/年)効果を上げることが可能になります。

CO2削減の計画と状況