環境・社会活動

つばきグループでは、環境保全活動で得られた経済効果・環境保全効果を、そのコストとともに環境会計によって定量的に把握し、活動実態の分析および継続的改善に役立てています。ここでは主なデータをまとめています。

2016年度環境会計

環境会計

2016年度は高効率熱処理炉、省エネ型機器の導入などの省エネ投資が増加しました。またユーティティ設備の運用改善や生産性向上活動に関わる費用面は前年度並みとなりました。
つばきグループでは、この環境会計システムによって、環境保全のためのコストとその活動によって得られた経済効果及び環境保全効果を分析し、今後の活動に生かすとともに情報開示を行っていきます。

環境保全コスト

(単位:千円)
分類 主な取り組みの内容 投資額 費用額
(1)事業エリア内コスト 358,196 440,794
内訳 (1)-1 公害防止コスト 大気汚染防止設備、廃水処理設備の導入・運転管理 37,838 133,737
(1)-2 地球環境保全コスト 電力管理システムの導入・運転管理 320,358 158,996
(1)-3 資源循環コスト 廃棄物処理・リサイクル費用、産業廃棄物置場の改善 0 148,062
(2)上・下流コスト 環境影響物質などの委託分析費 598 181
(3)管理活動コスト EMSの構築・運用、事業所内緑化維持、大気・水質測定器の設置 113 244,670
(4)研究開発コスト 環境配慮製品の研究開発(製品使用時における環境負荷低減) 2,128 126,591
(5)社会活動コスト 地域の環境活動 0 1,277
(6)環境損傷対応コスト 地下水浄化対策など 0 0
合計 361,035 813,513

環境保全効果

環境保全効果の分類 環境パフォーマンス指標(単位) 2015年度 2016年度 基準期間との差
(環境保全効果)
事業活動から排出する環境負荷および
廃棄物に関する保全効果
CO2排出量(t-CO2) 57,622 58,040 418t-CO2
廃棄物排出量(t) 5,779 6,617 838t増
事業活動に投入する資源に関する
環境保全効果
用水(千m3 457 449 8千m3

環境保全に伴う経済効果

2016年度有価物売却益

単位:千円
京田辺工場 埼玉工場 7グループ会社 合計
抜きカス売却益 60,658 105,086 16,521 182,264
ダライ粉(鉄くず)売却益 762 14,530 5,462 20,753
長尺くず売却益 5,513 0 5,195 10,707
ステンレスくず売却益 4,252 0 6,673 10,925
電線くず売却益 168 2,452 2,874 5,494
アルミくず売却益 1,165 1,982 461 3,607
部品くず売却益 7,391 3,007 3,110 13,508
加工くず売却益 0 683 168 852
バナジウム売却益 0 392 0 392
廃プラスチック売却益 266 1,443 28 1,736
廃油売却益 0 535 187 722
その他 0 471 0 471
合計 80,175 130,580 40,678 251,432