会社情報

2010/01/15

 株式会社椿本チエイン(本社・大阪市、社長:長 勇)は、プラスチック部品のみで構成された搬送用のベルトップチェーンに、フリーザなどの低温環境(-70℃まで)でも使用可能な「フリーザシリーズ」を追加、「つばきベルトップチェーン フリーザシリーズ」として新発売します。
つばきベルトップチェーン「フリーザシリーズ」
 一般に、冷凍食品工場やアイスクリーム工場などのフリーザ(冷凍庫)内での搬送には、金属ネットコンベヤが多く採用されています。低温には強い反面、これが破損した場合、取替え等復旧作業に多大な時間が掛かり、作業効率の低下を招くという問題点がありました。一方、ベルトップチェーンは、ベルト状のワイドな搬送面とレンガ状に組み合わせたモジュール構造によりメンテナンス性に優れている点が特長です。
 そこで、ベルトップチェーンに、-70℃までの低温環境下でも使用できる「フリーザシリーズ」を追加。これまで使用できなかったフリーザ内でも、軽量で取り扱いやすく、万一破損した場合も、メンテナンス時間を大幅短縮できるベルトップチェーンを採用いただけるようになりました。 単身世帯の増加や女性の社会進出などを背景に、日本の「食」のあり方が大きく変わる中、フリーザシリーズの投入により、需要が拡大する調理済み冷凍食品工場などでの需要拡大を図ります。

特長
(1)-70℃まで使用可能
   汎用プラスチックチェーンは、低温脆性*により-20℃の環境までしか使用できません。
   「フリーザシリーズ」は-70℃までの低温環境下でも使用可能で、
   かつチェーンとしての機能を発揮する材料を採用しています。
   *低温にさらされると脆(もろ)くなる性質のこと

(2)メンテナンスが簡単
   金属ネットコンベヤは万一破損した場合、金属ネット全体を取り替える必要があります。
   ベルトップチェーンは、破損部分のみを分解・交換できるモジュール構造のため、
   突発での破損でも安価にかつ短時間で復旧が可能となります。(下記参照)

(3)軽量で取り扱いやすい、オールプラスチック製
   プラスチックチェーンは金属ネットと比べると軽量のため、取り扱いやすさが特長。
   また、モータの所要動力も低減できるため、消費電力や環境負荷の低減に貢献します。(下記参照)

(4)ワイドな面搬送
   ベルトップチェーンは、部品をレンガ状に組み合わせることで、
   ベルトのような面搬送を可能にしました。大量の搬送物を連続搬送するラインに最適です。

用途
  ・惣菜、アイスクリームなど冷凍食品などの搬送

販売品種 ベルトップチェーン 3タイプ(BTC6、BTN6、BTC8)

価 格  都度見積 (参考 : BTC8タイプ 11万円/m²)

納 期  受注生産品

発売日  2010年1月15日

販売計画  初年度(2010年度) 1,800万円/年
        3年後(2013年度) 2,500万円/年

参 考  ベルトップチェーンのモジュール構造とメンテナンス性
プラスチック部品のみで構成されたベルトップチェーンは、チェーンの端部に挿入されているスナップアタッチメントをドライバーなどで取外し、連結しているピンを押し出すだけで簡単にチェーンを分解することができます。
分解後は、破損部分を交換するだけで補修作業は完了。突発の破損でも短時間で復旧が可能となります。