椿本メイフラン株式会社

■ 環境基本方針

椿本メイフラン株式会社は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題のひとつであることを認識し、「あらゆる事業活動において環境に配慮し、豊かな明日の創造に寄与する」ことを目指します。

1 事業活動、製品、サービスがかかわる環境側面を常に認識し、環境目的及び目標を設定し、それを見直す手順を定め、地球環境保全の視点から継続的に環境負荷の低減に取り組みます。
 
2 環境配慮製品を積極的に販売することにより、間接的に顧客の環境負荷を低減することを当社のサービスと定義します。
 
3 環境保全のための組織を整備し、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
 
4 環境関連の法規、規制、協定を遵守します。
 
5 環境教育、社内広報活動などを通じて、全従業員の環境基本方針の理解と、地球環境保全に対する意識の向上を図ります。
 
6 この環境方針は社内外に公表します。
 
■ 行動指針

1) 大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音の発生、振動の発生等の環境影響を予防します。
2) 電力、燃料などの使用量を減らし、エネルギー資源の枯渇を防止します。
3) 鋼材、用紙などの使用量を減らし、天然資源の枯渇を防止します。
4) 産業廃棄物と一般廃棄物の排出量を減らします。
5) 環境保全に努力する取引先との連携を強めて、グリーン調達による有害物質の低減を促進し、間接的な環境影響を減らします。
6) 新製品開発におけるエコ設計を推進し、顧客に省エネルギー、長寿命、省廃棄物を実現する製品を提供して、間接的な環境影響を減らします。

pdf 椿本メイフランの環境活動についてはこちらから


2016年7月1日 椿本メイフラン株式会社
代表取締役社長 境 直茂