• HOME>
  • 製品情報>
  • あらゆるニーズに応える、つばきの小形コンベヤチェーン

複合形チェーン

あらゆるニーズに応える、つばきの小形コンベヤチェーン

複合形チェーンとは?

複合形チェーンとは、お客様で取付ける治具とチェーンを一体化させたつばきの特殊アタッチメント付チェーンです。

治具(アタッチメント)を後付けするのではなく、あらかじめチェーンに組込んで製作します。

複合形チェーンの例CG

Before

複合形チェーンの例CG

After

レーザ加工で金型レス ... だから、少量ロットでも製作可能です

複合形チェーンの例CG

Before

複合形チェーンの例CG

After

治具を削り加工で製作し、チェーンに取付ける従来の方法と違い、複合形チェーンはアタッチメント自体をレーザ加工機で製作することが可能です。

複雑な金型を作成する必要がないため、少量ロットでのご注文にも対応可能です。試作案件などで金型費用を抑えて、比較的安価に特形チェーンをお届けできます。

治具製作・組付けの工数不要 ... だから、トータルコストダウン

複合形チェーンの例CG

Before

複合形チェーンの例CG

After

治具をチェーンに取付けて使用する場合、治具を板金加工などで製作し、ボルトナットでチェーンに取付けるといった工数が掛かります。

複合形チェーンは治具と一体化しているため、お客様での治具加工費用や組付け工数のトータルでコストダウンが可能です。

一体形だから溶接なし ... だから治具外れなし

複合形チェーンの例CG

Before

複合形チェーンの例CG

After

お客様にて小形コンベヤチェーンに治具を溶接して取付けると、治具が外れる恐れがあります。

溶接外れは補修が必要なだけではなく、食品加工機械であれば異物混入にもつながるため、溶接作業工数削減と異物混入対策をすることができます。溶接と比べて、治具の取付位置精度も向上します。

複合チェーン製作の手順例

つばき複合形チェーンはお客様のご要望に合わせ、以下の3パターンで製作可能です。

パターン1
お客様製作の治具をお預かりしてチェーンに取付ける
パターン2
治具とチェーンを合わせて製作し、チェーンに取付ける。
パターン3
治具とチェーンを一体化した形で製作する。

複合形チェーンを「工場設備・備品展」に出展します

2018年10月3日(水)~5日(金) インテックス大阪で開催される「関西 工場設備・備品展」につばきの複合形チェーンを出展します。一体形チェーンの事例を、従来のものと比較した形でご紹介していますので、ぜひ実物のチェーンをご覧ください。

複合形チェーンに関するお問合せはこちらから

メールでのお問合せ

Webお問合せフォームへ

お電話・FAXでのお問合せ

  • TEL: 0120-251-664
  • FAX: 0120-251-665
ページトップへ