機械式過負荷保護機器 形番変更・短納期品種拡大のご案内 Products Information

2018年4月2日から「トルクリミター」「ショックガード®」「トルクキーパー」の形番が変わります。

お客様のさらなるご要望に応えるべく新形番で「軸穴加工品短納サービス」を100万通りに拡大、価格も短納期品の価格で提供します。

サービス拡大内容

キー溝追加工品の短納期範囲を大幅に拡大
お客様での分解・組立作業がなくそのまま組込み可能です。

軸穴公差  最大9種類 

豊富な軸穴公差から選択できます。

[対応公差]
F7・G7・H7・JS7・P7・M7・N7・K7・R7

軸穴径  1mm単位 

特殊な軸径にも短納期で対応します。

キー溝公差  最大4種類 

[対応公差]
新JIS Js9・新JIS P9旧JIS E9・旧JIS F7

止めネジ位置  最大9種類 

ご希望の位置での締結が可能です。

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 止めねじ位置図解
  • D2 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

納期を大幅に短縮

お急ぎの場合でも安心
従来30日納期品が、最短5日対応 になりました。
  • シリーズ・サイズにより納期は異なります。
  • トルク設定時は最短7日納期となります。

バリュー価格でご提供

標準加工以外でのコストアップ無し
本ページ記載の追加工は全て同一価格 になりました。
  • TGF・TGK・TGEシリーズを除く

形番変更

トルク設定値は重力単位系からSI単位系の表示へ
トルク設定付きにてご納入する際の形番が従来の重力単位系(kgf・m)からSI単位系(N・m)へ変更 になります。

旧形番代替品検索サービスのご案内

旧形番の入力で新形番への置換をオンラインで行えるサービスを提供しています。※形番変更後は、各シリーズの製品詳細ページにもリンクを掲載しますので、ぜひご利用ください。

形番変更例

各シリーズの新旧形番変更比較を掲載しています。

トルクリミター TLシリーズ 形番変更例

TLシリーズ 形番変更詳細

単体タイプ

変更前

TL250 - 2 - 04022 - 20 J - 5
(1) (2) (3)
  • (1) 軸穴径 mm
  • (2) 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ1ヵ所)
  • (3) トルク設定値 kgf·m

変更後

TL 250 - 2 - 04022 - T H 20 J D1 - N49
シリーズ サイズ 皿バネ
枚数
スプロケット
形番
トルクリミター側 軸穴径
公差
軸穴径 キー溝
公差
止めねじ
位置
トルク
設定値

サイズ

  • 200
  • 250
  • 350
  • 500
  • 700
  • 10
  • 14
  • 20

皿バネ枚数

  • [TL200~TL700]
    1L, 1, 2
  • [TL10]
    16, 24
  • [TL14]
    10, 15
  • [TL20]
    6, 12

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • E: 旧JIS E9
  • F: 旧JIS F7

止めねじ位置
(調節ナット側から見た位置)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 (標準) 止めねじ位置図解
  • D2 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • TL200はD0、TL250~700はD1, D3, D4のみとなります。
  • スプロケットの適応サイズは過負荷保護機器・制御機器カタログを参照ください。
  • 変更後は単体タイプもトルクリミター側の記号「T」を表記します。
  • 上記組合せは3日・5日・6日納期一律価格になります
  • TL10・TL14・TL20は除く。
  • トルク設定時は+2日納期になります。
  • スプロケットサイズにより納期が異なる場合があります。

カップリングタイプ

変更前

TL250 - 2C - T 18 J X C 30 J - 5
(1) (2) (3) (1) (2) (3) (4)
  • (1) T: トルクリミター側、C: カップリング側
  • (2) 軸穴径 mm
  • (3) 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ1ヵ所)
  • (4) トルク設定値 5kgf·m

変更後

TL 250 - 2 C - T H18JD1 X C H30JD1 - N49
シリーズ サイズ 皿バネ
枚数
タイプ トルクリミター側 単体タイプと同一表記 カップリング側 単体タイプと同一表記 トルク
設定値

サイズ

  • 200
  • 250
  • 350
  • 500
  • 700
  • 10
  • 14
  • 20

皿バネ枚数

  • [TL200~TL700]
    1L, 1, 2
  • [TL10]
    16, 24
  • [TL14]
    10, 15
  • [TL20]
    6, 12

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • E: 旧JIS E9
  • F: 旧JIS F7

止めねじ位置 注)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 (標準) 止めねじ位置図解
  • D2 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 注) トルクリミター側の止めねじ位置は調節ナット側から見た位置、カップリング側の止めねじ位置はハブ端面から見た位置です。
  • 上記組合せは5日・6日納期一律価格になります
  • TL10-C・TL14-C・TL20-Cは除く。
  • トルク設定時は+2日納期になります。

ショックガード TGBシリーズ 形番変更例

TGBシリーズ 形番変更詳細

単体タイプ

変更前

TGB30 - H - 30 J - 15
(1) (2) (3)
  • (1) 軸穴径 mm
  • (2) 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)
  • (3) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGB 30 - H - T H 30 J D2 - N147
シリーズ サイズ バネ強さ ショックガード側 軸穴径
公差
軸穴径 キー溝
公差
止めねじ
位置
トルク
設定値

サイズ

  • 08
  • 12
  • 16
  • 20
  • 30
  • 50
  • 70
  • ※90
  • ※110
  • ※130

バネ強さ

  • L: 弱バネ
  • M: 中バネ
  • H: 強バネ
  • ※サイズによりバネの種類は異なります。

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7
  • ※TGB08~16は8級公差になります。

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7
  • E: 旧JIS E9

止めねじ位置
(調節ナット側から見た位置)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 止めねじ位置図解
  • D2 (標準) 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • TGB08~16はD2のみとなります。
  • 変更後は単体タイプもショックガード側の記号「T」を表記します。
  • 上記組合せは5日・6日納期一律価格になります
  • TGB90~130は除く。
  • トルク設定時は+2日納期になります。

カップリングタイプ

変更前

TGB50 - LC - T 35 J X C 45 E - 10
(1) (2) (3) (1) (2) (3) (4)
  • (1) T: ショックガード側、C: カップリング側
  • (2) 軸穴径 mm
  • (3) [ショックガード側] 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)、[カップリング側] 軸穴公差: H7、キー溝公差: 旧JIS E9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)
  • (4) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGB 50 - L C - T H35JD2 X C H45ED2 - N98
シリーズ サイズ バネ強さ タイプ ショックガード側 単体タイプと同一表記 カップリング側 単体タイプと同一表記 トルク
設定値

サイズ

  • 08
  • 12
  • 16
  • 20
  • 30
  • 50
  • 70
  • ※90
  • ※110
  • ※130

バネ強さ

  • L: 弱バネ
  • M: 中バネ
  • H: 強バネ
  • ※サイズによりバネの種類は異なります。

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7
  • ※軸穴径公差は全て7級になります。

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7
  • E: 旧JIS E9

止めねじ位置 注)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 止めねじ位置図解
  • D2 (標準) 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 注) ショックガード側の止めねじ位置は調節ナット側から見た位置、カップリング側の止めねじ位置はハブ端面から見た位置です。
  • 上記組合せは5日・6日納期一律価格になります
  • TGB90-C~130-Cは除く。
  • トルク設定時は+2日納期になります。

ショックガード TGXシリーズ 形番変更例

TGXシリーズ 形番変更詳細

単体タイプ

変更前

TGX35 - H - 30 J - 15
(1) (2) (3)
  • (1) 軸穴径 mm
  • (2) 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)
  • (3) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGX 35 - H - T H 30 J D2 - N147
シリーズ サイズ バネ強さ ショックガード側 軸穴径
公差
軸穴径 キー溝
公差
止めねじ
位置
トルク
設定値

サイズ

  • 10
  • 20
  • 35
  • 50
  • 70

バネ強さ

  • L: 弱バネ
  • M: 中バネ
  • H: 強バネ

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7
  • E: 旧JIS E9

止めねじ位置
(調節ナット側から見た位置)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 止めねじ位置図解
  • D2 (標準) 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 変更後は単体タイプもショックガード側の記号「T」を表記します。
  • 上記組合せは全て5日納期一律価格になります
  • トルク設定時は+2日納期になります。

カップリングタイプ

変更前

TGX50 - LC - T 35 J X C 45 E - 10
(1) (2) (3) (1) (2) (3) (4)
  • (1) T: ショックガード側、C: カップリング側
  • (2) 軸穴径 mm
  • (3) [ショックガード側] 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)、[カップリング側] 軸穴公差: H7、キー溝公差: 旧JIS E9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)
  • (4) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGX 50 - L C - T H35JD2 X C H45ED2 - N98
シリーズ サイズ バネ強さ タイプ ショックガード側 単体タイプと同一表記 カップリング側 単体タイプと同一表記 トルク
設定値

サイズ

  • 10
  • 20
  • 35
  • 50
  • 70

バネ強さ

  • L: 弱バネ
  • M: 中バネ
  • H: 強バネ

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7
  • E: 旧JIS E9

止めねじ位置 注)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 止めねじ位置図解
  • D2 (標準) 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 注) ショックガード側の止めねじ位置は調節ナット側から見た位置、カップリング側の止めねじ位置はハブ端面から見た位置です。
  • 上記組合せは全て5日納期一律価格になります
  • トルク設定時は+2日納期になります。

ショックガード TGZシリーズ 形番変更例

TGZシリーズ 形番変更詳細

単体タイプ

変更前

TGZ40 - L - 30 J - 6
(1) (2) (3)
  • (1) 軸穴径 mm
  • (2) 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)
  • (3) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGZ 40 - L - T H 30 J D1 - N59
シリーズ サイズ バネ強さ ショックガード側 軸穴径
公差
軸穴径 キー溝
公差
止めねじ
位置
トルク
設定値

サイズ

  • 20
  • 30
  • 40
  • 50

バネ強さ

  • L: 弱バネ
  • M: 中バネ
  • H: 強バネ

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7
  • E: 旧JIS E9

止めねじ位置
(調節ナット側から見た位置)

  • D1 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 変更後は単体タイプもショックガード側の記号「T」を表記します。
  • 上記組合せは全て5日納期一律価格になります
  • トルク設定時は+2日納期になります。

カップリングタイプ

変更前

TGZ30 - LC - T 25 J X C 35 E - 1.8
(1) (2) (3) (1) (2) (3) (4)
  • (1) T: ショックガード側、C: カップリング側
  • (2) 軸穴径 mm
  • (3) [ショックガード側] 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ1ヵ所・キー溝上)、[カップリング側] 軸穴公差: H7、キー溝公差: 旧JIS E9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)
  • (4) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGZ 30 - L C - T H25JD1 X C H35E D5 - N18
シリーズ サイズ バネ強さ タイプ ショックガード側 単体タイプと同一表記 カップリング側 単体タイプと同一表記 止めねじ位置 注) トルク
設定値

サイズ

  • 20
  • 30
  • 40
  • 50

バネ強さ

  • L: 弱バネ
  • M: 中バネ
  • H: 強バネ

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7
  • E: 旧JIS E9

カップリング側の止めねじ位置 注)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 止めねじ位置図解
  • D2 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 (標準) 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 注) ショックガード側の止めねじ位置は調節ナット側から見た位置、カップリング側の止めねじ位置はハブ端面から見た位置です。
  • 上記組合せは全て5日納期一律価格になります
  • トルク設定時は+2日納期になります。

ショックガード TGMシリーズ 形番変更例

TGMシリーズ 形番変更詳細

単体タイプ

変更前

TGM60 - D30 - WS - 2.5
(1) (2) (3)
  • (1) 軸穴径 mm、軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ3ヵ所)
  • (2) バネ仕様: WS = 弱バネ
  • (3) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGM 60 - T H 30 J DY - WS - N25
シリーズ サイズ ショックガード側 軸穴径
公差
軸穴径 キー溝
公差
止めねじ
位置
バネ仕様 トルク
設定値

サイズ

  • 3
  • 6
  • 20
  • 60
  • 200
  • 400
  • 800

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7
  • E: 旧JIS E9

止めねじ位置
(LS検出板側から見た位置)

  • DY 止めねじ位置図解

バネ仕様

  • 標準: 表記なし
  • WS: 弱バネ
    (TGM6, TGM800以外)
  • SS: 強化バネ
    (TGM3, TGM400以外)

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 変更後は単体タイプもショックガード側の記号「T」を表記します。
  • 上記組合せは在庫・5日・3W納期一律価格になります
  • トルク設定時は+2日納期になります。

カップリングタイプ

変更前

TGM60C - D20 X C 30 E - WS - 10
(1) (2) (3) (4) (5) (6)
  • (1) ショックガード側、軸穴径 mm、軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ3ヵ所)
  • (2) C: カップリング側
  • (3) 軸穴径 mm
  • (4) 軸穴径公差: H7キー溝公差: 旧JIS E9 (止めねじ2ヵ所・90度振り)
  • (5) バネ仕様: WS = 弱バネ
  • (6) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGM 60 C - T H20JDY X C H30E D2 - WS - N18
シリーズ サイズ タイプ ショックガード側 単体タイプと同一表記 カップリング側 単体タイプと同一表記 止めねじ位置 注) バネ仕様 トルク
設定値

サイズ

  • 3
  • 6
  • 20
  • 60
  • 200
  • 400
  • 800

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7
  • E: 旧JIS E9

カップリング側の止めねじ位置 注)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 止めねじ位置図解
  • D2 (標準) 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

バネ仕様

  • 標準: 表記なし
  • WS: 弱バネ
    (TGM6, TGM800以外)
  • SS: 強化バネ
    (TGM3, TGM400以外)

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 注) ショックガード側の止めねじ位置はLS検出板側から見た位置、カップリング側の止めねじ位置はハブ端面から見た位置です。
  • 上記組合せは5日・3W納期一律価格になります
  • トルク設定時は+2日納期になります。

トルクキーパー TFKシリーズ 形番変更例

TFKシリーズ 形番変更詳細

単体タイプ

変更前

TFK35 - 1 - 25 J - 2.5
(1) (2) (3)
  • (1) 軸穴径 mm
  • (2) 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ1ヵ所・キー溝上)
  • (3) トルク設定値 kgf·m

変更後

TFK 35 - 1 - T H 25 J D1 - N25
シリーズ サイズ 皿バネ
枚数
トルクキーパー側 軸穴径
公差
軸穴径 キー溝
公差
止めねじ
位置
トルク
設定値

サイズ

  • 20
  • 25
  • 35
  • 50
  • 70

皿バネ枚数

  • 1L: 弱バネ
  • 1: 1枚
  • 2: 2枚

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7
  • E: 旧JIS E9

止めねじ位置
(調節ナット側から見た位置)

  • D1 (標準) 止めねじ位置図解
  • D2 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • TFK200はD0、TFK250~700はD1, D3, D4のみとなります。
  • スプロケットの適応サイズは過負荷保護機器・制御機器カタログを参照ください。
  • 変更後は単体タイプもトルクキーパー側の記号「T」を表記します。
  • 上記組合せは5日・6日納期一律価格になります
  • トルク設定時は+2日納期になります。

カップリングタイプ

変更前

TFK25 - 1C - T 20 J X C 20 J - 1.6
(1) (2) (3) (1) (2) (3) (4)
  • (1) T: トルクキーパー側、C: カップリング側
  • (2) 軸穴径 mm
  • (3) [トルクキーパー側] 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ1ヵ所)、[カップリング側] 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ2ヵ所)
  • (4) トルク設定値 kgf·m

変更後

TFK 25 - 1 C - T H20JD1 X C H20J D5 - N16
シリーズ サイズ 皿バネ
枚数
タイプ トルクキーパー側 単体タイプと同一表記 カップリング側 単体タイプと同一表記 止めねじ位置 注) トルク
設定値

サイズ

  • 200
  • 250
  • 350
  • 500
  • 700
  • 10
  • 14
  • 20

皿バネ枚数

  • [TFK200~TFK700]
    1L, 1, 2
  • [TFK10]
    16, 24
  • [TFK14]
    10, 15
  • [TFK20]
    6, 12

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • E: 旧JIS E9
  • F: 旧JIS F7

カップリング側の止めねじ位置 注)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 止めねじ位置図解
  • D2 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 (標準) 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 注) トルクキーパー側の止めねじ位置は調節ナット側から見た位置、カップリング側の止めねじ位置はハブ端面から見た位置です。
  • 上記組合せは全て6日納期一律価格になります
  • トルク設定時は+2日納期になります。

ショックガード TGFシリーズ 形番変更例

TGFシリーズ 形番変更詳細

単体タイプ

変更前

TGF20 - L2 - 20 J - 1.9
(1) (2) (3)
  • (1) 軸穴径 mm
  • (2) 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)
  • (3) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGF 20 - L 2 - T H 20 J D2 - N19
シリーズ サイズ バネ強さ タイプ ショックガード側 軸穴径
公差
軸穴径 キー溝
公差
止めねじ
位置
トルク
設定値

サイズ

  • 20
  • 30
  • 45
  • 65
  • 90

バネ強さ

  • L: 弱バネ
  • M: 中バネ
  • H: 強バネ

タイプ

  • 2: タイプ2
  • 3: タイプ3

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7

止めねじ位置
(調節ナット側から見た位置)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D2 (標準) 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 変更後は単体タイプもショックガード側の記号「T」を表記します。
  • 納期・価格に変更はありません。

カップリングタイプ

変更前

TGF20 - L5 - T 20 P X C 30 P - 1.8
(1) (2) (3) (1) (2) (3) (4)
  • (1) T: ショックガード側、C: カップリング側
  • (2) 軸穴径 mm
  • (3) [ショックガード側] 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ2ヵ所・キー溝上)、[カップリング側] 軸穴公差: H7、キー溝公差: 旧JIS E9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)
  • (4) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGF 20 - L 5 - T H20PD2 - C H30PD2 - N18
シリーズ サイズ バネ強さ タイプ ショックガード側 単体タイプと同一表記 カップリング側 単体タイプと同一表記 トルク
設定値

サイズ

  • 20
  • 30
  • 45
  • 65
  • 90

バネ強さ

  • L: 弱バネ
  • M: 中バネ
  • H: 強バネ

タイプ

  • 5: タイプ5
  • 7: タイプ7

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7

止めねじ位置 注)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D2 (標準) 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 注) ショックガード側の止めねじ位置は調節ナット側から見た位置、カップリング側の止めねじ位置はハブ端面から見た位置です。
  • 納期・価格に変更はありません。

ショックガード TGKシリーズ 形番変更例

TGKシリーズ 形番変更詳細

単体タイプ

変更前

TGK20 - A2 - 20 J
(1) (2)
  • (1) 軸穴径 mm
  • (2) 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)

変更後

TGK 20 - A 2 - T H 20 J D2
シリーズ サイズ エア圧力 タイプ ショックガード側 軸穴径
公差
軸穴径 キー溝
公差
止めねじ
位置

サイズ

  • 20
  • 30
  • 45

エア圧力

  • A: エア圧力

タイプ

  • 2: タイプ2

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7

止めねじ位置
(調節ナット側から見た位置)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D2 (標準) 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • 変更後は単体タイプもショックガード側の記号「T」を表記します。
  • 納期・価格に変更はありません。

カップリングタイプ

変更前

TGK20 - A5 - T 20 J X C 30 P
(1) (2) (3) (1) (2) (3)
  • (1) T: ショックガード側、C: カップリング側
  • (2) 軸穴径 mm
  • (3) 軸穴公差: H7、キー溝公差: 旧JIS E9 (止めねじ2ヵ所・90°振り)

変更後

TGK 20 - A 5 - T H20JD2 - C H30JD2
シリーズ サイズ エア圧力 タイプ ショックガード側 単体タイプと同一表記 カップリング側 単体タイプと同一表記

サイズ

  • 20
  • 30
  • 45

エア圧力

  • A: エア圧力

タイプ

  • 5: タイプ5
  • 7: タイプ7

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7

止めねじ位置 注)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D2 (標準) 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • 注) ショックガード側の止めねじ位置は調節ナット側から見た位置、カップリング側の止めねじ位置はハブ端面から見た位置です。
  • 納期・価格に変更はありません。

ショックガード TGEシリーズ 形番変更例

TGEシリーズ 形番変更詳細

単体タイプ

変更前

TGE50 - M3 - 40 J - 25
(1) (2) (3)
  • (1) 軸穴径 mm
  • (2) 軸穴公差: H7、キー溝公差: 新JIS Js9 (止めねじ2ヵ所・120°振り)
  • (3) トルク設定値 kgf·m

変更後

TGE 50 - M 3 - T H 40 J D2 - N245
シリーズ サイズ バネ強さ タイプ ショックガード側 軸穴径
公差
軸穴径 キー溝
公差
止めねじ
位置
トルク
設定値

サイズ

  • 17
  • 25
  • 35
  • 50

バネ強さ

  • L: 弱バネ
  • M: 中バネ
  • H: 強バネ

タイプ

  • 1: タイプ1
  • 3: タイプ3

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7

軸穴径

  • 1mm
    単位

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • F: 旧JIS F7

止めねじ位置
(調節ナット側から見た位置)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D2 (標準) 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 変更後は単体タイプもショックガード側の記号「T」を表記します。
  • 納期・価格に変更はありません。

形番変更のお知らせ パンフレット

パンフレットダウンロード

お電話・FAXでのお問合せ

  • TEL: 0120-251-602
  • FAX: 0120-251-603
ページトップへ