Products Products

  • 機械式過負荷保護機器

トルクリミター

もっとも汎用的な摩擦式過負荷保護機器のトラディショナルタイプです。

トルクリミター

また、もっとも低価格でお手軽にご使用いただけます。

RoHS指令適合品

製品のお問い合わせ

  • TEL: 0120-251-602
  • FAX: 0120-251-603
精機商品動画コンテンツ 技術者向け情報サイトTT-net

製品ニュース

標準機種

容量 N・m 品種
1.0~9310 16品種

1.特長

  • 軸に取付け、ローラーチェーン、ベルト、ギヤによる伝動が行えます。
  • 全トルクリミターは確実で調整自在な過負荷に対する自動安全装置です。
  • 面倒な加工や組み立てを追放したスプロケット付を標準化しました。
  • 確実に機械を保護し操作は簡単です。
  • 自動復帰しますので手間がかかりません。
  • 各種のドライブと組合せて使用できます。
  • 標準品が揃っています。

2.構造

構造
  • 通常運転時、センタメンバはマサツ板に挟まれ、皿バネにより加圧されており、設定トルク以下では摩擦力により回転を伝達します。
  • 過負荷時、設定トルク以上ではセンタメンバがマサツ板の間でスリップします。過負荷を解除すれば自動復帰します。

3.製品種類

中形・小形タイプ 大形タイプ スプロケット付 カップリングタイプ
中形・小形タイプ 大形タイプ TLスプロケット付 TLカップリングタイプ

4.形番表示例 トルクリミター

TL 250 - 2 - 04022 - T H 20 J D1 - N49
(1) シリーズ (2) サイズ (3) 皿バネ
枚数
(4) スプロケット
形番
(5) トルク
リミター側
(6) 軸穴径
公差
(7) 軸穴径
1mm単位
(8) キー溝
公差
(9) 止めねじ
位置
(10) トルク
設定値
  1. (1) シリーズ
  2. (2) サイズ
  3. (3) 皿バネ枚数
  4. (4) スプロケット形番
  5. (5) トルクリミター側
  6. (6) 軸穴径公差
  7. (7) 軸穴径 (1mm単位)
  8. (8) キー溝公差
  9. (9) 止めねじ位置
  10. (10) トルク設定値

サイズ

  • 200
  • 250
  • 350
  • 500
  • 700
  • 10
  • 14
  • 20

皿バネ枚数

  • [TL200~TL700]
    1L, 1, 2
  • [TL10]
    16, 24
  • [TL14]
    10, 15
  • [TL20]
    6, 12

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • E: 旧JIS E9
  • F: 旧JIS F7

止めねじ位置 (調節ナット側から見た位置)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 (標準) 止めねじ位置図解
  • D2 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • TL200はD0、TL250~700はD1, D3, D4のみとなります。
  • スプロケットの適応サイズは過負荷保護機器・制御機器カタログを参照ください。
  • 単体タイプもトルクリミター側の記号「T」を表記します。

5.形番表示例 トルクリミターカップリングタイプ

TL 250 - 2 C - T H18JD1 X C H30JD1 - N49
(1) シリーズ (2) サイズ (3) 皿バネ
枚数
(4) タイプ (5) トルクリミター側 (6) 単体タイプと同一表記 (7) カップリング側 (8) 単体タイプと同一表記 (9) トルク
設定値
  1. (1) シリーズ
  2. (2) サイズ
  3. (3) 皿バネ枚数
  4. (4) タイプ
  5. (5) トルクリミター側
  6. (6) 単体タイプと同一表記
  7. (7) カップリング側
  8. (8) 単体タイプと同一表記
  9. (9) トルク設定値
  • 軸穴が下穴の場合はトルクリミター側がTR、カップリング側がCRの表記になります。

サイズ

  • 200
  • 250
  • 350
  • 500
  • 700
  • 10
  • 14
  • 20

皿バネ枚数

  • [TL200~TL700]
    1L, 1, 2
  • [TL10]
    16, 24
  • [TL14]
    10, 15
  • [TL20]
    6, 12

軸穴径公差

  • F: F7
  • G: G7
  • H: H7
  • J: JS7
  • P: P7
  • M: M7
  • N: N7
  • K: K7
  • R: R7

キー溝公差

  • J: 新JIS Js9
  • P: 新JIS P9
  • E: 旧JIS E9
  • F: 旧JIS F7

止めねじ位置 注)

  • D0 止めねじ位置図解
  • D1 (標準) 止めねじ位置図解
  • D2 止めねじ位置図解
  • D3 止めねじ位置図解
  • D4 止めねじ位置図解
  • D5 止めねじ位置図解
  • D6 止めねじ位置図解
  • D7 止めねじ位置図解
  • D8 止めねじ位置図解

トルク設定値

  • N・m 単位での表示になります。
  • ※設定トルク10N・m未満の場合は小数点1桁までの表示
  • 注) トルクリミター側の止めねじ位置は調節ナット側から見た位置、カップリング側の止めねじ位置はハブ端面から見た位置です。

2018年4月2日から形番を変更しました。

新旧形番自動置換フォーム

製品形番一覧 (形番ナビ)

6.メーカー希望小売価格・納期一覧

メーカー希望小売価格・納期については、こちらからご確認ください。

製品のお問い合わせはこちらから

ページトップへ