自動車製造のありとあらゆる工程で活躍するつばき製品

自動車製造
プレス工程

天井やボンネットなどボディの主要部品は5,000tonプレスで成形されます。

精密部品はサーボプレスで成形される場合が多く、サーボプレスには超強力つばきタイミングベルト ウルトラPXベルト HY仕様、押出部にはサーボモータ付パワーシリンダが使われています。

サーボプレス -タイミングベルト ウルトラPXベルト HY仕様-

連続稼動で高頻度の衝撃負荷があるサーボプレスで求められるベルトは、高剛性、高強度の必要があります。

ウルトラPXベルト HY仕様は、ガラスとカーボンのハイブリッド心線の採用などにより、大幅な高強度化と高剛性化を実現したベルトです。従来品HC仕様比約1.3~2.0倍の伝動能力向上を実現。これにより装置のサイズダウンによるコンパクト化も可能です。

つばき PXベルト 伝動能力比較グラフ

つばき PXベルト 剛性比較グラフ

ウルトラPXベルト HY仕様についてさらに詳しく

製品についてのご質問はこちらから

端材搬送 -大形コンベヤチェーン/スクラップコンベヤ-

プレス工場床底には、スクラップコンベヤが複数基稼働して、余った材料を工場床下から排出しています。スクラップコンベヤは、つばき大形コンベヤチェーンにスラットを取付けて、プレス後の余った材料を工場外に搬送します。

大形コンベヤチェーンについてさらに詳しく

スクラップコンベヤについてはこちらからお問合せください

端材搬送 -小形ギヤモータ-

端材を送り出すスクラップコンベヤを駆動する小形ギヤモータには、つばきのハイポイドモートルが採用されています。出力軸は中実軸・中空軸を準備、豊富な減速比の品揃えがあります。

小形ギヤモータについてさらに詳しく

製品についてのご質問はこちらから