株主・投資家情報

基本方針

当社は、「顧客の価値を創造し、社会に貢献する」という経営の基本方針を実現するために、コーポレート・ガバナンスの強化を図ることが経営上のもっとも重要な課題の一つと位置づけております。
当社は、経営環境の急激な変化の中で競争力を高め、遵法性、効率性、透明性のある経営を目指して執行役員制度を導入し、取締役会の意思決定の充実および迅速化、業務執行・監督機能の強化ならびに経営効率の向上を図っております。
また、社外取締役、社外監査役の選任を通じて経営の監督機能を強化し、経営の透明性を高め、企業価値の向上に努めております。

コーポレート・ガバナンス体制

当社のコーポレート・ガバナンス体制は、迅速な意思決定、適正な業務執行、監査の実効性といういずれの観点においても、十分機能していると考え、「監査役設置型」を採用しています。
経営の意思決定は、株主総会によって選任された取締役からなる取締役会によって行っています。
また、取締役会における意思決定の迅速化、および業務執行・監督機能の強化を図るため、執行役員制度を導入しています。

  • 経営の透明性および客観性を高め、経営に対する監督・監査機能を強化するため、当社代表取締役との利害関係が一切なく、経営者から独立した立場で監督や提言をいただける、社外取締役2名、社外監査役2名を選任しています。
  • 監査役の機能強化のため、社外監査役のうち1名は、弁護士または公認会計士の資格を有する独立性の高い人材を招聘することとし、当社の内部監査室は、監査役と適宜協議し、監査の効率的な実施に努め、当社およびグループ会社に対して内部統制、リスク管理体制の順守、整備状況を監査しております。
    また、取締役および執行役員は、監査役に対して法定の事項に加え、当社およびグループ会社に重大な影響を及ぼす事項、内部監査の実施状況等、必要に応じて報告しております。
コーポレート・ガバナンス体制図