環境・社会活動

つばきグループでは、環境保全活動で得られた経済効果・環境保全効果を、そのコストとともに環境会計によって定量的に把握し、活動実態の分析および継続的改善に役立てています。ここでは主なデータをまとめています。

2017年度環境会計

環境会計

2017年度は、生産拡大の中で積極的な省エネ設備・機器の導入の他に、排水処理設備導入などの投資が増加しました。また新製品開発強化により、研究開発用投資も増加しました。
つばきグループでは、この環境会計システムによって、環境保全のためのコストとその活動によって得られた経済効果および環境保全効果を分析し、今後の活動に生かすとともに情報開示に努めます。

環境保全コスト

(単位:千円)
分類 主な取り組みの内容 投資額 費用額
(1)事業エリア内コスト 444,277 437,731
内訳 (1)-1 公害防止コスト 大気汚染防止設備、廃水処理設備の導入・運転管理 98,464 106,444
(1)-2 地球環境保全コスト 電力管理システムの導入・運転管理 340,996 130,741
(1)-3 資源循環コスト 廃棄物処理・リサイクル費用、産業廃棄物置場の改善 4,816 200,546
(2)上・下流コスト 環境影響物質などの委託分析費 0 1,195
(3)管理活動コスト EMSの構築・運用、事業所内緑化維持、大気・水質測定器の設置 1,900 256,248
(4)研究開発コスト 環境配慮製品の研究開発(製品使用時における環境負荷低減) 33,019 206,172
(5)社会活動コスト 地域の環境活動 0 653
(6)環境損傷対応コスト 地下水浄化対策など 0 0
合計 479,196 901,999

環境保全効果

環境保全効果の分類 環境パフォーマンス指標(単位) 2016年度 2017年度 基準期間との差
(環境保全効果)
事業活動から排出する環境負荷および
廃棄物に関する保全効果
CO2排出量(t-CO2) 73,744 74,625 881t-CO2
廃棄物排出量(t) 6,617 6,462 155t減
事業活動に投入する資源に関する
環境保全効果
用水(千m3 449 416 33千m3

環境保全に伴う経済効果

2017年度有価物売却益

単位:千円
京田辺工場 埼玉工場 7グループ会社 合計
抜きカス売却益 106,759 161,814 30,143 298,716
ダライ粉(鉄くず)売却益 4,189 24,128 24,898 53,215
長尺くず売却益 3,722 0 7,984 11,706
ステンレスくず売却益 5,985 0 9,135 15,120
電線くず売却益 128 1,951 3,925 6,004
アルミくず売却益 1,332 1,819 701 3,852
部品くず売却益 23,093 6,425 3,505 33,023
研磨くず売却益 (2,227) 0 75 (2,152)
加工くず売却益 0 621 1,032 1,653
バナジウム売却益 0 490 0 490
廃プラスチック売却益 271 1,319 43 1,632
廃油売却益 0 571 55 626
その他 0 0 38 38
合計 143,252 199,137 81,534 423,923
注) 2017年10月に株式会社ツバキE&Mを吸収合併しましたが、上表の2017年度有価物売却益には便宜上、7グループ会社に計上しています。