会社情報

Tsubaki Technical Review Vol.28 No.1 2018 目次

抄録

1.車両電動化対応「Enedrive® チェーン」の開発
Enedrive Chain Development for Vehicle Electrification

土井 茂樹
Shigeki DOI

近年、世界的にカーメーカーが電動車を市場へ投入、またはこれから投入を検討しており、その電動車のモータから車軸へのトルク伝達に、ギヤやチェーンが必要とされる。電動車システムについては、各国の規制対応のために開発を加速させており、高回転、高効率の要求に応えるため、従来のタイミングチェーン、パワードライブチェーンをベースにEnedrive チェーンを開発したので報告する。

In recent years, several restrictions against vehicle emission has led to vehicle electrification in the market. Car makers have introduced electric vehicle with an additional electric system that uses a gear or chain to transmit motor generated torque to the output axle. This system uses a high spec. motor that runs at 20,000rpm to generate high torque. We have developed a new Enedrive Chain to withstand this high rotational speed and give high performance to these electric systems.

ページトップへ

2.自立式フラットケーブルシステム「つばき フラットベヤ®
TSUBAKI FLATVEYOR®

田中 保孝
Yasutaka TANAKA

当社は2013 年6 月にクリーンルーム専用ケーブルシステム『クリーンベヤⓇ』を発売し、その技術を応用した『フラットベヤ』を2016 年10 月に発売した。フラットベヤは、お客様の使用条件に応じたケーブルや空圧チューブと、支持・案内・曲げ半径の規制の役割を担うサポートメンバを組み込んだ専用チューブを平型に接着させた自立式フラットケーブルシステムである。その構造・特長等について解説する。

In June 2013, we launched the CLEANVEYOR cable system dedicated to clean rooms, and in October 2016 we released the FLATVEYOR, which applies this technology. FLATVEYOR is a self-standing flat cable system in which cables and pneumatic tubes that match the customer's usage conditions, and specialized tubes incorporating supporting members that support, guide, and regulate the bending radius, are bonded in a flat shape. This report will explain its structure, features, etc.

ページトップへ

3.つばき「ジップマスタ™」の開発
Development of TSUBAKI ZIP MASTER®

酒井 克徳・藤岡 宏之
Katsunori SAKAI・Hiroyuki FUJIOKA

高速、長寿命、置きポン*のニーズを受け、駆動にジップチェーン使用した片持ち式リフタであるジップマスタを発売した。ガイド機構までをユニット化したリフトマスタⓇと、高速、高頻度運転を可能にするジップチェーンの長所を融合した新たなリフタ「ジップマスタ」の開発経緯と製品仕様を紹介する。(*組立不要、簡単設置ですぐに使用できる)

In response to the needs for high-speeds, long-life, and plug and play installation, we released a cantilever ZIP MASTER lifter, which has a Zip Chain as its drive source. This report is an introduction of the development process and specifications of the new ZIP MASTER lifter, which is created with the combined technologies of the LIFT MASTER and its compact, built-in guide mechanism and the Zip Chain and its high-speed, high-frequency operation.

ページトップへ

4.リニソート® S-C標準ソフトウェア「つばきSSP™3in1」
TsubakiSSP™ 3-in-1 Standard Software for Linisort® S-C System

高橋 裕・山口 敬之・大川 準二・工藤 弘之
Yuu TAKAHASHI・Hiroshi YAMAGUCHI・Junji OOKAWA・Hiroyuki KUDOU

運輸業界39兆円産業のうち物流は25兆円を占める一大産業であり、物流業界の就労労働者数は、約250万人に上る。一方で業界の人手不足は労働人口の減少などによりその深刻さを増しており、これに対応するためのシステム化、あるいは機械による自動化が市場から求められている。このニーズに応えるため、自動仕分け機として「リニソートS-C」を開発した。今回はそのコントロールソフトウェアであるリニソートS-C 標準ソフトウェア「つばきSSP™3in1」を紹介する。

Logistics is a big industry within the transportation industry, with an operating revenue in FYE2014 at 25 trillion yen (out of 39 trillion yen total for the transportation industry), and those workers account for 4% of all industries in 2015. Meanwhile, the labor shortage in the industry has become more severe due to a decrease in the workforce and so on, and there is a market demand for systemization or machine automation to deal with this issue. In order to meet this need, we developed the Linisort S - C automatic sorting machine. Here we will introduce the TsubakiSSP™ 3-in-1 Linisort S - C standard control software.

ページトップへ

5.ピッキングロボットの自動教示技術
Automatic Teaching Technique for Picking Robots

松本 展明・相田 兼都・矢嶋 芳洋
Nobuaki MATSUMOTO・Kento AIDA・Yoshihiro YAJIMA

医薬研究機関向けに開発したラボストッカⓇは、初期モデルの販売開始から14 年が経過した。近年、曝露レスをキーワードとした低温環境下の機械動作が強く求められている。また、工期短縮ニーズも高まっている。これにより、作業性が極めて悪い低温環境下でのロボット調整作業の品質確保と工期短縮を実現させるべく、自動教示技術を開発した。

Fourteen years have passed since the initial LABOSTOCKER for pharmaceutical research institutes was released. In recent years, with growing needs for exposure-less operation in low temperature environments and short construction periods, there is a demand for shorter construction periods and teaching quality improvements at night using unmanned picking robot coordination. This time, we developed an automatic teaching technique for picking robots to improve the product level from the viewpoint of construction period and delivery quality. In this report, we will focus on the teaching technique for picking robots, omitting explanation of an automatic teaching technique for transfer machines.

ページトップへ

6.つばきラボストッカ® 予防保全・予兆保全の取り組み
Initiatives for Preventive Maintenance and Predictive Maintenance in TSUBAKI LABOSTOCKER®

松村 翔太・薮 芳宏・横田 健次
Shota MATSUMURA・Yoshihiro YABU・Kenji YOKOTA

設備は使い続ければいつかは故障するものであるが、予期せぬ設備停止は顧客の生産活動に多大な損害を与える。そこで必要なのが保全であるが従来の方法では予期せぬ設備停止を回避できない。本稿では、解決策として予防保全・予兆保全を考え、これをラボストッカⓇ に適用したので紹介する。

Any machine will fail as long as it is continuously used. But unexpected equipment stoppage will negatively affect the customer's production activities. So maintenance is needed, but with conventional methods unexpected equipment stoppage is unavoidable. We considered the application of preventive maintenance and predictive maintenance as a solution and added function to our LABOSTOCKER.

ページトップへ

7.CAEを用いた摩耗予測
Wear Prediction with CAE

大西 智彦
Tomohiko ONISHII

当社の摩耗課題への取り組みの一つとして、CAE を用いた摩耗予測がある。近年のCAE 技術の向上により、従来は困難であった摩耗による形状変化を考慮したシミュレーションが可能となった。また、独自の運用手法を用いることで、形状違いによる摩耗性能の予測や、摩耗過程をより詳細に予測できるようになった。本報ではCAE を用いた摩耗予測手法とその事例について紹介する。

Wear prediction by CAE is one approach to the subject of wear at our company. With the improvement of CAE technology in recent years, it has become possible to simulate deformation due to wear, which was conventionally difficult. Moreover, by using original operation methods, the prediction of wear performance of different shapes and wear processes can be made in more detail. In this report, we introduce a wear prediction method with CAE and some examples.