会社情報

Tsubaki Technical Review Vol.27 No.1 2017 目次

抄録

1.つばき ジップチェーンアクチュエータ® ZCA145シリーズ
Tsubaki ZIP CHAIN ACTUATOR® ZCA145 series

中原 隆・餌取 威志
Takashi NAKAHARA・Takeshi ETORI

発売から6 年が経過したチェーン式直線作動機「つばき ジップチェーンアクチュエータ」だが、市場からは、より大容量、ロングストロークを求める声が多く、基本容量2000N、ストローク1000mm のZCA145 を、2016 年10 月より発売した。 本稿では、その発売に向けてのジップチェーン構造の見直しや、収納部構造の見直しを行った開発過程について紹介する。

6 years have passed since we first released the Tsubaki ZIP CHAIN ACTUATOR, a chain mesh type linear actuator. To meet emerging market needs for both large capacity and long stroke, we newly released the “ZCA145, which has 2,000 N basic capacity and 1,000 mm stroke, in Oct. 2016. Here we introduce our development process, where we reviewed the zip chain structure and housing component.

ページトップへ

2.大形パワーシリンダ 推力100トンタイプ
Large Size Power Cylinder with 100 ton thrust load

近藤 輝典・本多 泰之
Terunori KONDO・Yasuyuki HONDA

電動シリンダはモータの回転力を駆動源として、ギヤ(減速機)で回転速度を調節しながらトルクの増大を図り、ボールねじによって回転運動を直線運動に変換して直線作動を実現するアクチュエータである。つばき製品名はパワーシリンダとして販売している。カタログでは推力32 トンまでのラインナップであり、32 トンを越える推力が必要な場合、現状は32 トンタイプを複数台使用することで対応していた。今回過去最大級の100 トンタイプを特形対応にて設計した。

Tsubaki Power Cylinder, an electric cylinder, is a linear actuator that increases the rotational torque of a motor with reduction gears and converts the rotational motion into linear force using a ball screw. As our catalog only included products up to 32 tons thrust force, we usually used several 32 ton types when more than 32 tons thrust load was required. This time, we designed a 100 ton type, which was one of the largest sizes in the past.

ページトップへ

3.超耐摩耗コンベヤチェーン“EXA仕様”の開発
Extra Wear Resistant Large Size Conveyor Chain “EXA Series”

野洲 拓也・西澤 由祐
Takuya YASU・Yusuke NISHIZAWA

フライアッシュ等の高い摩耗促進性を有する搬送物の粉塵環境下で使用されるコンベヤチェーンの長寿命化の要望に対して、材質、熱処理、および表面処理等の改良による耐摩耗性向上策を講じてきたが、搬送物の軸受内部への侵入、および滞留により性能向上効果は限定的であった。そこで、本開発は軸受部に特殊シール構造を形成し軸受内部の潤滑剤の流出、および搬送物の侵入を防止 しチェーンの長寿命化、並びにメンテナンスフリーを実現した。なお軸受部の特殊シール構造は、グループ企業であるU.S.TSUBAKI 社のシール技術を用いた共同開発によるものである。

Longer life is needed for conveyor chains used in environments with fly ash or other highly abrasive dust. Although measures have been taken to increase wear resistance by improving the material, heat treatment, surface treatment, and so on, the infiltration and retention of conveyed items in the inner bearing limits the effectiveness of such measures. We designed a special seal structure in the bearing that prevents lubricant from escaping and conveyed items from infiltrating to achieve long chain life and maintenance-free operation. The special seal structure has been developed together with U.S. Tsubaki, a Tsubaki Group company, using its seal technology.

ページトップへ

4.つばき ラボストッカ® 150M
Tsubaki LABOSTOCKER® 150M

町田 敏宏・伊達 洋貴・濱中 洋・相田 兼都
Toshihiro MACHIDA・Hiroki DATE・Hiroshi HAMANAKA・Kento AIDA

生体試料の長期保存における品質を画期的に向上させた「ラボストッカ150L」の商品化に続き、今回、市場拡大を狙い、大学、病院、研究所などをターゲットに小型軽量化をコンセプトとした「ラボストッカ150M」を開発した。本報告では、ラボストッカ150L からの変更点とチューブピッキング技術に的を絞り説明する。

Following the commercialization of LABOSTOCKER 150L, which improves drastically the quality of biological sample preservation over a long period of time, we have recently developed a compact and lightweight LABOSTOCKER 150M for universities, hospitals, laboratories, etc. These institutions need smaller equipment, and LABOSTOCKER 150M will gain further market share in the bioscience and biomedical fields. This report focuses on modifications from the LABOSTOCKER 150L and its tube picking technology.

ページトップへ

5.AGV MARK-Ⅰe® の商品開発
Development of AGV MARK-Ie® for Newspaper Roll Handling

宮本 耕一郎・池畠 昭夫・山口 貴史
Kouichirou MIYAMOTO・Akio IKEHATA・Takafumi YAMAGUCHI

「AGV MARK-Ⅰe」は、新聞印刷工場向け巻取紙搬送用AGV(Automated Guided Vehicle)である。AGV MARK-Ⅰeは、初代つばき給紙AGV(以下、現行AGV と称す)が稼働する既設システムに、大きな変更なく導入・混在できる後継機として開発した。現行AGV の誘導方式を踏襲しつつ、小型・軽量・省配線によるエコ化、測域センサの動作見直し、自己診断・予防保全のための機能追加、画面ガイダンス表示の見直しで、信頼性・操作性を向上させた。また、小型軽量化を実現するために新たにCPU 基板も開発した。

“AGV MARK-Ie” is an automated guided vehicle (AGV) for rolled paper feeding for newspaper printing plants. “AGV MARK-Ie” was developed as a successor that can replace or can be introduced into existing systems where original Tsubaki AGVs operate without major changes. While following the original guidance method, it is more eco-friendly (compact, lightweight, and uses fewer wires) and reliable/user-friendly (we reviewed the sensor operation, additional self-diagnosis and preventive maintenance functions, and the guidance display). We also developed a new CPU for a lighter, more compact unit.

ページトップへ

6.耐摩耗剤を含む潤滑油の開発と耐摩耗効果発現メカニズムの検証
Development of Lubricant and Mechanism to Verify Wear Resistance Effect

山本 正道
Masamichi YAMAMOTO

創業100 周年に向け、産業用ローラチェーンに使用する潤滑油を初めて独自開発した。従来の潤滑油に比べてチェーンの摩耗伸び寿命が1.2 倍以上(当社試験比)を示すことが特徴である。本報では、潤滑油に添加している耐摩耗剤のローラチェーン摩耗寿命向上に向けた役割および効果について紹介する。

We developed our own lubricating oil for industrial roller chain for our100th anniversary. Compared with conventional lubricating oil, its wear life increased by 20% or more (in-house test comparison). In this report, we introduce the roles and effects of the antiwear agent added to the lubricating oil to improve roller chain wear life.

ページトップへ

7.つばきタイミングチェーンシステムの予測・評価技術
Prediction and Evaluation Technology for TSUBAKI Timing Drive Chain Systems

鈴木 直也・北村 怜士・西川 貴
Naoya SUZUKI・Satoshi KITAMURA・Takashi NISHIKAWA

近年の自動車業界では新規エンジンの開発期間を短縮するためにCAE が普及し、当社でも最適なタイミングチェーンドライブシステムを短期間で提案するためにCAE を活用している。本報ではタイミングシステムCAE の概要およびチェーン張力の予測精度を向上するための手法について紹介する。

Recently, use of CAE has become popular to shorten the new engine development period in the automotive industry. We can also quickly propose the proper timing chain system for applications with CAE. In this report we introduce an overview of CAE and methods to improve chain tension prediction accuracy in timing systems.

ページトップへ

8.塑性加工解析の取組み
Improvement of Plastic Forming Simulation

中安 友明・平井 晶
Tomoaki NAKAYASU・Akira HIRAI

チェーンの部品を成形する金型を効率良く設計するため、塑性加工解析技術を開発している。実加工を忠実に表現した解析モデルを用いることで、成形後の打ち抜き加工面の形状や残留応力の予測が可能となった。本報では塑性加工解析に用いる材料の変形状態のモデル化手法や解析事例について紹介する。

In order to design molds for chain part formation more effectively, we have been developing technology to evaluate the plastic forming through computer simulation. By using faithfully simulated models of actual forming, we can predict the shape and residual stress of the blanking surface after forming. In this report, we introduce the modeling method for material deformation using plastic forming simulation and an example of such.