会社情報

Tsubaki Technical Review Vol.26 No.1 2016 目次

抄録

1.低燃費タイミングドライブシステム
Fuel Efficient Timing Drive System

横山正則・吉田 修・河野 敦・榑松勇二
Masanori YOKOYAMA・Osamu YOSHIDA・Atsushi KAWANO・Yuji KUREMATSU

地球温暖化防止のために自動車業界では環境負荷低減を目的としたCO2 削減、燃費向上、軽量化などのニーズが強くなっている。エンジンのタイミングチェーンドライブシステムにおいても、低燃費への貢献を最重要テーマとして開発に取り組んでいる。今回、低燃費に向けたタイミングチェーンドライブシステム開発製品と設計手法について紹介する。

There is increasing demand for reducing CO2, improving fuel efficiency, and reducing weight in the automotive industry to reduce the environment load and prevent global warming. Our development of timing drive systems for engines focuses on fuel efficiency. In this report, we introduce newly-developed products and design methods for fuel efficient timing drive systems.

ページトップへ

2.新構造ケーブルベヤ® の開発
Development of CABLEVEYOR® with a New Construction

手塚貴之
Takayuki TETSUKA

ケーブルベヤTKR 形はピンとピン穴による連結を排除し、代わりに樹脂のたわみを利用した板ばねを有するケーブルベヤで低騒音・低発塵が特長である。この特長によりクリーンルームや、滑らかな動きが必要とされる箇所に使用されている。今回、顧客要望が多かった移動ストロークの拡大を目的として、形状、構造の検討および評価を行い、ニーズに対応する商品の開発を行った。

The TKR Series CABLEVEYOR eliminates the pin to pin hole connection, instead relying on a spring that uses the flexibility of plastic to give the cable carrier low noise and low wear debris generation characteristics. Thanks to these features, the TKR Series is used in cleanrooms and other areas where smooth motion is required. This time, we examined and tested the shape and construction of the TKR Series and developed a model that will meet frequent customer requests for a longer travel stroke.

ページトップへ

3.エクトフレックス® カップリングNERシリーズの開発
Development of NER Series ECHT-FLEX® Coupling

梅田真一
Shinichi UMEDA

ディスクカップリングは、高剛性、無潤滑、ノンバックラッシという近年要求される特長を備えるため、一般産業機械分野で主流となっている。しかしディスクカップリングは、ユーザーで全部品を組み立てることが前提となっているにも関わらず、部品点数が多く、かつ、特殊工具が必要な組立工程となっている。これらを改良し、さらにコンパクトで大容量を目指したNER シリーズを開発し、商品化した。

Disk couplings have become mainstream in general industrial machinery to meet recent demands for high stiffness and lube-free/non-backlash operation. However, these couplings need to be entirely assembled by the user, with a large number of parts and special tools being required. I developed and commercialized the NER Series, which can solve these problems while also providing a more compact size and higher capacity.

ページトップへ

4.つばきラボストッカ® 20Eの開発
Development of TSUBAKI LABOSTOCKER® 20E

松本展明・西井久雄・江本尚浩・相田兼都
Nobuaki MATSUMOTO・Hisao NISHII・Takahiro EMOTO・Kento AIDA

低分子化合物による新薬創出研究では、多数の化合物を中長期的に低温保管し、必要なものをタイムリに出庫して評価試験工程に提供を行う必要がある。当社は、自動保管庫ラボストッカを2003 年に商品化し販売してきた1 )。今回、省資源・省エネルギーをキーワードにフルモデルチェンジし、合わせて出庫能力向上、工事期間の短縮、化合物品質の向上等を実施したので以下に報告する。

Research in new medicine using small molecular weight compounds is booming. Researchers need to keep numerous compounds at low temperatures for medium and long periods, and be able to pick them in a timely fashion to test when necessary. We commercialized Labostocker automated warehouse in 2003. This time, we fully upgraded the model and improved picking efficiency, shortened the installation period, and improved compound quality in order to save resources and energy.

ページトップへ

5.自動車工場向け搬送システム シムトラック™ の商品開発
Development of SYMTRACK™ Conveyor System for Automotive Manufacturing Plants

蔭山孝志・小林宏志・中上 淳
Takashi KAGEYAMA・Hiroshi KOBAYASHI・Atsushi NAKAGAMI

シムトラックは、当社では初めての塗装工場向け自動車ボデー搬送用フロアインバーテッド型のフリクション搬送システムである。機能を充実させた仕様・コスト、短納期を売りに次期主力商品として開発した。なお、協業パートナーである天津東椿大氣塗装輸送系統設備有限会社(以下DTF)および上海東波大氣輸送系統設備有限会社(以下DTC)と共同開発し、中国など東アジアを中心に拡販を狙っている。本報告ではシムトラック主要機器の特徴について的を絞り報告する。

SYMTRACK is our first floor-inverted type friction conveyor system for automobile body for paint shops. It is our next flagship product, featuring enhanced functions, a low cost, and a short delivery time. This product was developed in collaboration with the DTF & DTC. We are aiming to expand sales mainly in China and other parts of East Asia. This report focuses on the features of SYMTRACK.

ページトップへ

6.リニソート® S-C
LINISORT S-C

藤田怜士・稲毛康浩
Satoshi FUJITA・Yasuhiro INAGE

流通業界向け仕分け装置として定着している商品に、当社「リニソートS-E」が挙げられる。従来のリニソートは流通センターなどへの納入を前提としており、相応の設置面積が必要であった。今回、限られたスペースへの設置を想定した、省スペース型仕分機「リニソートS-C」を開発したので、本書にて紹介する。

Our LINISORT S-E is used as a sorter in the logistics industry. The current LINISORT is intended for distribution centers, so it requires a massive installation space. We have created a new compact LINISORT S-C sorter for limited installation spaces. We will introduce our new product in this report.

ページトップへ

7.電動アクチュエータの開発
Development of an Electric Actuator

松永光一
Koichi MATSUNAGA

近年、環境問題への関心の高まりから注目されるアクチュエータのエアレス化。エア駆動式のアクチュエータからの置換えを狙い、高速応答・高トルク・薄型を特長とした電動式のロータリーソレノイドを開発した。本アクチュエータ開発において磁気回路設計等の本体設計から駆動のための制御部まで開発したのでここで紹介する。

Recently, non-pneumatic actuators have been attracting attention due to a growing interest in environmental problems. I developed an electric rotary solenoid characterized by high-speed responsiveness, high torque, and a thin profile to target replacement of pneumatic actuators. This report introduces the development process from body design (magnetic circuit design, etc.) to drive control unit design.