会社情報

Tsubaki Technical Review Vol.18 No.1 2008 目次

抄録

1.自動車用パワードライブチェーン
Power Drive Chain for Automotive Parts

濱口秀史・足立祥平
Shuuji HAMAGUCHI・Shouhei ADACHI

近年、自動車には動力性能の向上、低騒音、排ガス規制等が求められており、その実現のために最新4輪駆動車は制御機能付き動力伝達ユニットの採用が主流になってきている。4輪駆動車の動力伝達ユニットに求められる、低騒音、高強度、高歯飛びトルクの要求に応えるため、タイミングドライブ用サイレントチェーンの歯形設計技術をベースに、自動車用パワードライブチェーンを開発したので、内容を紹介する。

Recently, automotives have had so many requirements such as performance improvement, low NVH or low emission, etc. that power transmission with controller is mainly applied to the latest 4-wheel drive vehicles. We have developed a Power Drive Chain for automotives, which is based on tooth design technology of silent chain, in order to actualize low noise, high strength or high chain jump torque which are required to power transmission of 4-wheel drive vehicles.
In this paper, a development story of this Power Drive Chain is introduced.

ページトップへ

2.タイミングチェーン張力低減技術の開発
Development of Tension Reduction Technique for Timing Chain

中野義和・國松幸平
Yoshikazu NAKANO・Kohei KUNIMATSU

自動車エンジン用タイミングチェーンシステムの主要な問題点のひとつである過大張力に対して、シミュレータ装置を用いた実験と簡易なコンピュータ解析によりその発生メカニズムの解明、検証と整理を行った。また、これらを応用した張力低減機構を開発中であるのでその概要と今後の展望について報告する。

High tension of chains is one of major problems in timing chain system for automobile engine. Generation mechanism of this high tension has been elucidated, verified, and systematized by both experiments in the engine simulating equipment and simple computer analysis. Now we are developing a chain tension reduction technique according to the above research and herein we describe its outline and future view.

ページトップへ

3.チェーン張力測定用テレメータの開発
Development of Telemetric Method for Chain

河野浩二
Kouji KOUNO

チェーンに加わる張力を実際の使用条件下で測定することは、チェーンの特性を知る上でも最適な選定を行う上でも重要である。従来難しかったこの計測を、張力信号を無線で送信することにより実現する。市販の汎用ひずみゲージ用テレメータは高価で小形化などの仕様変更が難しいため、小形・軽量で安価なテレメータを開発することとした。

It is important to measure a tension of chains under an actual use condition in the view of the best selection of chains as well as knowing their characteristics, but it has been difficult to do so. We overcame the difficulty in measuring by transmitting a tension signal wirelessly. Because a commercial wireless machine (telemeter) for a general-purpose distortion gauge is expensive and hard to change its specification, we developed an original small and cheap telemeter.

ページトップへ

4.第5世代 自動車塗装工場内搬送システム
The 5th Generation Conveyor System in Paint Shop of Automotive Production Plant

吉村信彦
Nobuhiko YOSHIMURA

自動車生産に対する社会的ニーズが変化するに伴い、自動車工場内搬送システムは、生産方式や提供技術の面において進化をとげてきた。本報告では塗装フロアコンベヤシステムを例にとって、生産方式や技術の歩みを振り返るとともに、最新の第5世代搬送システムについて紹介する。

Changing social needs for automotive production have brought an evolution of a production method and application engineering to material handling system in automotive manufacturing plants. This report looks back at past production methods and related engineering in an example of a paint shop floor conveyor system, and also introduces the latest 5th generation of material handling system.

ページトップへ

5.新樹脂チェーンカップリングの開発
Development of New Plastic Chain Coupling

細川暁弘・山下健一
Toshihiro HOSOKAWA・Kenichi YAMASHITA

樹脂チェーンカップリング(商品名:ナイロンチェーンカップリング)は、スプロケットと樹脂チェーンからなるシンプルで使いやすい無潤滑タイプの弾性カップリングとして広く使用されている。今回、高トルク伝動、長寿命、軽量、高い耐環境性など、より広いユーザーニーズに適応するため、スプロケットの歯形の見直し、チェーン材料の変更、継手ピンの樹脂化などを行い、2タイプの新樹脂チェーンカップリングを開発したのでここに紹介する。

Plastic Chain Coupling consists of duplex plastic chain and two sprockets. It is widely used as a lubrication-free flexible coupling with simple design. We have developed New Plastic Chain Coupling in order to meet various needs such as high transferable torque, long life, light weight and environmental requirements. We hereby introduce two types of New Plastic Chain Coupling which consist of a renewed tooth profile, chains made of new materials and plastic joint pins.

ページトップへ

6.つばきジップチェーンリフタ®
TSUBAKI Zip Chain Lifter

佐藤哲・佐治智之
Satoshi SATO・Tomoyuki SAJI

開発・技術センター モジュール・ビジネス部は、超高速・超高頻度運転が可能な昇降装置「つばきジップチェーンリフタ」を開発し、6月25日より発売を開始した。
ジップチェーンとは、世界シェアナンバーワンを誇る当社のチェーン技術を駆使した、「押し・引き」ができる新開発のチェーンである。2本のチェーンがジッパー(=チャック)のように噛み合って、1本の強固な柱状になることから「ジップチェーン」と名づけた。
「つばきジップチェーンリフタ」は、このジップチェーンによる昇降機構(特許出願中*)を採用。従来の昇降装置では実現不可能であった高速・高頻度運転を可能にした。この「つばきジップチェーンリフタ」について紹介する。

Module Business Department, Development & Technology has developed Tsubaki Zip Chain Lifter, a lifting device that enables high-speed, high-frequency operation, and launched it on June 25, 2008. The newly developed zip chain leverages our global market-leading chain technology and is capable of pushing and pulling. It was named "zip chain" because it consists of two chains that interlock in zip-like fashion to form a single, strong column. Tsubaki Zip Chain Lifter utilizes zip chains in its lifting mechanism (patent pending). It enables high-speed, high-frequency operation that cannot be achieved by conventional lifting equipment. Details of this are as follows:

ページトップへ

7.キャップ式384チューブ゙および周辺装置
Development of 384 Cap Type Tubes and Peripheral Equipment for Drug Development

西井久雄・堤一弘・栗原道雄・大志茂純
Hisao NISHII・Kazuhiro TSUTSUMI・Michio KURIHARA・Jun OHSHIMO

当社では創薬研究向け自動冷凍保管庫ラボストッカを販売している。このラボストッカ® を核とした業務の自動化と研究運用の両面を考慮したサンプル容器の提供が重要である。今回、微量保管容器ではあるが、世界初の二次元コード付キャップ式384チューブを開発したので本報に紹介する。

We sell automatic frozen keeping warehouse Labo-Stocker for research and development of new drugs. It is important to present a sample container of Labo-Stocker which prompts both of business automation and research operation. This paper outlines the first in the world 384 cap type tubes (small amounts) printed with two dimension code.

ページトップへ

8.3次元搬送U-TOP® コンベヤシステムの開発
Development of 3 Dimensional U-TOP® Conveyor System

中村毅・小枝基家・加藤直樹
Tsuyoshi NAKAMURA・Motoya KOEDA・Naoki KATO

飲料・食品工業向け搬送コンベヤシステムは一般的に特注品であり、その都度の設計製作品である。このため、コストが高く、納期が長く、品質や機能も不安定である。標準化したU-TOP システムの誕生によって、これらの欠点が改善された上に設計や製造業務を飛躍的に合理化できた。本稿はその開発課題と解決策を解説する。

Since conveyor systems for Beverage and Food Industries are generally made-to-order fabricated, their cost is high, their lead-time is long and their performance is not always stable. Development of a standard U-TOP conveyor system has solved the above problems and has realized a drastically simplified design work and manufacturing process. This article outlines how to improve this conveyor system.

ページトップへ

9.ネジ軸用低発塵グリース「JWGC100G(LDグリース)」
Low Dust-Generating Grease for Screw Shafts "JWGC100G(LD Grease)"

藤中研策
Kensaku FUJINAKA

クリーン技術のニーズは近年半導体業界を頂点としてあらゆる業界・業種に拡大し、クリーン対応商品の市場要望が高まっている。その拡大するクリーンニーズに対応するために、パワーシリンダ・リニパワージャッキ® に使用できる低発塵性と耐荷重性に優れたクリーングリースを開発した。その開発経緯を中心に紹介する。

There are growing needs for clean technology items meeting clean room specifications in the semiconductor and other industries. To accommodate the needs of industry, we have developed LD greases which are low dust-generating and have exceptional extreme-pressure characteristics. The LD greases can be perfectly applicable to Power Cylinder and Linipower Jack® . This paper introduces steps of the clean greases development.